さらなる臭いの原因は制汗剤?使い過ぎが引き起こす危険性とは?

さらなる臭いの原因は制汗剤?使い過ぎが引き起こす危険性とは?

汗の臭いが気になる今日この頃。特にワキからこぼれ出す臭いには細心の注意を払いたいところ。デオドラントケアとして制汗剤を使用している人も多いと思いますが、じつはこの制汗剤。臭いを抑えるどころか、ますます臭くなってしまうこともあるのだとか!

制汗剤が悪臭の原因に?ワキの汗が臭い理由とは?

ジメジメと暑い夏。体のあちこちから服出す汗。なかでもワキは汗腺が多いため、大量に汗が出やすいパーツです。

「汗なんかかきたくない」

確かに、できるだけ汗はかきたくないものですが、汗は体温調整の一環として分泌されているので、とくに夏は体を冷ますために出ていることが多いのです。ほかにも、体内の毒素など老廃物の排出としての役割も担っています。

ワキは、ほかの体のパーツに比べて臭いの発生も起こりやすいですが、その原因は何でしょうか?汗腺から分泌された汗の成分は、実は99%が水分で、残りの1%にミネラルや尿素などが含まれています。

この99%の水分はエクリン腺という汗腺から分泌される水分で、皮脂や雑菌が繁殖することで臭いを引き起こすと言われています。

汗をかいた直後は無臭なのですが、時間とともに、皮膚のタンパク質や脂質、アミノ酸が混ざって酸化することで臭いが発生してしまうのです。

こうした臭いを抑えるために活躍するのが制汗剤。ですが、この制汗剤の使い方によっては、さらなる悪臭を発生させてしまうかもしれないのです。

制汗剤の使用頻度はそこそこに!臭いだけじゃなく肌トラブルも?

制汗剤の種類はさまざまですが、スプレータイプやロールオンタイプを使用している人が多いと思います。

肌の露出が多くなると、過剰に制汗剤を使ってしまいがちですが、実は制汗剤の使い過ぎはとても危険なんです!

制汗剤を使用すると、外部からの悪玉菌を倒す働きがあるワキの常在菌まで死滅させてしまいます。そのため悪玉菌が増殖してしまうのだそう。

この増殖した悪玉菌が臭いの元となって、もともとそれほど臭くなかったのに、いつの間にかワキの臭いがキツくなるといったケースがあるのです。

さらに制汗剤は肌にも影響を与えます。汗腺にフタをして汗の発生を抑えるため、汗の逃げ道がなくなってしまいます。これは毛穴の炎症を引き起こして、肌トラブルを招く恐れもあるのだとか。

使用し続けると、摩擦などの刺激によってワキの黒ずみにもつながりますので、制汗剤の使用は、1日1回まで。そしてできれば、ワキの皮膚や毛穴を休ませてあげる日を作りましょう。

制汗剤は、使わないと不安になる依存性もありますから、使い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事