【いま本当に買うべきものは?】メイク部門第1位まとめ【2018ベスコス】

【いま本当に買うべきものは?】メイク部門第1位まとめ【2018ベスコス】

VOCEの歴史とともに歩んできた名物企画であり、日本を代表するビューティアワード「VOCEベストコスメ」。モノも情報も溢れている時代だからこそ、真にイイものをお届けしたい!そんな並々ならぬ熱量で選び抜いたメイク部門第1位のアイテムたちを大発表!!

【リップグロス・リキッドルージュ部門◆第1位】

SUQQU フロウレス リップ グロス 01 ¥3500

ヌーディなのに際立つ洗練を極めたベージュ
激戦だったこの部門の覇者はベージュ。一見、かなりヌーディなミルクティー色だが、クリアな発色、ほどよい透け感で唇も顔色も美しく見せる手腕は、さすがSUQQU。「塗るだけでオシャレにキマる!」とラブコールが殺到。

【口紅部門◆第1位】

アディクション ストールンキス エンハンサー Bitten Rose ¥2800 /アディクション ビューティ

唇の水分に反応してみずみずしいピンクに
唇の水分に反応してじわじわと色づくピンクと、ムチッと肉厚なツヤの膜。人気ブランドの新作ラッシュだった今期の口紅部門の1位に選ばれたのは、そんな新しい質感と使い心地のリップ。ピンクが苦手でもイケる、軽やかさも魅力。

【チーク部門◆第1位】

コスメデコルテ クリーム ブラッシュ PK850 ¥3500

どこまでも優美な大人のためのピンク
スフレのような質感と澄んだ発色。その優秀さで今回のベスコスではシリーズ内の別カラーと激戦となったほど、審査員の心を摑んだ。勝者となったPK850は青みを帯びたベージュピンク。甘さと辛さのベストバランスを見事に体現。

【アイシャドウパレット部門◆第1位】

マカロングロウアイズ 01 ¥5000 /カネボウ化粧品

ルナソルの新境地に美のプロが拍手喝采!
質感はマット、キーカラーはピンク。ブラウンパレットの名手、ルナソルの新境地ともいえるパレットが堂々の1位に輝いた。ビビッドピンクもまぶたにのせるとしっくりなじむ。そんなルナソルの底力を見せてくれたアイテム。

【単色アイシャドウ部門◆第1位】

コスメデコルテ アイグロウ ジェム BE387 ¥2700

新生アイグロウ ジェムが首位に!
今年、パッケージもカラーも新しくなったアイグロウ ジェムに栄冠が。スフレのような軽さと濡れツヤカラーが人気の理由。今回受賞したのは、ゴールドとレッドのパールを潜ませたブラウン。誰もが美人になれる万能カラー。

【アイライナー部門◆第1位】

キッカ リキッドアイライナー W 01 ¥4500 /カネボウ化粧品

狙い通りの美しいラインに!
カラーは青みを感じるブラック。しなやかな太筆と長さ4.7mmの極短筆のダブルエンドで、とにかく使えると高評価。極短ブラシは目のキワやまつ毛の隙間埋めなど、描きにくい部分にも思うままラインが描ける。

【マスカラ部門◆第1位】

エレガンス フルエクステンション マスカラ BK10 ¥4000 /エレガンス コスメティックス

植毛級のフサフサ感に、ラブコール殺到
2位に100点以上の大差をつけてダントツ1位に輝いたのは、エレガンスのフィルムマスカラ。2種類のファイバーによって根元からまつ毛の密度を高め、まるで植毛したようなフサフサ感を実現。汗や皮脂に強くにじまないのも魅力。

【アイブロウ部門◆第1位】

コスメデコルテ コントゥアリング パウダーアイブロウ 全2種 ¥4500

眉&目元の陰影で美人度までアップ
ふんわりくっきり仕上がり、落ちにくいパウダーや、ブラシを3本もセットするなど、こだわり満載のパレットが300点超えで快勝。右の色をノーズシャドウにも使えば、目元の彫り感が高まる骨格コントロール効果まで!

【ネイル部門◆第1位】

THREE ネイルポリッシュ 72 ¥1800

大人に似合うスモーキーミント
ベスコスのネイル部門の常連、THREEのパステルネイルが快挙を達成。イノセントでいて甘さはひかえめ。そんなミントカラーなら、大人の指先にもよく似合う。爪の呼吸を妨げない処方や植物オイル配合など、ただスタイリッシュなだけじゃない、こだわりも健在だ。

【リキッドファンデーション部門◆第1位】

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ オールインワン グロウ ファンデーション SPF23/PA+++ 全5色 30ml ¥6300/イヴ・サンローラン・ボーテ

水のツヤで装う極上ヌード肌
YSLが昨シーズンに続き、2連覇達成の偉業を成し遂げた。“水”のツヤを実現した今作は、スキンケアのようなみずみずしさで、粉っぽさは皆無。薄膜なのに、肌悩みは透けない絶妙なカバー力もお見事。未体験の素肌感、心地よさ、スキンケア効果で接戦を制した。

【パウダリーファンデーション部門◆第1位】

ポーラ ディエム クルール カラーブレンド ファンデーション SPF23/PA+++ 全4色 ¥6500(セット価格)

常識を超える大胆発想で勝利!
ピンク、黄色、青、緑の4色で肌色をつくる新鮮な発想で首位の座に。美しい素肌と感じる肌色は、ばらつきのあるカラフルな色で構成されていることを発見し、色彩効果を応用したカラーブレンドトリック設計でその再現を目指した。独特の奥行き感と、透明感が宿る肌の美しさは感動モノ!!

【クリーム・ジェルファンデーション部門◆第1位】

アルビオン スマートスキン ホワイトレア SPF40/PA++++ 全4色 ¥5000(セット価格)

春夏仕様のとろける生ファンデ
昨年、大ヒットした“ベリーレア”の新タイプが300点超えのハイスコア! レアファンデならではのとろける感触が春夏バージョンになり、さらりと溶け込むような心地よさと、ドライなのにツヤが潜む、セミマットで涼しげな肌を演出する。下地も不要でこの仕上がり、もう手放せない!

【下地・BB・CC部門◆第1位】

ポール&ジョー ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N SPF20/PA++ 30ml ¥4000/ポール & ジョー ボーテ

つやめく発光感が勝利の鍵
首位の座を手にしたのは進化したラトゥー。定評のあったラベンダーパールによる光コントロール効果がバージョンアップし、白浮きすることなく、自ら光を放つような立体的で透明感溢れる肌を演出する。くすみを飛ばし、仕込み段階で差を生む傑作は試す価値あり!

【コンシーラー部門◆第1位】

クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールヴィサージュ SPF25/PA+++ 全5色 ¥6000/資生堂インターナショナル

もはや無敵のカバー力!!
圧倒的なカバー力と、肌と一体化する質感、肌悩みの存在すら忘れるような自然な仕上がりで、2位に100点以上の差をつけた。のび&フィット感にすぐれ、シミのような点の悩みも、赤みやクマなどの面の悩みも、キレイに隠せて、持ちも抜群。コンシーラーに望むすべてを網羅し、納得の1位獲得。

【プチプラ部門リップ編◆第1位】

ヴィセ リシェ クリスタルデュオ リップスティック シアー RD463 ¥1500(編集部調べ)/コーセー

あどけないじんわり赤にキュンッ♡
前回、王座に輝いたグラデリップに新バージョンが誕生し、プチプラ部門リップ編を連覇。クリア層には繊細なパールを配合し、カラー層の発色をシアーにしたことで、よりつややかで自然な色づきに。にじみ出たような赤みでほんのり色っぽいRD463が一番人気。

【プチプラ部門アイシャドウ編◆第1位】

ケイト スモーキーラウンド アイズ OR-1 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

光と影で目元の陰影を深めて
長年、大きな目や立体感にこだわった製品作りを続けてきたケイトの技術を詰め込んだシャドウパレット。パレット内の4色を重ねるだけで、丸みを帯びた立体的なラウンドアイが簡単につくれる。今回選ばれたOR-1は、今期注目のオレンジを主役にしたパレット。

【プチプラ部門ベースメイク編◆第1位】

ケイト パウダリースキンメイカー SPF15/PA++(00はSPF10) 全6色 30ml ¥1600(編集部調べ)/カネボウ化粧品

新形状ファンデが席巻!
ケイトの新ファンデが大量得点を記録し、優秀賞も受賞。リキッドのカバー力と密着力で、厚塗り感なく毛穴や色ムラを隠した後、パウダーに変わるから、仕上がりはさらさら。リキッドとパウダーの長所を両立させた“液状パウダーファンデーション”が王座に。

ベスコスってどうやって選んでいるの?

対象商品
2018年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)

審査員
57名

選考方法
ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(17)の全部門、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門の各部門(17)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらにスキンケア部門、メイク部門の各部門の中で、獲得点数が高かった上位2品を最優秀賞、優秀賞として表彰。

ベストコスメはこちらでチェック♥

撮影/菊地泰久(vale./人物)、吉田健一(No.2/静物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON)、吉村純(LA DONNA/ポイントカット) スタイリング/川﨑加織 モデル/藤野有理 取材・文/楢

関連キーワード

関連記事