夏に発症しやすい大人の「あせも(汗疹)」!原因や予防方法について

夏に発症しやすい大人の「あせも(汗疹)」!原因や予防方法について

あせもといえば赤ちゃんに多い肌トラブルと思いがちですが、実は大人になってからも頻繁に起こりやすい症状の一つなんです。あせもを予防・改善するには一体どのようなケアを行えば良いのでしょうか?詳しくチェックしていきましょう。

夏のお悩み、あせも(汗疹)の原因とは

汗を大量にかいた後、そのまま放置してはいませんか?あせもの原因は日常生活の至るところに潜んでいると言われています。

【汗疹の原因とは?】

<汗管のつまり>
私たちの皮膚には汗が流れ出てくる器官「汗管」が全身に分布しており、この器官に汗が詰まってしまうと皮膚表面から汗が上手く出てこなくなるため水膨れ・赤いブツブツなどの炎症を引き起こします。

<通気性の悪い服・座りっぱなし>
通気性の悪い服や生地が厚いストッキングを着用したまま長時間デスクワークをすると身体が蒸れ、あせもが発症しやすくなります。夏場はできるだけ通気性がよく涼しい服装を心がけ、接触冷感クッションなどのアイテムを有効活用しましょう。

〜注意点〜
あせもがかゆいから…と掻きむしってしまうとその部分に細菌が感染して重症化するそうです。あせもができたら爪は短くカットし、掻くのが我慢できない場合はガーゼで患部を保護するなどの工夫が良いそうです。

あせも(汗疹)の予防は、こまめに汗を拭き取って清潔に!

あせもを予防するには汗をかいた後の対処がポイントなんだそうです。

【あせも(汗疹)の予防方法について】

<汗をこまめに拭き取る>
汗管が詰まらないよう、汗が流れ出てきたらこまめに拭き取るよう心がけましょう。ただし、乾いたタオルで何度もゴシゴシこすってしまうと肌に負担をかけてしまうため、濡れタオルを使用したり、外出先ではウエットシートなどを常備しておくことをおすすめします。

<シャワーを浴びる>
汗をかいたら出来るだけ早めにシャワーを浴び、身体を清潔にしましょう。湯船に浸かる時は、設定温度をぬるめにしましょう。汗疹が出やすい肌は敏感な状態になっているので、熱いお湯につかるとかゆみが出たり、必要な肌の油分まで奪われて乾燥してしまい、肌をより敏感にさせてしまうそうです。そして、お風呂から上がったらタオルでしっかり水気をふき、汗疹に良いと言われるローションなどを使って保湿するのも良いですね。

いかがでしたか?暑い夏はまだまだ続きますので、汗対策をこまめに行って、健康な肌で過ごしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事