芸能人ブログで話題!? 肌をリセットする「肌断食」で失敗しない予備知識

芸能人ブログで話題!? 肌をリセットする「肌断食」で失敗しない予備知識

ブログで見かける肌断食(肌ダイエット)、その方法は週末に無印の日焼け止めコスメなどで過ごし、洗顔後化粧水を使用しないというもの。ビフォーアフターで、失敗すると乾燥による皮剥け、アトピーやシミの悪化の恐れもありますが、角栓・毛穴トラブルに効果を期待できます!

【芸能人ブログなどで話題】肌断食(肌ダイエット)って?

近頃、芸能人や美容家のブログやインスタグラムで話題の「肌断食」。別名「肌ダイエット」を美肌習慣のひとつとして取り入れている方が増え始めています。

肌断食とは、しっかりとしたメイクを止め、化粧水などの基礎化粧品などによるスキンケアをあえて行わないことを言います。こうして、日常気づかないうちに肌に与えられたダメージを抑え、過剰なスキンケアによって失われていた肌本来の保湿力や抵抗力を取り戻すことを目的としています。

きちんと肌のお手入れを行っていても肌荒れしてしまうという方が肌断食を行うと、肌の乾燥や毛穴の広がり、吹き出物などのトラブルが減少・改善すると言われています。
しかし誤った方法で肌断食を行っていると、肌に逆効果をもたらし、トラブルがさらに悪化してしまう可能性もあります。

肌断食で失敗しないためには、肌に関して正しい知識を持つことが重要です。また、自分の肌のサインを見逃さないこと、肌の状況が悪化しそうな時は無理をしないように意識しましょう。

ビフォーアフター!肌断食の効果とは 乾燥・角栓・毛穴

肌のリセットを行うことによって、肌本来の力を回復させる肌断食。具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

肌断食を行うと、トラブル改善前の問題が肌断食後どのように改善するのか、肌断食を行う前の状態とその後の状態を、ビフォーアフターで比較しながら見ていきましょう。

●ビフォー

肌断食を行う前は、肌はどのような状態にさらされているのでしょうか。

メイクによるダメージ

化粧品に含まれる化学物質が少しずつ肌にダメージを与えることがあります。さらに、メイクを行う際には指・スポンジ・ブラシなどで肌へ化粧品を付着させるので、どうしても肌への摩擦が起きてしまいます。肌への摩擦はくすみや乾燥を引き起こす原因とも言われています。

クレンジング剤の悪影響

また、メイクをしっかり行っていると、メイクを落とすためにきちんとクレンジング剤を使用する必要があります。クレンジング剤は使用することによって肌への負担がかかるだけではなく、メイクと一緒に本来必要な肌の潤いや油分まで落としてしまう可能性があります。肌に負担がかかりにくいクレンジング剤もありますが、反対にきちんとメイクが落ちないことでも、肌荒れの原因になりえます。

過剰なスキンケアによる肌本来の働きの低下

過剰なスキンケアは、肌が本来備えている保湿力や、適度な皮脂分泌を機能させなくすると言われています。スキンケアを必要以上に念入りに行うと、肌から徐々に排出されるはずの老廃物を、その場に留めてしまう可能性があるのです。老廃物が出るはずだった毛穴に過剰な保湿を施すと、角栓で詰まってニキビなどができてしまったり、毛穴が開いたり広がったりする原因にもなりかねません。

●アフター

肌断食を行ったことによってどのようなことが期待できるのでしょうか?

メイクによるダメージの削減

メイクを控えたり抑えることによって、肌への摩擦が少なくなり、肌への刺激を減らすことができます。化粧品の化学物質で敏感になっていた肌を落ち着けることにもつながりますね。それらの働きによって、乾燥やくすみなどのトラブルが、以前より起こりにくくなると考えられます。

クレンジング剤不使用による肌トラブルの改善

またメイクを抑えると必要以上にクレンジンング剤を使用せずにすむので、肌への負担が減ります。肌に必要な潤いや油分が洗い流されないので、乾燥や乾燥による肌トラブルが改善されると言われています。

肌本来の保湿力・皮脂調節能力の回復

スキンケア用品で必要以上に保湿や油分を与えないことにより、肌が本来の力を発揮し、肌の内側から水分・皮脂状態の調節が行えるようになると言われています。そうして乾燥や過剰な皮脂による肌荒れの改善にも効果を期待できます。さらに、過剰なスキンケアによって留まっていた老廃物を、きちんと排出する肌本来の働きが復活し、角栓は排出され毛穴の広がりが収まります。
肌断食を正しく行うことによって、肌の乾燥やくすみ、ニキビなど吹き出物の減少、角栓のつまりの改善、毛穴の広がりを抑え引き締めるなどの効果が期待できます。肌断食は肌悩みの原因がどこにあるのかをきちんと理解し、それをできるだけ減らすことが重要となってきます。

【失敗!肌断食】乾燥、皮剥け、シミ、アトピー

肌断食は正しく自分に合った方法で行うと、以前の肌トラブル、乾燥や毛穴の広がり、角栓の詰まりなどを改善させる効果が期待できます。しかし間違った解釈や方法で肌断食を行うと、肌断食は成功させることはできませんし、さらには以前よりも肌の状態が悪化してしまう可能性もあります。肌断食で肌の調子を良くするためにも、肌断食失敗の理由と、それによるトラブルの対処法を確認してみましょう。

●肌断食失敗の理由

即効性を期待している

肌断食を行う際、肌は長い時間をかけて本来の力を取り戻します。そのため、短期間での効果は期待しないようにしましょう。肌断食は気長に取り組むことが成功の秘訣です。

肌断食の仕組みを理解できていない

肌断食はいままできちんと行っていたスキンケアを突然やめることになるため、肌断食を始めた直後はどうしても肌荒れしてしまいます。肌断食を行うからといって、肌荒れが起こらなくなるわけではありません。

肌断食に肌が対応できず肌に大きな負担がかかりすぎる

肌断食は時間をかけて効果を実感していくものですが、中には肌断食に肌が対応できず、効果を得ることができない体質の方がいます。そんな方が無理をして肌断食を続けていくと、肌状態は元よりさらに悪化してしまします。強度の乾燥肌の方や、乾燥しやすい環境に長時間いる方は、肌断食による負担にはより注意するようにしましょう。

●トラブルとその際にすべきこと

もし、肌断食中にトラブルが起こってしまったらどのように対処すれば良いのでしょうか?代表的なトラブルとその対処法を見ていきましょう。

乾燥・ 皮剥け

肌が乾燥しすぎてしまっていたり、皮が剥けてしまった場合はワセリンの使用をおすすめします。ワセリンは肌の水分を肌にとどめておく機能があります。乾燥や皮剥けした部分に少量のワセリンを薄く伸ばして塗ると良いでしょう。

シミ

シミの原因は紫外線になるため、まずはきちんと紫外線予防を行うようにしましょう。また肌断食中の肌は刺激に敏感になっているので、肌をこすったり引っ掻いたりしてしまうとシミの原因になってしまう可能性があります。皮膚への摩擦や刺激はなるべく抑えるようにしましょう。

アトピー

元々アトピー体質の方はステロイド剤を使用している方も多いと思いますが、肌断食の際にステロイド剤の使用を急にやめてしまうと、薬によって収まっていた症状が悪化してしまう場合があります。そのためアトピー体質の方が肌断食を行う際は、医師と相談しながらすすめていくことが望ましいでしょう。また、アトピーが出てしまった際は悪化してしまう前に病院にいくようにしましょう。
肌断食を成功させるためには、知識はもちろん、自身の肌の状態をきちんと判断することが大切です。また、肌に異常が現れた場合は無理をせず、医師の指示を仰ぐようにしましょう。

【おすすめ】週末肌断食の方法

様々な肌トラブルの改善に効果を期待できる肌断食ですが、実際は毎日メイクやスキンケアを全てやめるというのは難しい場合が多いのではないでしょうか?そこでおすすめしたいのが、オフの日だけ肌断食を行う「週末肌断食」です。

●週末肌断食とは

週末やおやすみの日だけ肌断食を行うのが週末肌断食です。プチ肌断食といわれることもあります。毎日メイクやスキンケアなしで過ごすのが難しいという方に始めやすい肌断食として話題で、週数日の肌断食を繰り返すことで効果を感じられると言われています。また、いきなり全てのスキンケアやメイクをやめることに不安な方は、週末肌断食から初めてみるのもいいかもしれません。

●週末肌断食の方法

通常毎日のところを、2日間で肌断食を行います。週末に肌断食を行う場合は金曜日の夜から始め、日曜日の夜で1サイクルとなります。

1 前日夜(金曜日夜)

メイクを落とした後、スキンケアは行いません。

メイクを落とす際はなるべく肌に負担がかからないミルクやクリームをおすすめします。また、どうしても乾燥が気になる場合はワセリンなどの保護剤を塗るようにしましょう。

2 1日目

朝、洗顔はぬるま湯のみで行うようにしましょう。また、スキンケアは行いません。

夜も同様の方法で洗顔を行います。前日からスキンケアをしていないので、肌が敏感になっている可能性があります。洗顔の際は優しく丁寧に肌をいたわりながら洗うようにしましょう。

もし日中出かけることがある場合は、クレンジングが必要な日焼け止めやメイクの使用はやめて、できるだけ帽子や日傘などで紫外線を予防しましょう。

3 2日目

1日目と同様に、洗顔はぬるま湯で、スキンケアは行いません。メイクもしないようにしましょう。

翌日から洗顔やスキンケア、メイクをしても構いませんが、肌断食後の肌は敏感になっていますので、摩擦などの刺激に気をつけるようにしましょう。

注意点

肌断食中は日焼け止めなどクレンジングでのオフが必要なものは肌に使用しないようにしましょう。ただ、紫外線対策を行わないで外出するとシミや肌の老化の原因につながるため、日焼け止め以外の方法で紫外線対策をきちんと行うことをおすすめします。

【無印etc】肌断食のポイントは日焼け止めコスメ

肌断食中はなるべくメイクや洗顔を行わないようにするべきですが、平日や外出時など、メイクや日焼け止めをしないわけにはいかない場合はありますよね。そんな時におすすめなのが、クレンジング不要の日焼け止めやミネラルファンデーションです。

肌の広範囲に使用する日焼け止めやフェイスパウダーをクレンジング不要のものにすれば、肌への負担は軽減されます。 今回はお湯や石鹸でオフできる、肌断食中の肌におすすめのアイテムをご紹介します。

●クレンジングいらず!【厳選】おすすめ日焼け止め・コスメ

ノブ  UVミルク EX

敏感肌で有名なノブ。こちらのUVミルク EXはなんとお湯でも落とせる日焼け止めです。無香料・無着色・低刺激性、さらに紫外線吸収剤不使用なので肌に優しい成分で作られています。SPF32 PA+++ですので、お出かけ程度なら日焼け止めとしての効果も十分期待できます。化粧下地としても使えるので、肌断食中にもってこいのアイテムです。
(税込 2,160円)

無印良品 日焼け止めローション

無印良品からは石鹸等洗顔料のみでオフできる日焼け止めが販売されています。こちらの日焼け止めも無香料・無着色・紫外線吸収剤フリーなので、肌に低刺激なので肌断食中にも使用できます。SPF30 PA+++で、なんといってもプチプラなのが嬉しいところです。
(税込 590円)

エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションは、クレンジング不要のミネラルファンデーションです。ミネラルファンデーションとは天然の鉱物で作られたファンデーションで、防腐剤などの刺激物が使用されていないため、肌への負担が少ないとされています。SPF30・PA++で紫外線から肌を守り、毛穴を隠してセミマット肌に仕上げてくれると話題です。
(税抜 3,000円)

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーションは、ベースメイクがこれ一つで完成する多機能なパウダーです。もちろん石鹸などの洗顔料だけで落とすことができるうえ、薬用有効成分が配合しているためメラニンの生成も抑えてくれます。SPF50/PA+++で紫外線対策も万全です。
( 税抜 3,100円)

●肌断食メイクのポイント

肌断食中のベースメイクや日焼け止めもお湯や石鹸でオフできるものならば、肌への負担を最小限にとどめることができます。もしアイメイクなど他のポイントもメイクする場合は、部分的にクレンジングクリームなどでメイクをオフし、クレンジング剤の使用を最小限に抑えるようにしましょう。

肌断食の際、化粧水なしが不安なひとは

肌断食はスキンケアを行わないで肌本来の回復力を促す美容法ですが、いきなり全てのスキンケアをやめるのが肌断食と決まりというわけではありません。失敗を防ぐためにも、自分の肌にあった方法から初めていくことも大切です。

●スキンケアを徐々に減らしていく

肌本来の力を失わせているのは、過度のスキンケアが原因になる場合もあります。段階を踏んでスキンケアの使用をやめていくことで、効果を実感できる場合があります。美容液、乳液やクリームなどの保湿からやめていくのがおすすめです。

●スポット保湿

肌断食を行う際に、いきなり全てのスキンケアをやめることに抵抗がある方は、乾燥しやすい部分だけ保湿を行うスポット保湿もおすすめです。肌全体ではなく、気になる部分だけスキンケアするこの方法は、全てのスキンケアをやめるよりも肌にかかる負担を減らすことができます。

●ワセリンを使用する

乾燥が気になるという方にはワセリンの利用がおすすめです。精製度が高い少量のワセリンは負担をかけることなく肌を保護してくれるため、優しく薄く肌に伸ばすことで、乾燥が悪化してしまうことを防いでくれます。ワセリンの精製度は高ければ高いほど透明になり、肌への負担が軽減されます。
肌断食は、スキンケアをやめて肌本来の力を回復させることが目標の美容方法ですが、できる範囲から少しずつ、外からの補助を減らしていく方法でも効果を得られると言われています。自分のライフスタイルや肌質に寄り添った肌断食の方法を選ぶようにしましょう。

肌断食をより効果的に行うためには

肌断食をより効果的に行うには、他にどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

●規則正しい生活

美肌の基本は正しい生活習慣の実行です。効率的な細胞の修復・再生には、睡眠が必要不可欠とされています。ですので、なるべく不要な夜更かしは避け、睡眠時間を確保するように心がけましょう。また、毎日同じ時間に眠りにつき同じ時間に起きるようにすると、体内リズムが整い、質の良い睡眠が得られ、お肌の大敵である疲労の回復やストレスの軽減につながると言われています。

●整った食生活

肌は毎日の食事によって作られるため、毎日3食きちんと食事を行うようにしましょう。特に美肌に欠かせないのが、たんぱく質とビタミン類です。たんぱく質は肌の基礎を作り、ビタミンは肌の健康維持に不可欠な成分です。食事での摂取が難しい場合は、サプリメントを補助的に摂取すると良いかもしれません。

●水分補給

肌の水分量が少なくなると、肌のバリア機能が低下します。肌断食中はスキンケアを行わないため、肌の水分量が一時減少する場合があります。そのため、体内からきちんと水分を補うことが、美肌を目指すうえでとても大切になってくるのです。
肌断食は肌の外側から内側に働きかける美容法ですが、上記のような体の中からの肌への働きかけがなにより美肌には大切です。肌断食だけに頼るのではなく、きちんと健康的な生活を心がけるようにしましょう。

肌断食で健康的な肌を取り戻そう

メイクやスキンケアを行わないことで肌本来の回復力を取り戻す肌断食。肌断食を正しく行うと、乾燥や角栓の詰まり、毛穴の広がりの改善が期待できます。
しかし、誤った方法で肌断食を行ってしまうと期待した効果が現れないだけではなく、肌の状態が以前より悪化してしまう場合があります。もしそのように肌断食に失敗してしまった場合は、なるべく早めに医師の指示を仰ぐようにしましょう。

また、 肌断食だけで完全な肌の健康を取り戻そうとするのではなく、健康的な生活や食生活を心がけることが美肌を目指す上では大切です。
週末肌断食など、自分のライフスタイルに合った肌断食と健康な生活で肌トラブルを改善し、美しい肌を手に入れましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事