#プレ花嫁 必見!和装→ドレスへのヘア&メイク印象チェンジ術

#プレ花嫁 必見!和装→ドレスへのヘア&メイク印象チェンジ術

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから「彼にヘア&メイクして欲しい!」と熱い支持を得ている、ヘア&メイクアップアーティスト...

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから「彼にヘア&メイクして欲しい!」と熱い支持を得ている、ヘア&メイクアップアーティストの二法田サトシ氏。花嫁たちの魅力を最大限に輝かせる最新ヘア&メイクを、彼自身の詳しい解説でナビゲートします!
今回は、大和撫子な雰囲気漂う花嫁にぴったりな和装&ドレスに似合うヘア&メイク。最近の花嫁の特徴として、和装から純白のウエディングドレスに変更を希望される方が多く、ゲストの方々もその姿を楽しみにされている方が増えてきました。日本人ならではの伝統的な和装と、多くの女性の憧れである純白のウエディングドレスの両方を楽しめるスタイルを提案しました。どちらのスタイルにしようか悩まれているプレ花嫁必見です!

柔らかな印象の花嫁には丸みと愛らしさ満点のヘア&メイクを

日本古来から受け継がれる和装での結婚式。古都・京都での素敵なウエディングを挙げる花嫁のヘア&メイクを担当しました。
近年は和装に合わせた洋髪スタイルを選ばれる花嫁も多く、自分たちらしく「和」を取り入れたスタイルを楽しむことができます。

今回の花嫁は柔らかな印象をお持ちの方でしたので、空気感を損なわないために、まとめあげたヘアスタイルで柔らかさを表現できるよう意識しました。毛先に丸みをつけて流した前髪は、女性的な印象を引き立てます。
白無垢に合わせた半衿、小物の赤色とのバランスも考え、愛らしい赤みのあるオレンジを目元、チーク、リップに添えています。

お支度が完了して、美しい池庭の景観や自然美の中での写真撮影を。この場所ならではの贅沢な時間です。モダンな会場に和装姿がとても映えます。

人前式を選んだおふたり。祝福の拍手のなか、永遠の愛を誓い合います。
扉前での高鳴る緊張は、ゲストの皆様の笑顔で、最良の喜びになり、かけがえのない時間と絆となり、この瞬間を見届けるのが仕事冥利(みょうり)に尽きるといつも実感しますね。

披露宴はモダンテイストに合わせてダリアを飾って

モダンな会場には木々が溢れ、おふたりならではの空間がゲストを迎え入れます。会場中央には流しのテーブルを入れ、華やかな装飾に。季節を感じられる装花が素敵なアクセントになっています。

披露宴では、花飾りを胡蝶蘭から赤のダリアにチェンジ。赤が差し色で入ると、白無垢とのコントラストもより印象的なものになります。
ヘアスタイルは同じでも、付けるものによってイメージを変える事が出来ます。さらに、挙式から披露宴まで時間がないなかで印象的に変えたいなら、大胆に花飾りを変えることをおすすめします。

お色直しはフェミニン×スタイリッシュな印象に!

お色直しは花嫁の魅力を引き立ててくれるウェディングドレスにチェンジ。差し色にはモーヴなピンクが印象的なブーケに、スタイリッシュなグリッターパンプスを合わせていました。

繊細なウェディングドレスに合わせたお色直しでは印象を変えることも大切ですが、その人の素敵なところを引き立てることが最重要です。今回の花嫁は和装のときにも触れましたが、柔らかな印象がある方なので、それを生かしつつ洗練された印象を添えられるよう意識しました。

まず、髪の毛には太めのアイロンで柔らかな動きをつけ、ポニーテールで首回りをスッキリ見せます。ふんわり感を出しつつ、アイロンやスタイリング剤でツヤのある部分を入れることで、ほどよい大人っぽさをアピール。
リップはシックなピンクで色味をなじませ、フェミニンさとスタイリッシュさを併せ持ったスタイルの完成です。

ウエディングドレスにベールをダウンし、お父様とのお色直し後の入場の様子。特別な想いが伝わる素敵な演出です。

披露宴はゲストと近い距離で過ごせるようメインソファに。ソファは正面にテーブルがないのでドレスも全身写真に残せますね。どの角度から撮っても素敵に映るので、参考にしてみてください。
大切な方々と一緒に楽しまれた素敵なパーティーでした。いつまでもお幸せに!!

★今回のワンアイテム紹介★

和装に合わせたオレンジチーク・・・キッカのフローレスグロウ フラッシュブラッシュ 03 サニーキッス

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 03 サニーキッス ¥3,000、ケース¥2,000/カネボウ化粧品

着物や小物の色味に合わせてセレクトしたオレンジチークは、愛らしくフレッシュな印象を与えてくれます。また、肌の色もワントーン明るく見え、ほどよい血色感ある美人顔になります。

文/二法田サトシ

関連キーワード

関連記事