夏でも意外と乾燥しやすい!夏の「乾燥肌」を引き起こす原因と対策

夏でも意外と乾燥しやすい!夏の「乾燥肌」を引き起こす原因と対策

「乾燥肌」というと秋や冬に起こるイメージが強いですよね。夏は湿度も高く、皮脂や汗の量も増える季節ですが、実は肌の乾燥が起こりやすい時期だと言われています。夏特有の乾燥肌が起こる原因とは、どこにあるのでしょうか?乾燥対策も併せてご紹介します。

夏なのに肌が乾燥!? その原因とは?

暑い夏は、何もしていなくても汗をかくし、肌もテカりやすいので気付きにくいのですが、実は肌が乾燥していることが多いと言われています。肌表面はしっとりしていて、乾燥している自覚がなくても、肌内部は水分不足の状態になっている、という場合があります。

冬はしっかり乾燥対策をしていても、夏はあまり気にしていないという方も多いのではないでしょうか。夏特有の肌が乾燥しやすい原因があるので、チェックしてみましょう!

【夏の乾燥肌の原因とは】

■紫外線
紫外線をたくさん浴びると、肌表面にある皮脂で出来たバリアが破壊され、肌の水分量を保ちにくくなります。肌内部の水分が蒸発しやすい状態になってしまうので、自然と乾燥肌になってしまうのだそうです。

■エアコンによる乾燥
夏は、職場やお店・電車など室内であればどこでも冷房がきいていますよね。エアコンを使った室内は、空気中の水分が減り、湿度が下がって乾燥しているので、肌も乾燥しやすい環境です。エアコン対策をしないと、どんどん肌の水分が奪われていきます。

■汗をタオルで何度も拭う
汗をかくと肌がしっとりするイメージですが、実は大量の汗をかくと角質にある皮脂膜が流れたり、肌の水分が奪われたりします。タオルなどで何度も汗を拭っていると、肌のバリア機能が弱くなる為、乾燥肌の原因となります。

■日焼け止めがきちんと落とせていない
紫外線量が多くなる夏は特に、日焼け止めを塗るという方が多いですよね。しかし、日焼け止めをきっちり落とせていないと、乾燥肌の原因になると言われています。

■冷たいものを摂り過ぎ
暑いとついつい冷たいものを食べたり飲んだりしがちですよね。しかし、冷たいものを摂り過ぎると、内臓が急激に冷え、消化器官の働きが低下するので、新陳代謝が落ちたり、血行が悪くなり、乾燥肌の原因に。

夏も乾燥対策を!夏の保湿ケアのポイント

それでは、夏でもしっかり行いたい保湿ケアのポイントをご紹介します。

【夏の乾燥肌対策、保湿ケアはどうする?】

◎しっかりと紫外線対策をする
紫外線は、肌ダメージの原因となるので、日焼け止めや帽子・日傘・手袋などを活用し、しっかりと対策を行いましょう。日焼け止めはこまめに塗りなおすことがポイントです。

◎しっかりと保湿する
冬と同様、夏でも保湿は重要です。顔や身体を洗った後は、化粧水やクリームでしっかりと保湿をしてください。クリームは、サッパリとしたタイプのものでも良いので、化粧水で補った水分を逃さないよう、水分を閉じ込めましょう。

◎ぬるめのお湯に浸かる
夏はシャワーで済ませるという方もいると思いますが、ぬるめのお湯に浸かることで、血行が促進されて代謝が上がり、肌の働きが良くなります。暑いお湯は、肌の油分を奪い、乾燥させてしまうのでぬるめのお湯がポイントです。

◎エアコンや扇風機の風に注意
暑い夏は、冷房機器が欠かせませんが、エアコンや扇風機の風に直接当たらないように気を付けましょう。

いかがでしたか?夏でも油断せずに、乾燥対策を行いましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事