うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ

うっかりやりがちな朝のNGヘアケア…正しい方法でサラつや髪へ

忙しい朝はできるだけ手軽により早くヘアケアを済ませたいですよね。ですが、うっかり行いがちなNGケアをしていると、髪の毛が傷んでまとまりにくくなってしまいます。NGヘアケアを見直しつつ、サラサラの髪の毛を手に入れましょう。

髪を痛ませやすい朝のNGヘアケアって?

まとまったツヤ髪にするには、朝のスタイリングが大切ですが、ついうっかりやってしまいがちなヘアケアがあります。

それは「朝シャンプー」「濡れた髪へのヘアアイロン」「スタイリング剤の付けすぎ」です。心当たりがあってドキッとされた方、まずはNGヘアケアについて詳しく見ていきましょう。

朝のNGヘアケアを見直して、正しいヘアケアで美しい髪に!

朝寝癖を直そうとしてシャンプーをすると、髪に必要な皮脂や潤いが流れてしまう場合があります。皮脂を落としすぎると余計に頭皮から皮脂が分泌されてベタつきの原因にも。シャンプーは夜の1回だけで良いと言われいるので、寝癖を直したいときには部分的に濡らして乾かすことをおすすめします。

寝癖直しや水などで根元から濡らして、癖を真っ直ぐに伸ばすように軽く引っ張りながらドライヤーを当てて、仕上げに冷風を当てると寝癖が直ります。

また、髪を濡らしたあとすぐにアイロンを当てるのもNGです。髪が濡れた状態では、髪の内部の乾燥やダメージを守るキューティクルが開いているため、髪の内部にまでアイロンの熱が浸透して髪が乾燥してしまうと言われています。すると、髪のタンパク質を破壊して枝毛や切れ毛につながる場合も。

アイロンを当てるときには、髪をきちんと乾かしてブラッシングで絡まりをほぐしてからアイロンを滑らせていきましょう。アイロンを使う前に、熱を味方につけるアイロン専用のスタイリング剤を使うのも効果的です。

ヘアセットした髪をキープするためにワックスやスプレーを使う方も多いと思いますが、あまりにもワックスやスプレーを使いすぎると頭皮や髪に汚れやホコリが付きやすくなってしまいます。スタイリング剤を過剰につけると、シャンプーで完全に落とすことが難しくなり、頭皮に残って髪に負担をかけてしまうことがあるので注意が必要です。

スタイリング剤は必要最低限の量を使い、その日のうちに完全に落とすことが大切です。髪を固めるスタイリング剤を使った日は、特に髪が乾燥しているため、しっかりとトリートメントをして髪に潤いを与えてあげましょう。

前日の夜のヘアケアをきちんと行えばまとまりやすい髪に

忙しい朝、寝癖を直そうとしてバタバタしてしまいがちですが、そうならないためにも前日の夜に、しっかりヘアケアをしておくことをおすすめします。じっくりトリートメントをして、ブローしながら髪の毛を完全に乾かしてから寝ることで、翌朝まとまりやすい髪になりますよ。朝、寝癖直しでバタバタしている方が、前日のヘアケアも見直してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事