「遺伝性のそばかす」も増える&濃くなる!そばかすケアは美肌にも◎

「遺伝性のそばかす」も増える&濃くなる!そばかすケアは美肌にも◎

そばかすは生まれつきのものだから仕方ない…と思っている方が多いはず。そばかすは遺伝と深い関わりがあると言われていますが、それでも、濃くしない方法があるのです。遺伝によるものだから、と諦める前にそばかす対策をしていきましょう。

遺伝のそばかすもケアは大切!紫外線の影響で濃くなりやすい

そばかすは子供の頃にはまだできていなくても、大人になるにつれてできてくる場合もあります。大きさは約5ミリ以下のものが多く、スズメの卵の模様のような細かい色素斑ができるのが特徴。

実は、そばかすそのものが遺伝するというよりは、そばかすができやすい体質がどうかが遺伝しやすいと言われているのです。

遺伝で子供の頃からできているそばかすも、紫外線を浴びることによって色調が濃くなっていくこともあるので、ベースのスキンケアは大切ですよ。

紫外線対策とターンオーバーを整えてそばかす予防を

そばかすと色や見た目が似ているシミも、メラニンが生成される過程は同じ。そばかすやシミを予防するには、紫外線から肌をしっかりと守ることと、乱れたターンオーバーを整えてあげることが最大のポイントなのです。

紫外線を浴びることにより、そばかすやシミの元となるメラニン色素が大量に生成されていきますが、肌のターンオーバーが正常であれば外へ排出されていきます。しかしターンオーバーが乱れるとメラニン色素をうまく排出することが出来ず、どんどん蓄積して肌にそばかすが現れてしまうことに…。

ターンオーバーを正常にするには、日焼け止めをこまめに塗り直したり、日焼け止めアイテムを活用して紫外線対策を行うこと、丁寧なクレンジングと洗顔・保湿ケアを重視したスキンケア、バランスの良い食事、質の良い睡眠が大切です。これらを毎日行うことで、そばかすを濃くしないだけでなく、自然と美肌にもつながりますよ。継続は力なり!と言われているように、すぐには目に見えなくても毎日コツコツと根気強くケアしていくといいでしょう。

そばかすを予防しながら美肌も手に入れて!

そばかすを防ぐ方法は、シミの発生を防ぐことやキメの整った美肌にもつながります。元々そばかすができている方は、増やしたり濃くしないためにも紫外線対策とターンオーバーを整えることを心がけるだけで徐々に変わってくるはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事