スキンケアしているのに肌が黄色っぽいのは「糖化」が原因って本当?

スキンケアしているのに肌が黄色っぽいのは「糖化」が原因って本当?

毎日きちんとスキンケアをしていても、肌の透明感が失われ気味で、なんとなく黄色っぽく見える場合は、 糖化が原因かもしれません。糖化とはどんなものか、糖化の改善・予防する方法をチェックして、今日から少しでもケアしていきましょう!

肌に様々な悪影響を及ぼす「糖化」とは

糖化は、体の中にあるタンパク質と糖質が結びついてAGEsと呼ばれる物質がたくさん作られることによって起こると言われています。

肌に糖化が起こると、肌のハリや弾力をサポートするコラーゲンまで糖化して、ハリツヤが失われるだけでなく、本来なら透明のコラーゲンやケラチンが糖化により黄色〜茶色っぽくなり、肌が黄色っぽくくすんで見えてしまう場合も…。黄ぐすみは糖化が大きな原因であると言われているため、 正しいケアで明るい肌を取り戻していきましょう。

糖化によるくすみを解消・予防する方法

エネルギーとして使われる糖質は体にとって欠かせないものですが、糖質を過剰に摂取し過ぎると糖質が余ってタンパク質と結びつき、糖化を引き起こす可能性があります。そのため、糖質になるご飯や菓子パンなどの炭水化物や、ケーキなどの洋菓子や甘いものの取りすぎには注意しましょう。また、揚げ物類の食べ過ぎも糖化が起こりやすくなるため、バランスの良い食事と共に、油を使わない茹で・蒸し料理がおすすめ。

糖質や脂質の取り過ぎのほかにも、アルコールの摂取・喫煙・睡眠不足・紫外線により体内で糖化が進んでいくとも言われています。飲酒、喫煙はできる限り控え、しっかりと質の良い睡眠を取り、ストレスや疲れをこまめに解消することがポイントですよ。

ストレスにならない程度に食生活にも気をつけつつ、身体の中から糖化による黄ぐすみ対策をしてみてくださいね。

身体の中から糖化をストップして肌のくすみ予防を

きちんとお手入れをしているのに肌がなんとなく黄色っぽい、顔色が暗いかも…という方は糖化が関係している可能性があるので、もう一度、生活習慣を確認してみるといいでしょう。毎日の食事や生活を少しずつ変えていけば、黄ぐすみが気になる肌から透明感のある肌に近づけるはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事