【ベスコス2018】乳液部門TOP3発表! やっぱり【アルビオン】はすごかった!!

【ベスコス2018】乳液部門TOP3発表! やっぱり【アルビオン】はすごかった!!

VOCEの歴史とともに歩んできた名物企画であり、日本を代表するビューティアワード「VOCEベストコスメ」。モノも情報も溢れている時代だからこそ、真にイイものをお届けしたい! そんな並々ならぬ熱量で選び抜いた、乳液部門TOP3を大発表!!

【乳液部門◆第3位】

コスメデコルテ AQ ホワイトニング エマルジョン(医薬部外品) 200ml ¥10000

ストレスフリーな発光白玉肌へ
防ぎようのないストレスに加齢が絡むことで出現する手ごわいシミやくすみ。そのメカニズムを解明し、誕生した乳液は、柔らかく心地よい肌なじみと深呼吸を誘う香りで本能にうったえかけて肌をリラックス。肌の感度を高めて、美白&エイジングケア効率を上げる。

こんな肌に◎
☑美白ケアをしているのにイマイチ効かない
☑乾燥でキメが乱れて肌色がくもって見える
☑ストレス&緊張で呼吸が浅くなりがち

「ストレスから解き放たれた受け入れ状態の肌は、しっとりと白く、すべての女性が求める質感に」

「心も肌もほぐしてくれるリラックス力×美白で乾燥やくすみからも解放され、ツヤ肌に」

【乳液部門◆第2位】

THREE トリートメント エマルジョン 90ml ¥6500

乳液アンチを絶滅させる充足感
ブランド名THREEを冠したホリスティックラインから乳液も入賞。たっぷりの潤いで隙なく満たし、肌本来のアンチポリューション力を高める機能も魅力だが、無条件に好きと思わせるまろやかな感触とほの甘くスパイシーな香り、肌をほぐす基礎力の高さが秀逸。

こんな肌に◎
☑季節の変わり目に荒れやすい
☑Tゾーンはテカり、頰は乾く混合肌
☑ストレスフルなので何より癒やされたい

「精油の香りと上質なテクスチャー。いらだった肌と心がほぐれていくような、ホリスティックな力を秘めている」

「やわやわと肌がほぐれてふわりと立ち上がる。乳液という基本ケアのチカラを改めて実感」

【乳液部門◆第1位】

アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトニング パンプ ミルク(医薬部外品) 200g ¥7000

冴えた肌色もハリも最速でお届け
乳液部門の常連、アルビオンからまたもやスーパーミルクが登場。メラニン、糖化、カルボニル化による "肌色のセピア化" を標的に、コクのあるファーストタッチ、みずみずしい潤い、速攻的なハリ出し力で圧倒。鏡を見れば透明感がみなぎり、美白力も間違いナシ!

こんな肌に◎
☑シミだけではなく色ムラが気になる
☑肌色が年々暗くなり、ファンデの色が微妙
☑ハリと透明感、両方、今すぐ欲しい!

「角質層をふっくら膨らませることが肌を白く透明に見せる最速のテクニックだと改めて。乳液美白というアプローチはまさにアルビオンの発見」

「肌を柔らかくほぐしながら美白効果も期待できる優秀な一品! 将来の自分に自信をつけてくれそうです」

「ふかふかな肌に耕すアルビオンらしさに加え、明るく透き通る手ごたえまで。もちろん夢中!」

「ベタつかないのにハリがみなぎる。サッと浸透して保湿される夏向けに最高の質感」

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2018年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:57名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(12)、メイク部門(17)の全部門、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門の各部門(17)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらにスキンケア部門、メイク部門の各部門の中で、獲得点数が高かった上位2品を最優秀賞、優秀賞として表彰。

撮影/吉田健一(No.2)、伊藤泰寛 取材・文/楢崎裕美、中川知春、小池菜奈子 構成/与儀昇平

ベストコスメをまとめてチェック!→2018年上半期ベストコスメ特設ページはこちら

【NEWS】→マイページにログインして、編集部セレクトの豪華プレゼントや、スペシャルイベントに応募しよう♪

関連キーワード

関連記事