NASAも注目!? スーパーフード「ブルーグリーンアルジー」の美容効果

NASAも注目!? スーパーフード「ブルーグリーンアルジー」の美容効果

宇宙開発に関わる連邦機関、NASAも注目していると言われるスーパーフード、ブルーグリーンアルジーをご存知でしょうか?日本ではまだ馴染みの少ない食材ですが、なんと35億年も前から地球に存在していて、栄養成分の整った素晴らしい美容食材の一つなんです。

ブルーグリーンアルジーに期待できる美容効果

ブルーグリーンアルジーとは、学名をアファニゾメノン・フロス・アクア(略してAFA)といい、天然の藍藻類なんだそうです。最近では、ミドリムシやスピルリナといった藻類を配合したサプリメントが流行していますが、これらの藻類は養殖であることがほとんど。AFAについては養殖できない天然の藍藻類なので、より質の高い栄養素が豊富に含まれているそうです。

【ブルーグリーンアルジーに期待できる効果とは】

<アンチエイジング・疲労回復>
ブルーグリーンアルジーに含まれるビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類をはじめ、ポリフェノールなどの抗酸化成分には疲労や老化の原因となる活性酸素を抑制し、細胞から健康的な肌・体へ改善する効果が期待できます。

<新陳代謝を促進>
血管の主要成分であるケイ素やヘモグロビンを増加させるクロロフィルなどの栄養成分が豊富に含まれています。

<腸内活性化>
腸の蠕動運動を促す、不溶性食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘を解消すると同時に腸内を活性化する働きがあります。

ブルーグリーンアルジーを使ったおすすめの美容レシピ

疲労回復効果を促すことで有名なタウリンたっぷりのイカ・タコをW使いした夏におすすめの美容レシピ、冷製シーフードリゾットの作り方をご紹介します。

【ブルーグリーンアルジー入り冷製シーフードリゾット】
<材料>
・玄米ご飯 150g
・タコ 50g
・イカ 50g
・えび 3尾
・セロリ 1/3本
・サラダ玉ねぎ 1/4個

<調味料・スパイスなど>
・白ワイン 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ2
・ブルーグリーンアルジーパウダー 小さじ1/2
・塩 適量
・ブラックペッパー 適量
・粉チーズ お好みの量
・乾燥バジル 少々

<作り方>
1.セロリはピーラーで筋を取り薄切りにカット、サラダ玉ねぎはみじん切りにします。
2.エビは殻・尻尾を剥き、背わたを取っておきます。タコ、イカは一口大にカットましょう。
3.少量の塩を加えたお湯で2を茹でます。中まで火が通ったら氷水で冷やしましょう。
4.ボウルに冷たい玄米ご飯、1の野菜、3のタコ・イカ・えび、調味料・スパイスを加え、しゃもじで切るように混ぜます。
5.4をお皿に盛り付けて完成です。

<ブルーグリーンの取り扱いポイント>
ブルーグリーンアルジーの栄養素を効率よく摂取するには調理の際、高い熱を長時間加えないことが大切なポイント。もし温かい飲み物や料理に加える場合は、40度以上の熱を加えないようにするのがおすすめです。

いかがでしたか?ブルーグリーンアルジーはリゾット以外にもサラダ・スムージーなど幅広いレシピに応用可能です。是非、この機会にスーパーフード、ブルーグリーンアルジーを日々の食生活にプラスし賢くインナーケアを楽しみましょう!

※参考文献
「神秘の古代食 AFAブルーグリーンアルジー」(坂野順造氏/2005)

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事