30秒でモチぷる肌になれる!? 人気の「洗顔ブラシ」を使いこなす方法

30秒でモチぷる肌になれる!? 人気の「洗顔ブラシ」を使いこなす方法

洗顔ブラシは正しく使えば美肌の味方。肌に悪い?毛穴が広がる?ニキビや肌荒れのときは? プチプラのダイソー、伝統の熊野筆、音波洗顔のクリニークなど、人気ランキング上位アイテムをチェック。洗顔ブラシの効果とデメリット、肌質別・年代別の使い方を紹介します。

もう一度おさらい! 洗顔と洗顔ブラシのウソ・ホント

洗顔は美肌の基本。それだけに、さまざまな情報が溢れていて、かえって判断に迷うことも。洗顔や洗顔ブラシについて、よくある疑問に答えながら、知っているつもりの洗顔をもう一度チェックしてみましょう!


●朝洗顔は必要ない?
朝は忙しいし、メイクを落とすわけじゃないから、簡単に水で洗うだけで済ましてしまうという方も多いかもしれません。
でも、寝起きの顔って、ベタつき、てかりが気になりますよね。そこには夜に落としきれなかったメイクや汚れ、寝ている間に分泌された皮脂などが潜んでいます。こうした肌表面の汚れや皮脂、不要な角質を落とすこと、これが朝洗顔の役割です。

●洗顔は時間をかけて、ていねいに?
確かに、力まかせにゴシゴシ…は肌を傷つける恐れもあるためNG。また、時間をかけすぎると、必要な潤いまで落とすことにつながり、こちらも肌に悪いと考えられます。
洗顔料の洗浄成分による刺激を抑えるためにも、泡を顔につけている時間は、朝洗顔なら15秒程度、夜洗顔でも1分以内にとどめましょう。ただし、泡立てはしっかりと、すすぎはていねいにすることを心がけましょう!

●お風呂で洗顔、タイミングはいつ?
帰宅したら、まずルームウェアに着替えてメイクを落としたい、という女性は多いはず。中には、先にクレンジングだけして、あとからお風呂で洗顔をするという方もいるでしょう。しかし、クレンジング→洗顔→スキンケアの3ステップは、間をあけないことが大切です。

湯気もうもうの浴室だから肌も潤うと、油断したら大間違い。入浴してすぐに洗顔すると、肌は無防備な状態に。お湯の温度が高いほど、肌の保湿成分や皮脂が溶け出し、どんどん乾燥してしまいます。

これを防ぐには、髪や体を洗い終わり、お風呂から上がる直前に洗顔をするのが理想的。ゆっくり温まれば、肌がやわらかくなり、汚れを落としやすくなるという利点もあります。お風呂を出たら、できるだけ早く保湿ケアをしてくださいね。

●手洗顔は肌にやさしいって、ホント?
泡で汚れを浮かしてとる手洗顔。きちんと汚れを落とすにはブラシ洗顔よりも時間がかかり、その分、肌への負担が増すことになります。また、手指を均一の力で動かすのは至難の業で、毛穴によけいな力がかかりがち。この点では、安定した動きで効率よく汚れを落とせるブラシ洗顔のほうが肌への負担は少ないと言えそうです。

●どんなときでも洗顔は手抜きなし?
肌質・肌悩みは人それぞれ、コンディションも一定ではありません。年齢を重ねるにつれ、ライフスタイルも変われば、肌もまた変わっていくもの。今の自分にとって何がベストかを知り、目的に合ったやり方や効果的なアイテムを選ぶことが「理想の洗顔」に近づく第一歩です。

洗顔ブラシは肌に悪い?毛穴が広がる? ニキビや肌荒れに効果があるのは?

洗顔ブラシを使うと肌を傷めるとか、毛穴が広がってしまうとか心配する声も聞かれる一方で、手洗顔では毛穴の奥の汚れまでとりきれないという声も。手洗顔にもブラシ洗顔にも一長一短があるのです。それぞれの効果とデメリットを踏まえて、肌悩みやコンディションに合わせた使い方を考えてみましょう。

ブラシ洗顔はムラなく綺麗に洗えて、毛穴の黒ずみもスッキリ。古い角質もとれるため肌のトーンが明るくなり、化粧水や美容液の浸透率もアップ。さらには、適度な刺激でマッサージ効果もありと、いいことづくめ?! しかし、洗浄力の高さゆえに「洗いすぎ」のリスクも。その結果、乾燥を招いたり、肌を傷つけたり、さらに深刻なケースでは、過度の刺激で真皮にメラニンがたまり始め、ターンオーバーを乱す恐れもあります。

【こんな肌悩みにオススメの洗顔】

●毛穴の黒ずみ、肌のくすみ・ごわつきが気になる――毛穴の汚れや古い角質がたまっているのかも。あるいは、肌の血行不良がくすみの原因かもしれません。こんなときは洗顔ブラシの出番です。毛穴の汚れがしっかりとれて、マッサージ効果による血行不良の改善も期待できます。

●シミ、しわ、毛穴のひらきが気になる――それは乾燥が原因です。皮脂量は30代から急激に減少するため、皮脂をとりすぎないように、手洗顔か肌あたりのやさしいブラシがいいでしょう。低刺激の洗顔料にかえるのもオススメです。

●ニキビ、肌荒れが気になる――ニキビ予防には肌を清潔に保つのがいちばんですが、ニキビができてしまったら刺激はNG。いつも以上にやさしい洗顔、ていねいなすすぎを心がけましょう。入浴時には、シャンプーやボディソープがつかないように気をつけて。洗顔後の保湿もしっかりしてくださいね。

【こんな肌質の方にオススメの洗顔】

●敏感肌、乾燥肌――加齢とともに減少する皮脂や保湿成分「セラミド」をとりすぎないように、手洗顔か穂先のやわらかな筆タイプの洗顔ブラシで「やさしい洗顔」を心がけましょう。

●脂性肌、混合肌――密度の濃い泡をたっぷり使ったブラシ洗顔がオススメ。皮脂の多い部分から洗い始めましょう。一度でスッキリしなければ、気になる部分だけ2度洗いするのもOK。強さの切り替えられる洗顔ブラシなら、Tゾーンは強めモードでしっかりと、頬などは弱めモードでソフトにという使い分けも可能です。

【タイプ別 洗顔ブラシ】手動と電動、それぞれの効果とデメリット

【手動式】
大きく分けて「ブラシ」と「筆」の2タイプがあり、柄や植毛部分の材質、大きさ、毛の植え方もさまざまです。使うときによけいな力が入らないように、できれば実際に手にとって握りやすいものを選びたいところ。店頭に見本が置いてあれば、ぜひ肌触りも確かめてみましょう。

肌あたりがやさしいのは、なんといっても筆タイプ。その分、洗浄力の点で物足りなさを感じるかもしれませんが、狭いところまで極細毛が入り込み、汚れをかき出してくれるので、場所によっては大いに力を発揮します。

たとえば、眉間。シワがよりやすく、その溝にメイクや皮脂汚れがたまりやすいという厄介な場所です。狭い眉間、なおかつシワの溝の汚れまできちんと洗うには筆タイプ、特に毛先の小さな「小鼻専用ブラシ」がオススメです。

一方、頬はファンデーションやチークなどを重ねづけすることが多いため、気づかないうちに毛穴汚れがたまる場所。頬は面積が広いので、肌にあたる面が平らで広い範囲を洗える形のブラシが適しています。時間をかけて蓄積した汚れを一度で取り去るのはむずかしいでしょうが、やりすぎには注意してくださいね。回数を重ねるうちに、肌のトーンも上がってくるはずです。


【電動式】
手動式と電動式の比較については、歯ブラシと電動歯ブラシの関係を考えればわかりやすいかもしれません。

歯ブラシを握ってゴシゴシ……つい力が入って、エナメル質や歯茎を傷つけることも。おまけに、ブラシの角度を調節するのは難しく、どうしても磨き残しが出てしまう場合があります。その点、電動歯ブラシなら軽く持っているだけで、動きも一定。細かい振動で、ムリなく汚れを落としてくれます。これは、そのまま洗顔ブラシにもあてはまります。

さて、電動ブラシは大きく分けて「回転式」と「音波振動式」の2つに分けられます。
回転式は文字どおり、ヘッドが回転して肌表面の汚れを落とすもの。対する音波式は、1秒間に数百回という細かい振動で汚れを浮かして落とします。

概して、音波式のほうが肌への負担が少なく、洗浄力も高いと見られていますが、ヘッド部の素材や形状、回転・振動の強度を選べるといった機能の有無など、製品スペックはさまざま。手動式に比べると価格帯も高いため、十分に比較検討したうえで選びたいものです。メンテナンスについてもチェックを忘れずに。

【手動ブラシ】ランキング上位! プチプラのダイソー、伝統の技「熊野筆」

複数の口コミサイトや人気ランキング上位に登場する洗顔ブラシの中から、注目アイテムをピックアップ! タイプの異なる製品について、価格や材質、機能性、メンテナンスのしやすさなど、それぞれの特長をご紹介します。

★ダイソー「ごくやわ洗顔ブラシ」300円(税別)

プチプラなのにすごい!と評判なのが、このブラシ。柄は木製で、手にすっぽりおさまる形も可愛いです。毛はナイロン製ですが、極細毛が密集していて、その名のとおり「ごくやわ」な肌触りです。表面が平らで肌にあたる面積が広いため、額や頬など平たく広い部分を洗うのに適しています。毛穴の汚れだけでなく古い角質もいっしょにとれて、肌のトーンアップも期待できそうです。ちなみに、ダイソーには筆タイプの「小鼻専用洗顔ブラシ」(100円・税別)もあるので、セット使いもオススメです。

「評判どおりの使い心地で大満足! 」という口コミが多く聞かれますが、中には、チクチクする、毎日使っていたら毛穴の開きを感じて使用をやめたという声もあるため、力かげんや使用頻度には注意しましょう。なお、しっかり密度の濃い泡を作りたい!という方は、先に洗顔料を泡立てておき、たっぷりの泡を顔にのせてからブラシを使うのがオススメ。使用後は水洗いをして、よく乾かすだけと、お手入れも簡単です。

★熊野筆 喜筆「ハート洗顔ブラシ」小2,376円/中3,000円/大4,320円(税込)

「筆の都」広島県の熊野町で生産される伝統工芸品、熊野筆。熟練の職人が生み出す製品は、まさに一生モノです。複数のメーカーが「熊野筆」の名を冠したブラシを作っており、柄の材質やサイズによって価格には若干幅があるもよう。毛については、山羊毛とナイロンの併用が大半を占めるなか、抗菌加工したPBT(人口毛)100%のものもありました。

今回は、その中でも特に可愛いと評判の「ハート洗顔ブラシ」をご紹介します。
「熊野筆」から連想される渋さとはかけ離れた愛らしいブラシ。しかし、その形にはちゃんと意味があるのです。ハートのくぼみに空気を取り込むことでキメ細かな泡ができること。ふたつの山に力が分散されるため、肌への負担が少なく、マッサージ効果も得られること。そのうえ、ナイロンを3ミリ低く植えてあり、肌にあたるのは山羊毛のみという、さすがの職人技。姉妹品の「フラワー洗顔ブラシ」(3,240円・税込)も大人気で、贈り物としても喜ばれています。

熊野筆の特長は、肌へのやさしさと泡立ちのよさ。まず穂先に水を含ませ、軽く水気をとってから、手にとった洗顔料か石けんの上でブラシを回転させると、みるみるキメ細かな泡が立ってきます。熊野筆の場合は固形石けんが使いやすそう。泡をたっぷりすくって、そのまま洗顔へ。肌の上でクルクルと円を描くように使ってみましょう。やわらかな穂先が毛穴の奥まで届いて汚れをかき出してくれます。

ちなみに、熊野筆にも小鼻用ブラシ(1,360円・税込)があり、小鼻以外にも重宝しそう。ただ、肌あたりのやさしさゆえに、やはり洗浄力の点で物足りないという声も聞かれます。

使用後は、穂先をきれいに洗って、しっかり乾かすこと。このとき、水分を早く切ろうとするあまり、穂先をぎゅっと絞ることは避けましょう。

【電動ブラシ】ランキング上位のクリニーク、海外セレブ愛用のアイテムまで

高価格のものが多い電動ブラシ。長く使い続けるために、ここをチェック!

<回転式>★ニトリ「フェイシャルクリーナー」1,420円(税別)

やわらか洗顔ブラシ、シリコン洗顔ブラシ、さらに美顔ローラーという3種のヘッドが揃った充実のセットで、この価格は驚き! 携帯しやすいピンクのケース入り。アルカリ乾電池(単3形)×2個(別売り)

<回転式>★アレティ・ウォッシュ コンプリートキット 4,300円(参考価格)

洗浄力に自信ありの「こだわりの回転式」。4つのアタッチメントで洗顔からフェイスマッサージ、ボディケアまで自宅でできる優れもの。力を入れすぎると自動で停止する安全装置付きなので安心です。防水仕様でお風呂でも使用可能。交換用アタッチメントの別売りもあります。

<音波振動式>★クリニーク ソニックシステム ピュリファイング クレンジングブラシ 本体セット(本体/ブラシヘッド/ブラシカバー/充電器)11,500円(税別)

有名スキンケアブランドから誕生した音波洗顔ブラシ。オーバル型のブラシヘッドは小鼻や髪の生え際など洗いにくい部位にも届き、2種類の植毛をTゾーンと頬など洗う場所によって使い分けます。防水仕様で、電源を入れてから30秒で自動停止する機能付き。別売りで脂性肌用の替えブラシ(2,800円・税別)もあります。

<音波振動式>★FOREO フォレオ・ルナミニ2 18,000円(公式サイト価格・税別)

海外セレブも愛用する製品は、丸く平たい形で従来の洗顔ブラシとは大きく異なるもの。世界初のシリコン製で、表裏2種類の突起が毎分8000回の振動でやさしく肌をタッピング。振動強度は8段階から選ぶことができ、すっきり洗える上に、使うだけで肌の水分量がアップ!また、防水仕様で丸ごと水洗いできる点もオススメ。ナイロンブラシより衛生的に洗えると言われています。

<音波振動式>★日立 ハダクリエ ホイップ&ウォッシュ 濃密泡洗顔 熊野筆(R) 5,532円~

ヘッド部に「熊野筆」を採用した電動ブラシ。熊野筆を回転させてキメ細かな泡を作れる「ホイップモード」、泡を含んだ熊野筆を音波振動させて肌表面の汚れを浮かせて落とす「ウォッシュモード」の2機能を搭載、肌にやさしい泡洗顔を実現しました。
泡立ても、洗顔も、所要時間はわずか2分。こちらも防水仕様です。使用後は、ブラシを本体から外して、しっかり乾かしましょう。交換用のヘッドも販売していますが、熊野筆だけに安くはないようです。

<音波&回転式>★フィリップス ビザピュア アドバンス (参考価格19,850円/替えブラシ価格1,200円)

電動歯ブラシで培った技術とノウハウが生み出した洗顔ブラシ。3Dの強力な動きで、回転と振動による洗浄力は、なんと手洗顔の10倍(メーカー調べ)。気になる汚れを徹底的に落とすにはオススメですが、洗顔力が高すぎるゆえに、くれぐれもやりすぎないよう使い方にはご注意を。
なお、この製品は付属品が豪華!肌の調子を整える「タッピングヘッド」と目元のクマやくすみに使える「フレッシュアイヘッド」がついています。

あなたの綺麗がきっと見つかる!自分に合った洗顔ブラシの選び方と使い方

朝の忙しいとき、夜疲れて帰ってきたとき、洗顔がひどく面倒になることもありますよね。でも、始めてしまえば、ほんの数分のこと。できれば、毎日の習慣にしてしまいましょう。

最後に、これだけは押さえておきたい洗顔のポイントを挙げておきますね。

1、洗顔前に、顔と手・ブラシは濡らしておく。
2、洗顔料はしっかり泡立てる。ブラシ洗顔のときは、手洗顔のときより、たっぷりと。
3、泡をのせるのは、皮脂や汚れの気になる部分から。
4、洗顔は手早く、すすぎは「ぬるま湯」で、ていねいに。特に、額の生え際やこめかみなどの洗い残しに気をつけて。
5、洗顔ブラシは使いすぎない。まずは週1度から。
6、洗顔に力は不要。ブラシを肌に押しつけないようにするのがポイント!
7、洗顔ブラシは清潔に、きちんと乾燥させて雑菌の繁殖を防ぐこと。

以上の点を参考に、これまでの洗顔方法やブラシの使い方を見直して、できることから改善していきましょう。

朝晩の洗顔のとき、まず手のひらや指先でそっと顔に触れてみてはいかがですか?
指に吸いつくような感触なら気分も上がりますよね。もし、肌荒れやざらつきが気になったり、少し乾燥気味かなと感じたりしたときは、洗顔に工夫しましょう。
最初は面倒でも、気持ちよさがクセになったらしめたもの。お肌にも、キモチにも負担なく、楽しんでつづけられること、それが洗顔「最適化」の秘訣です。
肌への負担は最小に、効果は最大に、日々の洗顔で「もちぷる肌」を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事