【毛穴・くすみに効く!】ふきとり、柔軟、収れん化粧水の正しい使い方

【毛穴・くすみに効く!】ふきとり、柔軟、収れん化粧水の正しい使い方

普段、何気なく使っている化粧水。でもよく見ると「収れん化粧水」「ふきとり化粧水」などの種類があり、「普通の化粧水と何が違うの?」と疑問に感じている人も多いはず。今回は、化粧水の役割や種類から肌悩みに応じた使い方、お試ししやすいプチプラ優秀アイテムまで、徹底解説します!

そもそも、化粧水の役割って?

化粧水のおもな構成成分は“水(精製水)”。だからといって、ただ水分を与えるだけではありません。水分とともに水溶性の保湿成分を角層に届け、キメをふっくらと整えて、なめらかな肌へと導く効果が。また、肌を柔軟にし、次に使うスキンケアアイテムの馴染みを良くするという重要な役割もあるのです。朝と晩、毎日使う化粧水が肌に与える影響は大きいもの。肌悩みに合ったアイテムを選んで、スキンケア効率をアップさせましょう!

化粧水の種類は? 「ふきとり」「収れん」って結局なに?

化粧水は、使用目的や配合成分によっていくつかの種類に分けられます。今回は代表的なものを4つ紹介します。

①肌にうるおいを与える「保湿化粧水」
②日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ「美白化粧水」
③肌をひきしめて皮脂を抑える「収れん化粧水」
④肌に残った汚れや古い角質を除去する「ふきとり化粧水」

まずは「保湿化粧水」を常備した上で、その時の肌状態や肌悩みに応じたものをプラスするのがおすすめ。

①保湿化粧水

「一般化粧水」や「柔軟化粧水」とも呼ばれ、通常「化粧水」といえばこちらを指すことが多いです。肌の角層に水分や保湿成分を届けて肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐことを目的としています。中には、乾燥による小じわを目立たなくするエイジングケア機能まで備えたアイテムも。

【こんな悩みに!】
・肌のカサつきや、ゴワつきが気になる
・乾燥による小じわや、くすみが気になる

【おもな配合成分】
セラミド、コラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸、エラスチン、ローヤルゼリーなど

【乾燥・小じわに効かせるには?】
洗顔後、コットンまたは手に適量(¥500玉大)を取り、肌にしっかりなじませましょう。仕上げに、手のひらで顔全体を包み込むように押さえると、温熱効果や密閉効果で浸透が高まります。特に乾燥の気になる部分には重ねづけを。

【プチプラ優秀アイテムをCheck!】

ちふれ 濃厚 化粧水 180ml ¥800

乾燥による小じわを目立たなくする、エイジングケア化粧水。とろみのあるリッチな感触ながら、肌なじみが良くベタつきません。保湿成分として、シャクヤク根エキスやヒアルロン酸を配合。詰替用(¥700)も用意されているコスパの高さで、使い続けやすいのが魅力。

②美白化粧水

肌へのうるおい補給に加え、美白成分を配合することで日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことを目的としています。「医薬部外品」にあたる製品が多いのも特徴です。

【こんな悩みに!】
・日焼けによるシミやそばかすを防ぎたい

【おもな配合成分】
ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、カモミラET、プラセンタ、ハイドロキノンなど

【美白化粧水を選ぶポイント!】
保湿力の高いアイテムを選ぶと、美白成分をしっかり届けることができる上に、肌のキメが整って透明感もアップします。

【プチプラ優秀アイテムをCheck!】

ロート製薬 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水 170ml ¥900(編集部調べ)

美白+抗炎症成分としてホワイトトラネキサム酸、紫外線ダメージをケアするビタミンC、ビタミンEを配合した薬用美白化粧水。さらに、保湿成分のナノ化ヒアルロン酸を肌ラボ美白シリーズ史上最大量配合するなど、まるで美容液のような処方!

③収れん化粧水

肌を引き締めてキメを整える「収れん」を目的とした化粧水です。汗や皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。「アストリンゼン」「アストリンゼントローション」「引き締め化粧水」とも呼ばれます。

【こんな悩みに!】
・毛穴の開きが気になる
・皮脂テカリや化粧崩れが気になる

【おもな配合成分】
ハマメリスエキス、アーチチョーク葉エキス、チャ葉エキス、クエン酸、塩化ナトリウム、ミョウバン、カラミン(酸化亜鉛)など

【テカリを抑えるテクニック】
コットンに適量を含ませて、肌表面がひんやりするまでやさしくパッティングしましょう。メイクを崩れにくくする効果もあるので、テカリの気になるTゾーンなどの部分ケアにもぴったり。

【プチプラ優秀アイテムをCheck!】

明色化粧品 明色スキンコンディショナー 200ml ¥950

エコサート認定のオーガニックローズ水が配合された贅沢なスキンコンディショナーは、優雅な香りで癒し効果大。さっぱりとした使い心地で肌をキュッと引き締め、皮脂テカリや化粧崩れのない肌へ導きます。

④ふきとり化粧水

クレンジングや洗顔で落としきれずに残ったメイクや汚れ、肌表面に蓄積した古い角質などを取り除く働きがあります。「スキンフレッシュナー」「除去化粧水」とも呼ばれます。

【こんな悩みに!】
・古い角質の蓄積によるザラつきやくすみが気になる
・メイク直しの時、崩れたベースをオフしたい
・慌ただしい朝、水を使わず洗顔したい

【おもな配合成分】
エタノール、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸など

【つるつるの柔肌をキープするには……】
コットンに適量を含ませ、肌表面をやさしくすべらせましょう。ザラつきやくすみが気になったら定期的に取り入れることで、クリアな素肌をキープできます。肌を柔軟にして後から使用するスキンケア化粧品の浸透も高めてくれるので、ブースター(プレ化粧水)として使う方法も。

【プチプラ優秀アイテムをCheck!】

ナリスアップ コスメティックス ネイチャーコンク 薬用 クリアローション 200ml ¥850(編集部調べ)

ふきとり化粧水の研究を80年以上続けてきた、ナリスアップ コスメティックスのロングセラーアイテム。毛穴汚れをオフするサボンソウエキス、ハトムギから抽出した天然角質クリア成分、健康的な角質層に整える月見草油を配合。ふきとりと保湿のW効果でつるんとなめらかな肌へ。

自分の肌悩みや目的に合った化粧水を選び、使い方を見直すことで、さらなる美肌を目指して下さいね!

関連キーワード

関連記事