ダイエットに美容効果も抜群!朝のスムージーはやっぱりスゴイ!

ダイエットに美容効果も抜群!朝のスムージーはやっぱりスゴイ!

おしゃれな朝食といえば「スムージー」ですよね。芸能人やモデルのSNSでも良く見かける朝の美容、健康習慣。効果はあるのかもしれないけど、なんだか面倒そう。と敬遠しているあなた!ちょっと意識高い系を目指して、ぜひやってみませんか?

【スムージーの美容習慣】皮の栄養までまるごといただき!

スムージー。これだけで意識高い系のイメージがある人もいるかもしれませんが、スムージーは駅に専門の店があるほど、実にありふれたものです。朝食をスムージーで済ます美容、ダイエット法は、SNS映えもすることから、とてもポピュラーですよね。

ただ、やったことのない人にとっては、面倒なイメージもあるでしょう。

「わざわざスムージーにしないで果物をそのまま食べたらいい」そんな声がどこからか聞こえてきそう。

実はスムージーはそのまま食べるよりも、より効果的に栄養素を摂取できるのです。その一番の理由が「皮」にあります。

多くの果物の皮には、とてつもない栄養素が隠されています。ブドウやリンゴ、キウイまでとにかくさまざま。しかしこれらをそのまま口にするのは食感的にも苦手という人は多いでしょう。でもこれではせっかくの美容効果も中途半端。

スムージーであれば、ミキサーに果物の皮ごと入れて、果物の栄養素を余すところなく摂取することができるので、続けていけば、その効果はきっと現れてくるでしょう。

さらに言えば、ミキサーにかけるのは何も果物に限ったことではありません。野菜と果物をミックスしたり、そのバリエーションは実に豊富。毎朝パンを食べるよりも栄養も抜群で飽きもこない。万能の朝食なのです。

【スムージーの美容習慣】作るときの注意点は?

料理が苦手な人でも気軽にできるスムージーですが、なんでも好きなものを入れてもいいというわけではありません。なかにはスムージーに向いていない野菜や果物があります。

ジャガイモ、かぼちゃ、キャベツなど、でんぷん質を多く含む野菜は、あまり果物と合いません。また、冷蔵庫で冷やした野菜や果物をスムージーにすると、内臓を冷やしてしまう恐れがありますので、常温のものをミキサーにかけましょう。

さらに、牛乳よりも水で作るのがおすすめです。牛乳は飲みやすくなりますが、野菜や果物に含まれる栄養の吸収が遅くなると言われています。

スムージーを作るときに、果物を多く入れてしまうと果糖によってカロリーを摂り過ぎてしまう可能性があります。グリーンスムージーであれば野菜6、果物4くらいの割合が良いと言われています。割合には注意しましょう。

簡単手軽なスムージー!早速明日からスムージーの美容習慣、始めてみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事