夏バテが「肌荒れ」原因に!? おすすめの食事対策・美容レシピも!

夏バテが「肌荒れ」原因に!? おすすめの食事対策・美容レシピも!

夏バテの症状といえば全身のだるさ・疲労感といった体に関する不調と思いがちですが、実は夏バテは女性であれば誰もが避けたい肌荒れの原因にもなりやすいことをご存知でしょうか?今回は夏バテを予防・改善するおすすめの食材・レシピのご紹介です。

夏バテが肌荒れの原因になる理由と、おすすめの食事対策

夏バテの主な原因は、暑い室外と冷房のきいた室内のその温度差によって自律神経が乱れ、体温の調整機能が不調になることにあると言われています。

それに加えて、暑さをしのぐために冷たいものばかり口にしていると、栄養バランスが崩れてしまい、お肌に必要なタンパク質、ビタミンやミネラルが不足するため、ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こしやすくなるのです。

そこで、暑い夏を元気に乗り切る対策をご紹介します。体に症状が出る前から、少しずつ意識して取り入れていただけると、良い効果が期待できると思います!

【今日から実践したい夏バテ対策!】
食欲不振をそのまま放置してしまうとますます肌荒れや体調不良は悪化してしまうため、まずは少量でも良いので栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

例えば、やりがちな「そうめんだけ食べる」という食事。エネルギーの転換に必要なビタミンB群が不足し、体力の回復に必要なタンパク質も不十分です。

次にご紹介する、ビタミンB1の働きを高めるイオン化合物や暑さによるストレスで大量に消耗されやすいビタミンCが含まれる食品も積極的に食べるようにしましょう。

【夏バテを防ぐおすすめの成分・食材】
<タンパク質>
魚介・肉・卵・大豆製品など

<ビタミンB1>
魚介・肉(特に豚肉)・大豆製品など

<ビタミンC>
ゴーヤ・スイカ・いちごなどの野菜・果物類

<イオウ化合物>
にんにく、にら、ねぎなど

夏バテ解消におすすめの美容レシピ〜うなぎとゴーヤのチャンプルー〜

各種ビタミン・ミネラルを効率よく摂取できる夏バテ解消レシピ、うなぎとゴーヤのチャンプルーの作り方です。隠し味として爽やかな香りが食欲をそそる「柚子胡椒」をプラスしてみました!

【うなぎとゴーヤのチャンプルーの作り方】
<材料>
・うなぎの蒲焼き 1/2尾
・ゴーヤ 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
・卵 1個
・にんにく 1片
・塩胡椒 適量
・うなぎのタレ 1/2袋
・中華スープの素 少量
・柚子胡椒 少量
・サラダ油 適量

<作り方>
1.ゴーヤは縦半分にカットし、種・綿をスプーンで取り除いたら2mm幅にカットしましょう。
2.1のゴーヤを塩もみし、水洗いしたらキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
3.にんにくと玉ねぎは薄切りにカットします。
4.フライパンに油をひき、にんにくを炒めます。にんにくの香りが立ってきたらゴーヤと玉ねぎを入れ、火が通るまで炒めたら塩胡椒・柚子胡椒・中華スープの素で味付けをします。
5.4に1cm幅にカットしたうなぎを入れ、タレを加えます。
6.5に溶き卵を加え、淵が固まってきたら菜箸でさっとかき混ぜ、火を止めます。

いかがでしたか?夏バテ対策は、健康維持ベースの対策でもあります。今日から少しでも意識して、この夏を元気に乗り切りましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事