シャワーだけじゃお肌の保湿が不十分!夏こそ湯船に浸かろう!

シャワーだけじゃお肌の保湿が不十分!夏こそ湯船に浸かろう!

暑い日が続くと、湯船に浸かる機会が減りませんか?簡単にシャワーだけで済ますのは早いしラク。という人も多いでしょう。ですが、実はシャワーだけで済ませていると、お肌がどんどん乾燥してしまいます!夏の入浴のメリットについて見ていきましょう!

シャワーだけではお肌の乾燥が悪化する?夏こそ湯船が効果的!

夏はシャワーだけ。寒い季節と違って、夏はわざわざ熱い湯船に体を浸かることも少なくなりますよね。

でも「夏が暑い」のは外の話。日中のオフィスでの冷房、ランチのお店の冷房、通勤電車の冷房、自宅の冷房。私たちは毎日どこかの「空間」に長時間いることが多く、またその空間は冷気に包まれていますよね。

そんな冷房による夏の冷えは、とても深刻な問題です。血行不良から肌荒れやくすみなど、さまざまな肌トラブルを抱えてしまいがちです。

さらに汗をかかないため、老廃物の排出ができず、むくみを引き起こしたり、自律神経が乱れる恐れもあります。

そんな冷えた状態の体をシャワーで済ませてしまうと、毛穴の皮脂汚れや角質が洗い落とされずに残ってしまい、化粧水の浸透も不十分になりがちです。冷気に加えて不十分なスキンケアを招いて、お肌の乾燥が進んでしまいます。

また、シャワーだけでは副交感神経を活発にするのは難しく、結果的に睡眠の質を下げてしまいます。これは言わずもがな、お肌にとって良いことではありませんよね。

湯船につかればお肌も喜ぶ!夏に入浴は夏バテにも効果的!

夏の入浴は、冬と同じ温度にする必要はありません。36〜38度くらいのぬるめのお湯でOKです。じっくり15分〜20分ほど浸かって血行を促進させましょう。

じんわりと汗をかくことで、シャワーでは落とせなかった毛穴の皮脂汚れや、老廃物の排出が可能になります。お肌も清潔に保てますし、むくみ解消にも効果的です。

冷えた体も温まり、副交感神経が優位に働くので快眠にもつながります。入浴して熟睡することは夏バテの予防や解消にもなるのだそうで、就寝の2時間くらい前に入浴するのがおすすめです。

夏のお風呂は、なにも熱々のお湯に浸かる必要はありません。面倒臭がらずに、大切なお肌のためにも夏こそ湯船に浸かりましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事