つながり眉毛を薄くするには?おすすめの脱毛ケアについてご紹介

つながり眉毛を薄くするには?おすすめの脱毛ケアについてご紹介

誰にも言えないけど、つながり眉毛に昔から悩まされている…という女性は意外と多いのではないでしょうか?こまめに処理しないと目立つパーツなので、どんなお手入れ方法が最も適しているのか気になるところですよね。おすすめのケア方法をご紹介します。

つながり眉毛の処理で控えるべき脱毛ケア方法

毛抜きはカミソリに次いで低コストかつ気軽に実践できる脱毛方法の一つ。「一度抜いてしまうと1週間近く生えてこない」「ポーチに入るから外出先でもさっと処理できる」など嬉しいメリットがある一方、思わぬデメリットも多く潜んでいるのです。

【毛抜きによる眉間脱毛で考えられるデメリット】

<ニキビ・埋没毛>
洗顔をせず古い汗・皮脂が付着している汚れた肌のまま毛抜きで眉間のムダ毛を抜いてしまうと毛穴に細菌が入り、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすこともあります。同時に、皮膚の下にムダ毛が埋まってしまう「埋没毛」にもなりやすいです。埋没毛を取り出そうと無理にいじってしまうと出血したり、跡が残る可能性があるため十分注意しましょう。

<ムダ毛が濃くなる>
毛抜きで脱毛すると徐々に細くなり、最終的には生えなくなったという方もいるようですが、大抵の場合逆であることが多いです。毛抜きにより長期間肌に負担をかけてしまうと毛が肌を守ろうとする「硬毛化」という現象が起こり、徐々に濃く太い毛質に変化してしまうそう。

どうしても毛抜きで処理したい場合は、入浴後や洗顔後など肌が清潔な状態でケアを行うようにしましょう。特に入浴後は皮膚が柔らかくなっているため刺激・痛みを軽減することができます。また、処理するときは毛抜きを持っていない方の手でムダ毛の根元付近を軽く押さえ、毛の流れに沿って引き抜くようにしましょう。

脱つながり眉毛!おすすめの脱毛ケア方法について

つながり眉毛のコンプレックスを解消するには脱毛サロンでのケア方法が最もおすすめです。自己処理の頻度も減るのでお手入れがグンと楽になりますよ!

【サロンでの眉間脱毛!かかる期間や注意点】

脱毛サロンでは、主に光脱毛という施術が行われており、2〜3ヶ月に1度のペースで約2年間程サロンへ通う必要性があります。

注意点は、光脱毛はメラニン色素に反応しながら脱毛していくためほくろがある方や過度に日焼けしている場合、施術ができない可能性も…。心配な方は本契約前に無料カウンセリングを予約し、スタッフさんに直接相談するようにしましょう。

いかがでしたか?毛抜きは昔からあるムダ毛処理方法ですが、お肌のことを考えるとあまり望ましくありません。つながり眉毛に悩んでいる女性はサロンでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事