赤ちゃんのようなぷるぷるピンク唇を目指すなら、唇のくすみ解消を!

赤ちゃんのようなぷるぷるピンク唇を目指すなら、唇のくすみ解消を!

唇の血色が悪く青みが強い方や、唇の色がどんよりと曇っている方は、くすみが原因かもしれません。唇は薄くてデリケートな部分であるため、あらゆる刺激や摩擦などでくすんでしまいがち。正しいケアで赤ちゃんのような、ピンク色の唇を手に入れましょう!

唇のくすみを引き起こす大きな原因とは?

唇の色が黒っぽくくすむ原因は「日焼け」「色素沈着」「喫煙」「血行不良」などが挙げられます。

唇以外なら日焼け止めやファンデーションを塗れば、まずは簡単に紫外線対策をすることができますが、唇はそうはいきませんよね。紫外線カット効果のあるリップクリームを塗っても、食べたり飲んだり、話をしたりしているうちにどんどん効果が薄れてしまい、紫外線にさらされやすくなります。

落ちにくい口紅やリップティントなどを完全に落とし切らずに過ごしてしまうと、色素が残って色素沈着につながってしまいます。さらに、喫煙している方は唇の血行が悪くなり黒っぽく見える原因になることもあるのです。

くすんだ唇をぷるぷるなピンク色にするリップケア

唇は薄くて非常にデリケートな部分であるため、目元や口元と同様に丁寧なお手入れをすることが大切です。

まず、口紅の下地として紫外線カット効果のあるリップクリームやリップ美容液などを塗りましょう。唇は動きが多い部分でもあるため、こまめな塗り直しが必要です。最近では、色付きリップクリームにも紫外線カット効果がついているものが多く売られているため、いつでも塗り直しできるようにポーチに入れておくと便利です。

口紅をオフするときには、顔全体用のクレンジング料ではなく、水に濡らしたコットンにポイントリムーバーを含ませて、擦らず丁寧に落としましょう。唇の輪郭は綿棒を使うと落としやすくなります。クレンジング後はワセリンやはちみつを塗り、指の腹でマッサージをして血行を促進させてから、ラップを貼ってパックをするのも効果的です。

喫煙はくすみだけでなく、ビタミンを破壊して肌老化にもつながるため、美肌や唇のためにも禁煙を意識したいところです。

デリケートな唇のくすみを丁寧なお手入れで解消

紫外線量がぐんと増える夏は、唇以外の紫外線対策を念入りに行いがちですが、デリートな唇だからこそしっかりと紫外線から守ってあげることが大切です。ちょっとした刺激や摩擦によって色素沈着を引き起こす場合もあるので、軽いタッチで丁寧なお手入れをしてあげましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事