夏は紫外線による「くすみ」にご注意を!明るい肌に近づくスキンケア

夏は紫外線による「くすみ」にご注意を!明るい肌に近づくスキンケア

肌がくすんでいると、顔色が悪く不健康に見られたり、ファンデーションを乗せても肌が曇って見えることも。特に、夏は紫外線によるくすみが気になる季節でもあるため、夏の季節に最適なくすみケアが重要です。夏のくすみケアで明るい肌を手に入れましょう。

夏の紫外線が大きな原因で肌のくすみに…

肌がくすむ原因は様々ですが、夏のくすみは紫外線によるものが大きな原因だと言われています。紫外線はシミやそばかすを作り出すイメージがありますが、肌のくすみにもつながるので気をつけたいところです。

紫外線を浴びると、色素を作るメラノサイトが刺激され、どんよりとしたくすみの元となるメラニンが大量に作られてしまうのです。このメラニンがターンオーバーでうまく排出されずにどんどん蓄積されると、肌が黒っぽく見えてしまうこともあります。

夏のくすみを解消する、夏に適したスキンケアとは?

新しくできた表皮細胞が代謝活動をすることで肌の表面に押し上げられていき、やがて垢になって剥がれ落ちていく「肌のターンオーバー」は、一般的に28日の周期で行われていると言われています。

ターンオーバーが正常であれば、くすみの元となるメラニン色素も一緒に排出されていくのですが、夏の強い紫外線をたくさん浴びるとメラニンが過剰に作られて、うまく排出されずに蓄積されてしまうので、しっかりとお手入れすることが大切ですよ!

紫外線による肌のくすみを予防するためには、ターンオーバーを整えること・紫外線から肌を守ることがポイント。丁寧なクレンジングや洗顔、肌にたっぷり水分を補給する保湿ケアは基本中の基本です。

紫外線を浴びると肌が急激に乾燥しやすくなるため、日中はミスト化粧水で潤いを与えるのも効果的!夏は冷房の効いた部屋と暑い屋外との気温差で身体も肌もぐっと疲れやすい季節であるため、質の良い睡眠を取り、生活習慣を整えてましょう。

紫外線対策は、日焼け止めクリームをしっかり塗って、2〜3時間おきに塗り直したり、帽子や日傘、サングラスを活用したり、UVカット効果のあるカーディガンやパーカーを羽織ることをおすすめします。

夏の紫外線による「くすみ」は基本のケアを続けることが大切

紫外線による肌のくすみを解消するのは難しい…と思っていても、実はターンオーバーを正常にする基本のケア・紫外線対策をコツコツと続けるだけなので、意外と簡単です。毎日地道に基本のケアを続けて、曇りのない明るい肌を目指してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事