ホットクレンジングで毛穴スッキリ!ホットクレンジングの効果と選び方

ホットクレンジングで毛穴スッキリ!ホットクレンジングの効果と選び方

メイクがスルスル落ちて、おまけに肌がキレイになると噂のホットクレンジング。最近は「ホットクレンジングジェル(ゲル)」の名称でドラッグストアでもよく見かけますよね。ホットクレンジングの気になる毛穴効果や正しい使い方を、分かりやすく解説します。

ホットクレンジングって一体何?

肌を温めることによって毛穴を開き、メイクや皮脂汚れを落としやすくするホットクレンジング。肌の上に乗せると発熱する、温感成分が配合されたジェルを使えば、蒸しタオルや美容スチーマーを使わずとも、毛穴のディープクレンジングが可能です。

クレンジング剤には、クレンジングミルクやクレンジングオイル、シートタイプのメイク落としなど、様々な種類があります。肌を温めながら汚れ落ちをよくするというホットクレンジングのコンセプトは、毛穴に詰まった汚れを効率的に取り除くことができる、画期的なクレンジング法だと言えるでしょう。

ホットクレンジングは、メイクや皮脂汚れを落としやすくするほか、古い角質を除去して肌のくすみを取ったり、皮膚をやわらかくして保湿ケアの浸透性を高めたりする効果も期待できます。ホットクレンジング剤の種類によって洗浄成分や美容成分に違いがあるので、品質表示をよく見て、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

ホットクレンジング剤の選び方、また肌の汚れをやさしく落として美肌へと導くための、正しい使い方を見ていきましょう。

肌を温めて毛穴までスッキリ!ホットクレンジングのメリットとデメリット

油分を多く含むメイクや皮脂汚れをきれいに落とすには、オイルを使って溶かし出す、または界面活性剤の入ったクレンジング剤で乳化させるといった方法が考えられます。界面活性剤が入っていないピュアオイルを使ったクレンジング法では、毛穴からメイクを溶かし出せたとしても、そのオイルを水で洗い流すのは難しいですよね。オイルをコットンなどで拭き取ったあと、油分を落とすための洗顔が必要になってきます。

この方法では時間も手間もかかってしまうので、市販のクレンジング剤のほとんどは、水と油を乳化させる界面活性剤が配合されています。界面活性剤のおかげで、クレンジング剤と混ざり合った汚れは、スッと落としやすくなるのです。

しかし界面活性剤の種類によっては、肌の潤いを保つのに必要な「皮脂膜」まで奪い取ってしまう可能性があります。注意すべきは、少量で強力な洗浄力を持つ、安価な合成界面活性剤です。乾燥肌、敏感肌の人が合成界面活性剤配合のクレンジング剤を使って過度な洗顔を行うと、肌荒れ、乾燥、シワなどの肌トラブルを引き起こしやすいでしょう。

でもホットクレンジングなら、界面活性剤に頼らずとも、温感効果で毛穴を開いて、毛穴の奥のメイクや皮脂汚れをスムーズに除去できます。また肌を温めることで、古くなった角質を効率よく取り除き、ターンオーバー(新陳代謝)の活性化もサポートします。また、黒ずみへの効果も期待できる優れ物なのです。

さらにホットクレンジングは肌を温めてやわらかくするので、スキンケアに含まれている有効成分の吸収率がアップしやすくなるそう。その結果、汚れはきちんと落としつつ、潤いのある美しい素肌を導き出すことができると言われています。

ただし、ホットクレンジングにはデメリットもあります。ひとつは、クレンジング時間ついて。ホットクレンジングジェルの温感作用を最大限生かすには、発熱成分が活性化して、毛穴が十分開ききるまである程度時間が必要です。蒸しタオルや美容スチーマーに比べると手軽ですが、サッとなじませて流すだけのオイルクレンジングと同じようにはいきません。

またホットクレンジング剤は毛穴を開いて洗浄力を補うため、洗浄成分は比較的マイルドです。ウォータープルーフのポイントメイクは、前もって落としておく必要があるでしょう。そもそも肌のためには、ポイントメイク落としはクレンジングと別にした方が良いと言われていますよね。

ホットクレンジング剤の選び方

ホットクレンジング剤を選ぶ際は、まず成分に着目してください。原材料や洗浄成分にこだわっているものは、比例して値段も高くなりますが、その分肌への負担を減らすことができます。敏感肌の人は、できるだけ無添加のものを選んだ方が良いでしょう。またどのような美容成分が配合されているかも見極めポイントになります。

市販されているホットクレンジング剤には、温感効果のほか、古い角質を除去する酵素入りのものや、汚れを吸着する炭入りのものなど、様々な種類があります。自身の肌タイプや悩みに応じて選びましょう。

クレンジングの後に洗顔をしなくても良い「ダブル洗顔不要」のクレンジング剤は、洗いすぎによる肌の乾燥を防ぐことができると言われています。使用感についても、温感がよくわかるものからほんのり温かみを感じる程度のもの、ジェルが硬めのタイプ、スクラブでマッサージ効果があるものなど、多種多様です。毎日のことですから、香りも大事ですよね。爽やかな柑橘系、アロマ系の香りなら、季節を問わず快適に使えそうですね。

ホットクレンジングの上手な使い方

ホットクレンジングを始める前に、マスカラや濃いアイライン、リップなどのポイントメイクを落としておきましょう。手をきれいに洗った後、よく水気を拭いてホットクレンジングジェルを手に取ります。手や顔が濡れているままでは、ホットクレンジングジェルがメイクになじみにくくなるので注意してください。またクレンジング剤の量が少ないと、十分な効果が得られないばかりか、メイクとなじませる際に摩擦で肌ダメージを与えてしまう可能性が。使用量は必ず守るようにしてください。

ホットクレンジングの温感効果を高めるには、ジェルを手に取ったあと、手のひらの上にしばらく乗せておきます。発熱成分が活性化してくるまでに少し時間がかかるので、それまでは顔に付けないというのが大事なポイントです。なぜなら、クレンジングはしっかりメイクを落とすことも重要ですが、あまり長い間クレンジング剤を肌に触れさせておくことは、肌にとって大きな負担となるからです。温感効果が感じられるまでは、手のひらの上でスタンバイしておきましょう。

ホットクレンジングジェルが手の中でやわらかく、ほんのり温かくなってきたら、やさしく顔に乗せていきます。手のひらで包み込むように、顔全体に広げます。全体になじませてから、やさしくマッサージするようにメイクとなじませましょう。乾燥やたるみの原因となるため、肌を強くこするのはNG。ホットクレンジングの温感効果を信じて、そっと丁寧に汚れを落としていきます。

すすぎはぬるま湯で念入りに行いましょう。ダブル洗顔が不要のクレンジング剤なら、水分を拭き取った後は保湿ケアに移ります。続けて洗顔する場合は、ふやけてデリケートな状態の肌を刺激しないよう、やさしく洗ってください。

ホットクレンジングのおすすめ4選

Skinvill「ホットクレンジングジェルN」

温感成分と吸着ミネラルで毛穴をしっかり洗浄してくれる、美容成分99.7%配合のホットクレンジングジェル。うるおい成分スーパーハーブロディオラなど、30種類以上の美肌サポート成分が配合されています。ダブル洗顔不要なので、洗いすぎによる肌の乾燥を防ぎます。

マナラ「ホットクレンジングゲル」

温感ゲルが毛穴を開き、カプセル化パパイン酵素が汚れをからめ取るので、スッキリ気持ちのいい洗い上り。同時に古くなった角質も取り除いてくれるため、くすみ肌対策に効果的です。着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・紫外線吸収剤・パラペンフリーで、肌にやさしい処方です。

ドクターシーラボ「VC100 ホットピールクレンジングゲル」

注目すべきは、温感効果だけでなく、たっぷり配合されたビタミンC融合体などの美容成分。肌に潤いを残したまま、汚れ残しのないクリアな肌へと導きます。パパイン酵素と乳酸が角質ケアもしてくれるから、ピーリングケアもこれ一本で済みます。

ボタニカルマルシェ「ホットクレンジングジェル」

天然由来成分90%以上のとろみジェルが毛穴を温め、気になる毛穴汚れをきれいに除去。14種のボタニカル(植物性)エキスが、肌の潤いを守ります。ラベンダー&レモングラス精油が配合された、ナチュラルな香りに癒されてください。

まとめ

温感効果で毛穴を開き、肌に負担をかけずにメイクや毛穴汚れをオフできる、話題のホットクレンジング。通常のクレンジング剤と同じく、配合されている成分や使用感は製品によって違うので、肌に合うものを上手に選んで正しく使用してくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事