夏の噴き出すようなワキ汗に悪戦苦闘?汗と臭いを抑える方法は?

夏の噴き出すようなワキ汗に悪戦苦闘?汗と臭いを抑える方法は?

汗の臭いは年中気になりますが、とくに夏場は気をつけたいですよね。なかでもワキから噴き出す汗の臭いは、ときには凶器になることもあるほど。でもこの汗さえ防げれば臭いはしないんですよね。そこで汗と臭いを抑える方法をご紹介したいと思います!

もともと汗には臭いが無いって本当?ワキ汗が臭うのはどうして?

ラッキーなことに、いつも混み合う電車で座ることができた日でも、夏の間は決して油断ができません。なぜなら目の前に強烈なワキ汗臭を放つ人が現れたなら、その座席は地獄の席と化すからです。

しかし、もっと恐ろしいことは、実は自分こそワキ汗の臭いをバラ撒いてしまっている張本人かもしれないということ!

自分の臭いは、自分では気づきにくいもの。となると汗と臭いの対策は徹底しなければなりません。

臭いの原因は汗ですが、実は汗自体は無臭でそのほとんどは水分のため、それだけでは臭いを発生しないと言われています。あの独特のすっぱい臭いや雑巾のような臭いは、皮膚の汚れなどを餌に細菌が作り出す臭いと考えられています。

場合によっては、汗腺の働きが悪いと汗の中に余分な成分が混じって臭いのある汗を分泌することもあるとかで、いずれにしても分泌された汗を処理することが重要です。

ワキ汗の臭い対策!デオドラント製品の使いすぎは危険?

そもそもワキ汗をかかないようにするのならデオドラント製品を使用する方法もありますよね。

ですが、このデオドラント製品はリスクが伴います。確かに汗を抑える効果はあるのですが、日常的に汗をかかないことで体内に老廃物が溜まってしまったり、使用前よりも臭いがキツくなってしまうこともあるのだとか。

基本的な対策ですが、やはりワキ汗をかいたらこまめに拭き取ること。それもできるだけ湿ったタオルやウェットティッシュで拭き取るのがおすすめです。

また、汗が服についてしまうと臭いが発生しやすくなりますが、これもポリエステルやアクリルなどの化学繊維でできている服は雑菌が繁殖しやすいので、着る服にも注意が必要です。

さらに肉類ばかり食べている人は、汗にタンパク質や脂質が含まれることがあるので臭いが発生しやすくなります。反対にビタミンCやE、ポリフェノールなどが含まれる抗酸化食品にはタンパク質や脂質の酸化を抑える働きがあるので、臭いの発生を防ぎやすくなります。食べ物にも気を付けましょう。

あまりデオドラント製品に頼りすぎず、生活習慣とこまめな対策でワキ汗の臭いを防ぎましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事