歯黄ばみ症状をチェック! プロの老け顔防止策を伝授します

歯黄ばみ症状をチェック! プロの老け顔防止策を伝授します

歯の黄ばみケアのお話です。年齢とともに気になり始める、歯の黄ばみ。歯のホワイトニング治療のスペシャリストで、美しい口元づくりの総合治療を実践して...

歯の黄ばみケアのお話です。年齢とともに気になり始める、歯の黄ばみ。歯のホワイトニング治療のスペシャリストで、美しい口元づくりの総合治療を実践している石井さとこ先生にお話を伺いました。歯が黄ばむ原因は、口の中の“うるおい不足”と“くすみ”。生活習慣も影響しています。チェックしてみてください。

あなたの歯黄ばみをチェック!

Licensed by Getty Images

歯が黄色いと、老け顔に見えます。さとこ先生に、歯黄ばみの症状を聞きました。下記のチェックリストを行ってみてください。

□ 煙草を吸う
□ 最近、味覚が変わった気がする
□ 舌がピリピリ、刺激を感じる
□ 胃の不調がある
□ ドライマウスやドライアイがある
□ 睡眠不足のことが多い
□ ストレスを感じやすい
□ 歯が伸びた気がする
□ 口内炎ができやすい
□ 口臭が気になる
□ 早食いで、よく噛まないで食べる
□ ダイエット中、あるいは食事を抜くことが多い
□ 赤ワインや紅茶が好き
□ 水をあまり飲まない

「あてはまる項目がある人は、歯が黄ばみやすい症状や生活習慣がありますので、気をつけてください」とさとこ先生。

歯黄ばみの原因は、唾液の質と量にアリ!

Licensed by Getty Images

年齢とともに、歯の黄ばみがとても気になってくるのはどうしてなのでしょうか?

「歯が黄ばむ原因は、口腔内の“うるおい不足”と“くすみ”です。口の中がうるおい不足に陥る原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することによって、唾液の量や質が低下することにもあります」(さとこ先生)。

唾液が減ると、歯の表面が乾燥し、艶がなくなり黄ばみやすくなります。さらに、唾液には、歯の再石灰化を促す作用があり、エナメル質をいい状態に保持してくれるのですが、唾液が減るとエナメル質の修復力も落ちてしまいます。
歯にとって天然の美容液ともいえる唾液の大切さがわかります。

エナメル質の奥にある象牙質が、年齢とともに黄みを増すことによっても起こります。象牙質の黄ばみを最小限にするには、やはりその表面にあるエナメル質のケアが大事。

エナメル質表面には、無数の細かいすき間があります。ざらつきが気になるからと、歯ブラシでゴシゴシこすると、歯の表面を傷つけてしまい、かえって黄ばみの原因になってしまいます。歯もお肌と同じ。ゴシゴシ磨くのではなく、やさしく磨くことが大切です。

舌の筋力アップ体操で唾液分泌を促しましょう!

Licensed by Getty Images

「舌を動かす体操をすることで、唾液腺を刺激して唾液の分泌を促がします。また、舌の筋力アップをすると、口角の上がった、ホウレイ線のない口元づくりにも最適」とさとこ先生。

年を重ねると口角が下がって、“たるみ顔”“不満顔”になりやすいですね。それは、舌の筋力がなくなるからなのです。舌が下がって口角が下がり、たるみ顔、不満顔になります。
また、舌が下がると口呼吸になりやすく、口を半開きにしたような“ポカン顔(アヒル顔)”にも・・・。

舌の筋力アップに「10秒舌回しエクササイズ」

上下の歯茎全体をなぞるように、舌を1周360度、ゆっくりと回します。1周10秒くらい、ゆっくり時間をかけることがポイント。右回しと左回しをそれぞれ行います。ほうれい線を伸ばす効果も期待できます。
また、舌を回すと唾液がたくさん出ます。それが、歯黄ばみ予防にもつながります。1日数回、舌回しのエクササイズを行いましょう。

ホワイトホワイト 院長
石井さとこ先生

「ホワイトホワイト デンタルクリニック」院長。歯科医師 。口もと美容スペシャリスト。「ミス・ユニバース・ジャパン」ナショナルディレクターからの要請で、オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。

ホワイトホワイトデンタルクリニック ルミネ新宿店
東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
フリーダイヤル:0120-469-701
https://www.whitewhite.jp/

文/増田美加

関連キーワード

関連記事