真夏も崩れないベースメイクの秘密とは?~GINGER読者のリアル報告

真夏も崩れないベースメイクの秘密とは?~GINGER読者のリアル報告

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな...

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載! 今回のテーマは、崩れにくいベースメイクづくり。今の季節は湿気や汗などで化粧崩れが起きやすい時期。ですが忙しいアラサー女性たちにこまめにメイクを直す時間をとるのは難しいものです。ならば朝のメイクの時点で崩れないベースメイクづくりが必須!夜までキレイな状態をキープできる方法をお伝えします。

【武岡真梨恵さん/写真左】少量で1日中メイク仕立ての肌が保てるファンデを発見

もうすぐ梅雨の湿気や夏の暑さでメイクが崩れやすくなる時期がやってきますね。そんな時期をどんなベースメイクで乗り越えますか? 私がオススメしたいのはローラメルシエ フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア ファンデーションです。色はマカダミアを愛用しています。

こちらはセミマットな仕上がりのリキッドファンデーションです。こちらのファンデの魅力は、なんといっても崩れないところ。15時間のロングウェアといわれているだけあって、このファンデを使い始めてから日中のメイク崩れが気にならなくなりました。朝メイクをして、日中はメイク直しをせず、夜まで過ごしているほど、朝メイクのままの仕上がりが保てます。仕上がりはセミマットですが、少量で伸びるのでとても軽いつけ心地です。

このように0.5プッシュを顔全体に伸ばしています。また、カバー力があるのに、光を拡散させるシリカなどの微粒子パウダーが入っているため、厚塗り感が出ず、ナチュラルに仕上がるのも嬉しいポイントです。塗る量が少ないほど崩れにくくなるため、伸びのよいものを選ぶのもひとつのポイントです。

11色も色展開があるので自分に合う色が見つかるはず! ぜひ試してみてください。

美GINGER No.033 武岡真梨恵
都内でディベロッパーとして勤務。日々トレンドを追い求め、自分磨きをすることで充実した日々を目指す。ファッションはもちろん、新作コスメのチェックにも余念がなく、コスメカウンターのパトロールは欠かさない。趣味はカフェ巡り。インスタグラムはこちら

【本内恵理華さん/写真右】崩れにくいベースメイクは洗顔からはじまる!

蒸し暑くて梅雨のいや~な季節がやってきました。この時期はメイクも崩れやすいですよね。でも大丈夫!  汗でも雨でも崩れない最強メイク術お伝えします♪

まずはいつも通りに洗顔します。その後登場するのが、KOBAKOのシルクマッサージブラシ。

このブラシで顔全体をマッサージし、デコルテまで丁寧に流していきます。
すると!古い角質を払うことができ、リンパも流れて顔色が明るくなります。しかも、化粧のりも化粧の密着も格段にアップ! まずはベースを整えることがとても大切です♪

その後はいつも通りのスキンケアでケアを完了したら、メイクアップベースにイヴ・サンローラン ボーテのプライマーです。

こちらは毛穴をカバーし、化粧が崩れにくいベースを作ってくれます。これがないとベースメイクが完成しないほど大切なアイテムです。
そしてファンデーションはRMKのジェルクリーミーファンデーション。

塗るとリキッドからパウダーに変わるため、汗や水に強く、これからの時期に最適なお肌に仕上がります。スキンケア成分も配合されているので、お肌にもやさしいです。

崩れないベースメイクは仕込みが命なので、丁寧に行っていきましょう。

美GINGER NO.011 本内恵理香
客室乗務員として勤務。忙しい毎日のなか、ちょっとした「美」のコツを見つけることで、楽しくよりキレイになれることを模索中。美は土台からつくられるがモットーとしている。インスタグラムはこちら

関連キーワード

関連記事