整形いらずの二重ハウツー!?  二重になれる簡単マッサージとは?

整形いらずの二重ハウツー!? 二重になれる簡単マッサージとは?

二重にならない時は、マッサージ!逆効果にならないよう注意しつつ、まぶたのむくみを取り、二重の癖付け。短期間で高い効果を狙うなら1日の中でも風呂後がおすすめです。クリームやヘアピンなど使えるアイテムもランキングでご紹介!簡単にできる方法で朝のメイクも楽々に?!

マッサージで二重になれる!? 二重と一重の違いとは

くっきりとした二重まぶたはパッチリお目々の代名詞と言っても過言ではありませんね。日本人の半分以上は一重、もしくは奥二重と言われています。欧米人と比べると、日本人はまぶたに脂肪がつきやすく、まぶたが厚くなりがちだそう。これが原因で、二重のラインが付きにくく、一重や奥二重の人口が多くなっていると考えられます。

目元が重たく見えてしまう一重まぶたに、コンプレックスを抱いてしまう女性も多いかもしれません。そもそも、どうして一重と二重というようにまぶたの形に違いが出てしまうのでしょうか?まずはまぶたの構造から理解し、憧れの二重まぶたを目指していきましょう!

まぶたの構造

一重まぶたと二重まぶたの違いは、「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」が深くかかわっています。「眼瞼挙筋」とは、まぶたを開くための筋肉。この筋肉の違いによって、一重や二重という違った構造のまぶたとなり、顔の印象が変わってくるのです。
「眼瞼挙筋」の他に、目元の周りを覆う「眼輪筋(がんりんきん)」、まぶたの淵を覆っている「瞼板(けんばん)」がまぶたの開閉にかかわっています。これらの筋肉や目元の構造に、脂肪や皮ふが被さり、まぶたができているのです。

二重と一重のまぶたの構造の違い

一重まぶたと二重まぶたの違いに大きくかかわる「眼瞼挙筋」。どのような違いが、一重と二重を分けるのでしょうか。この違いを理解する上でのポイントは、「眼瞼挙筋」が枝分かれをしているということにあります。

【二重まぶたの場合】
枝分かれをしている「眼瞼挙筋」のうち片方は皮膚に、もう片方は「瞼板」につながっています。皮ふと「瞼板」両方につながっているため、目を開いた際、「眼瞼挙筋」が皮膚を引っ張り、「瞼板」の上部にまぶたが内側に織り込まれます。こうすることで二重のラインが作られるのです。

【奥二重の場合】
構造は二重のケースと同様です。しかし、まぶたの脂肪が多い場合や、二重ラインの位置がずれてくると奥二重となると言われています。

【一重まぶたの場合】
構造は、「眼瞼挙筋」が皮膚とつながっていないか、もしくはつながっていてもそのつながりが弱くなっています。こうなると、まぶたの上部の皮膚が持ち上がらないため、皮ふが折り込まれず二重のラインが形成されなくなってしまうのです。

二重にならない?!むくみをマッサージで解消

もともと二重だったのに、いつの間にか一重になってしまった!という方は、もしかしたらむくみが原因かもしれません。ということは、一重の方でもむくみを解消したら二重になる可能性があるということ。マッサージでむくみを解消して、パッチリとした二重を取り戻しましょう!

まぶたのむくみ解消マッサージ

1、準備として、目元に蒸しタオルを当て、目の周りの血行を良くしておきます。
2、目元が温まったら、眉の下を優しく押してほぐしていきましょう。まぶたの上の骨の周辺を、内側から外に向かって押すのがコツです。
3、次は目の下のマッサージへと移ります。涙袋の下にある骨のところを、優しく押してほぐしていきます。
4、最後に、こめかみを押していきましょう。こめかみを押すときは強めに押しても大丈夫!心地よく感じる程度の強さでゆっくりと押しましょう。この部分に限っては、円を描くようにマッサージをするのも良いでしょう。

マッサージは、毎日続けることで効果が期待できます。少しの時間でも、隙間を見つけて毎日行いましょう!
また、塩分やアルコールの取りすぎや、寝不足などの生活習慣もまぶたがむくんでしまう原因です。できる限り規則正しい生活を心がけ、むくみを防ぎましょう。

脂肪が原因の場合

まぶたに脂肪がつくと、まぶたが腫れぼったくなり、一重まぶたになりやすくなってしまいますね。さらに、まぶたに脂肪がつくことでむくみやすくなり、より一重になりやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。このような場合は、脂肪燃焼マッサージを取り入れ、まぶたの脂肪を落としていきましょう。

1、まずは口を大きく開け口と目をゆっくりと閉じます。
2、次に、まぶたに力を入れて目を強く閉じ、この状態を3秒キープしましょう。

隙間時間でもできる簡単な方法ですので、毎日行い、すっきりとした目元を目指しましょう!

二重癖付けの短期間で効果実感の簡単マッサージ方法

むくみが取れても二重にならない…そんな方は二重癖付けマッサージをしてみましょう。マッサージをする際は、まぶたの上の脂肪を流し、二重のラインを癖付けて定着させるイメージで行うことがポイントです。
癖をつけるには毎日続ける必要があります。日々の習慣に二重マッサージを取り入れ継続して行いましょう!それではさっそくマッサージの方法をご紹介します。

マッサージ手順

1、まずは眉が動かないように、両手を眉の上に置き、この状態で目を目いっぱい開いて5秒間キープします。
2、同じく眉を動かさないようにおさえながら、目をぎゅっと閉じて5秒キープ。
これを5セット行いましょう。

こうすることで目元がすっきりとし、ぱっちりとした目になることが期待できます!
次に、二重を癖付けるためのマッサージを行います。

1、眉頭の皮膚を、親指と人差し指でつまみ、握るようなイメージでマッサージをしていきます。眉頭から眉尻までを順番に行っていきましょう。
2、1を左右の眉で終えたら、人差し指を使って二重の癖をつけていきます。人差し指を眼球の形に添って、目頭からまぶたの上を滑らせながら、こめかみに向かって引っ張りましょう。まぶたの上を滑らせるときに二重の線ができるように意識します。
3、二重の線ができた状態で数秒間キープします。

これを左右のまぶたに毎日行います。こちらはやりすぎると眼球を痛めてしまう恐れがあるため、1日2~3回を目安に行いましょう。

二重マッサージは1日の終わり、お風呂あがりがベストタイミング

二重マッサージを行うにあたり、タイミングも重要なポイントです。最も効果があると言われているのは、お風呂あがり。1日の疲れをお風呂で流した後に、二重のためのマッサージを行いましょう。日々習慣づけて毎日行うことが、くっきりとした二重まぶたを作るための大切なポイントです。1日の終わりのリラックスタイムに取り入れ、毎日行いましょう!

体が温まった時がマッサージのいいタイミング

二重マッサージをする以上、できるだけ早く効果を実感したいものですよね。二重マッサージをするうえで最もおすすめのタイミングは、先ほどご紹介したお風呂あがりなど、体が十分温まっている時間です。ゆっくりと湯舟に浸かった後は、体中の脂肪細胞が柔らかくなっており、マッサージの効果が表れやすいと言われています。忙しい方は、湯舟につかりながらマッサージをしてもOKです。

お風呂あがりのタイミングは、血行も促され、リンパの流れをマッサージで整えるにもベストなタイミング。まぶたのむくみを解消し、脂肪を落としやすいゴールデンタイムを逃さず、マッサージを習慣づけて二重まぶたを目指しましょう!

逆効果になることも!?二重マッサージの注意点

二重マッサージをするときには、注意しておくべきことがあります。美しくなるために行っているのに逆効果になってしまっては本末転倒。注意点を理解しマッサージ方法をしっかりと確認して、正しい方法で行うことを心がけましょう。

まぶたは皮が薄くてデリケート

まぶたのマッサージをする上で忘れてはいけないのは、まぶたは皮膚が薄く、デリケートな部分であるということ。刺激を与えすぎると、肌荒れなどのトラブルを引き起こす恐れもあります。
さらには、マッサージによる刺激に耐えようとして、まぶたが余計厚くなったり、まぶたの皮膚が伸び切ってたるんでしまう場合も。あくまで優しく、心地よい程度の力加減を心がけましょう。

マッサージの際は、「こする」のではなく「押す」ことで刺激を最小限に抑えることができると言われています。意識して行いましょう。

また、二重マッサージをするときはまぶたの上から眼球に触れることもあります。この時は決して、指で眼球を押してはいけません。無理に眼球を押してしまうと、最悪の場合は失明してしまう恐れがあります。あくまで「まぶたの皮ふに癖をつける」ことが目的であることを意識し、優しく行いましょう。

クリーム、そしてヘアピン?!二重マッサージのためのアイテムランキングとは?

ここでは、二重マッサージの効果をより引き出してくれるようなおすすめのアイテムをご紹介します。マッサージに加えて二重になるためのグッズを併用すれば、より効果増大?!各種ランキングの1位を獲得した商品ばかりですので、ぜひ1度使ってみてはいかがでしょう?
さらに、噂の「ヘアピンマッサージ」も口コミなどをもとに検証してみました!

二重になるためのクリーム!?

●メジカライナー ナイト&ハード
Amazonでベストセラー1位を獲得しているのは『メジカライナー ナイト&ハード』。寝る前にさっとラインを引くだけで、二重のラインを癖付け、理想の二重のラインを実現します。
またハードタイプのため、朝のメイクに使用すれば二重のラインを1日キープ。粘着力は強めですので、まぶたを閉じた状態でもしっかりとラインをキープしてくれます。また、容器にもこだわりアリ!先端から液体が出る構造となっているため、プッシャーがなくとも簡単に二重のラインを作ることができます。
●オリシキ アイリッドスキンフィルム
2018年上半期新作ベストコスメを受賞したのは『オリシキ アイリッドスキンフィルム』。塗って乾かすだけの簡単な使い方に加え、見えない膜により自然な二重を作ります。非接着タイプのため、目を閉じた時も違和感のない仕上がりです。また、ツッパリも抑えた優しい付け心地も魅力の1つ。水や汗に強いウォータープルーフタイプで、夏の季節にもぴったりです。ヒアルロン酸やコラーゲンも配合し、潤いもキープしてくれます。

【検証!】ヘアピンはおすすめできるアイテムなの?

「ヘアピンを使って癖付けすると二重になれる」と噂で1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。やり方としては、オロナインとヘアピンを用意し、まぶたにたっぷりとオロナインを塗布。ヘアピンのU字になっているほうで、二重のラインを作りたい部分をなぞっていくというもの。この方法を毎日10回程度行うことによって、二重を作ることができるのだとか。実際のところはどうなのでしょう?

まずはクリームとして利用している「オロナイン」。目の周りは皮膚が薄く、副作用が出やすいため目の周りに塗ることはあまりおすすめできません。
また、目に入ってしまうと激痛が走ると言われており、症状が治まらない場合は、眼科医の診療を受ける必要があります。そのため、目の周りに塗ることのできる保湿クリームなどで代用するのが良いでしょう。

また、「ヘアピンを使う」こと自体を危険視する声もあります。固いヘアピンを差し込むことは眼球を圧迫してしまう恐れがあります。また、万が一先端の尖ったヘアピンを誤って眼球に挿してしまったら大変危険ですね。そのほか、摩擦がより強くなってしまい、トラブルの引き金となってしまうことも考えられます。

口コミでは効果があったという声も聞かれますが、まぶたや眼球はとてもデリケートな部分だということを考えると、あまりおすすめできる方法ではないようです。
ヘアピンを使わなくとも、二重のためのマッサージ方法もありますし、さまざまなタイプの二重専用クリームが出ています。こちらを使う方が、より効果が期待できるうえに、安全に使用できるというのは間違いないでしょう。

朝のメイクも時短に?!二重マッサージですっきりとした目元へ

いかがでしょうか?
毎日マッサージを続けてむくみを解消し、脂肪を燃焼できれば、すっきりとした目元を作ることができるはずです!くっきりとした二重の癖をつけることにもつながりますね。二重の癖がつけば、毎日のアイメイクが楽になってメイク時間を短くできるかも?!貴重な朝の時間が有効活用できるようになるかもしれませんね。

毎日続けることが重要な「二重マッサージ」。日々続けるポイントは「楽しみながらやること」です。鏡の前で美しくなっていく自分を感じながら、ウキウキした気分で行いましょう。お風呂あがりや湯舟に使っている最中にマッサージをすれば、リラックス効果も期待できます。日々の疲れを癒しながら、理想の二重を作れるなんて一石二鳥ですね。

また、マッサージをしてもなかなか二重の癖がつかないという方は、二重のためのクリームなどアイテムを使用してみましょう。保湿成分のあるものなど、さまざまな種類から選ぶことができるため、きっと体質や目元の悩みにぴったりのアイテムが見つかるはず!


一重も二重もそれぞれに魅力がありますが、それでも二重のぱっちりとした明るい印象に憧れる方は多いのではないでしょうか。理想の自分に近づくために、毎日マッサージを続けて美しい二重を手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事