海外セレブがお手本!リップとチークのグッドバランスは?

海外セレブがお手本!リップとチークのグッドバランスは?

「リップまで良い感じだったのに、チークを入れた途端まとまりがなくなった」「リップもチークも付けると派手になる…」そんな経験はありませんか?
リッ...

「リップまで良い感じだったのに、チークを入れた途端まとまりがなくなった」「リップもチークも付けると派手になる…」そんな経験はありませんか?
リップ&チークという隣り合う色同士がケンカしてしまうと一気に「ケバい」印象に。この色味を揃えることで自然な血色感に仕上がります。

今回はパーソナルカラー別にリップ&チークの素敵な組み合わせをご紹介します。あなたに似合う組み合わせは? 早速チェックしてみましょう。

顔の上にいろんな色をのせすぎてない・・・?

最大のコツは「似合う色」を使うこと。顔の上に載せる色味の大半を占めるので、似合わない色は要注意です。色が顔から浮いたり、馴染みすぎて逆にノーメイクに見えたりします。

まずはあなたのタイプをこちらの記事からチェックしてみましょう!

オータムタイプはベージュで上品な血色を

Licensed by Getty Images

ポーセリンと呼ばれる陶器のようなお肌がオータムさんの持ち味です。誰もがうらやむ美肌の持ち主ですが、お肌がしっかりしている分、血色感が出にくいのが悩み。生まれつき頬や唇にあまり赤みが出ないので、リップ&チークが必須です。

そんなオータムさんにはベージュカラーがオススメ。一見地味に見えますが、オータムさんの肌にのせた途端、ピーチピンクやサーモンピンクに発色します。とってもきれいですよ。

スプリングタイプはオレンジ系で夏らしく

Licensed by Getty Images

スプリングさんはコーラルオレンジやコーラルピンクがお似合いです。リップとチークを合わせて使えばキュートなイメージに。青白く疲れて見られがちなお肌も、パッと血色が回って元気に見えます。

リップにオレンジ系のカラーを使う勇気がない方は、薄付きのティントタイプのリップを少しずつ重ねて発色を調整してみましょう。

ウインタータイプはしっかり発色するローズレッドをオン

Licensed by Getty Images

ウインターさんは、唇に元から赤みがある一方で、頬には血色があまりない方が多いです。本来の唇がすでに赤いので、ローズ系の赤リップに抵抗はないはず。そこにプラスしてチークもつけましょう。

不思議とコーラルのチークを付けてしまっているウインターさんが多いのですが、イエローベースのチークなので付けてないように見えてしまいます。白雪姫のイメージでローズチークをしっかり入れると一気に華が出ますよ。

サマータイプはローズピンクで血色を引き算

Licensed by Getty Images

サマーさんは顔全体に赤みが出ている方が多いです。生まれつき血色がよく見えすぎるので、これ以上血色を増やす必要はありません。逆にお肌をクールダウンさせて見せてくれる色をオンしましょう。

薄いローズピンクやモーヴピンクで強すぎる血色をほんのり抑えます。赤ら顔はモッサリみえたりあか抜けない原因になりますので、オレンジ系や濃すぎるローズはトゥーマッチです。

最近はリップ&チークがひとつで叶う便利コスメも豊富にあります。色をまとめてお顔もポーチもスッキリして夏に備えましょう!

文/松本典子

関連キーワード

関連記事