目の下のたるみは老化だけじゃない!たるみにつながる行動って?

目の下のたるみは老化だけじゃない!たるみにつながる行動って?

目の下のたるみは、加齢や老化によるイメージか強いかと思いますが、日々の生活習慣にもたるみとなる原因が潜んでいるのです。たるみにつながりやすい行動をしていないかチェックして、適切なお手入れをしていきましょう。

老けてみられる「目の下のたるみ」の原因になる行動とは

加齢や老化以外に目の下のたるみを引き起こす原因は、筋力の衰え・濃いアイメイク・血行不良などが挙げられます。

目の下の筋力が衰えると、皮膚を支える力が低下して重力に負けることで目の下にたるみができてしまったり、崩れにくい化粧品を使って濃いアイメイクをしていると、クレンジングで落としきれなかった残った色素や化粧品の成分がどんどん蓄積されていくと、老化にもつながるため注意が必要です。

また、パソコンやスマホなどを使って目を酷使していると瞬きの回数が減り、目の下や周辺の筋肉が運動不足となって血行が悪くなってしまうのです。血行不良は、くすみやクマになるだけでははなく、肌に必要な酸素や栄養がうまく行き渡らずにたるみを招くとも言われています。

今日からできる、目の下のたるみ対策

まず、目の下の筋肉を鍛えて衰えをストップしましょう。やり方は、目を上に向けて鼻の下は勢いよく伸ばします。続いて思い切り下まぶたを持ち上げるイメージで目の下の筋肉を動かしてみてくださいね。ポイントは下まぶたを意識しながら筋肉を動かすこと。空いている時間に5回ほど繰り返すと効果的ですよ。

そしてクレンジング。アイメイクは特に落ちにくい化粧品を使うことが多いため、専用のクレンジングを使って部分的にきちんと落とすことが大切です。ゴシゴシ擦り洗いをすると肌に負担がかかるため、優しく丁寧に落としましょう。洗顔後やクレンジング後は、すぐに化粧水や乳液で保湿をします。指先やコットンを使って目の窪みなどの細かい部分もしっかり保湿しましょう。

血行を良くするには、ホットタオルやホットアイマスクで目元を温めて、アイクリームを塗りマッサージを行うと効果的。目を勢いよく閉じて開ける簡単な運動もおすすめですよ!

紫外線対策も忘れずに!目の下のたるみを未然に防ごう

目の下の筋肉を鍛えたり、クレンジングをしっかり丁寧に行ったり、血行を良くすることを意識するだけで自然と目の下のたるみ予防になります。また、紫外線はたるみの原因になりやすいため、目の回りにも使用できる日焼け止めやファンデーション、サングラスなどを活用して紫外線対策もしていきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事