今の肌に必要な食材を「缶詰」で取り入れる!簡単インナーケアレシピ

今の肌に必要な食材を「缶詰」で取り入れる!簡単インナーケアレシピ

中医学では今の体調・肌に必要な食材を取り入れることで綺麗な体へ整えるという考え方がありますが、なかなか自炊できない…と頭を抱えている方もいることでしょう。そんな方におすすめなのが缶詰を使った簡単インナーケア!おすすめレシピのご紹介です。

しわ・たるみに◎の食材「ホタテ」を缶詰で!インナーケアレシピ

年齢肌、しわ・たるみが気になる方にはホタテ缶がおすすめ!ホタテにはコラーゲンの合成を促す亜鉛をはじめ、発育のビタミンことビタミンB2が豊富に含まれています。

また、滋養強壮効果が期待できるタウリンも含まれており、夏バテしやすい夏の季節にも是非食べて頂きたい食材の一つです。調理する際は、缶の汁に栄養と旨味がたっぷり溶け出しているので、汁も捨てずに有効活用するようにしましょう。

【ホタテ入り冷製クラムチャウダーの作り方】
<材料>
・ホタテの水煮缶 1缶
・牛乳 300cccc
・サラダ玉ねぎ 1/3個
・おろしニンニク 小さじ1/2
・クルトン 適量
・ポタージュの素(冷たい牛乳用)1袋
・コーン缶 大さじ2
・粉パセリ 適量

<作り方>
1.ホタテの身と缶の汁を別の容器にそれぞれ分けます。
2.ホタテの身を木べらやしゃもじを使って細かくほぐします。
3.ミキサーにざく切りにしたサラダ玉ねぎ・おろしニンニク、ホタテ缶の汁、牛乳、ポタージュの素を加えしっかり撹拌します。
4.お皿に2のホタテの身を入れ3のスープを注ぎ入れます。
5.4の上にコーン、粉パセリ、クルトンをトッピングして完成です。

シミ・そばかすに◎の食材「マンゴー」を缶詰で!インナーケアレシピ

日本でも大人気の南国フルーツ、マンゴーには「活性酸素」の発生を抑えるビタミンC・ビタミンEをはじめ、カロテノイド類・プロトカテク酸などの抗酸化成分が豊富に含まれていることからシミ・そばかすといった肌トラブルを予防・改善する効果が期待できます。流通の関係上、スーパーによってはなかなか手に入らないお店もありますがマンゴー缶であれば春夏秋冬問わず、いつでもインナーケアすることが可能です。

【マンゴーラッシーの作り方】
<材料>
・マンゴー缶 200g
・ヨーグルト 150g
・牛乳 100cc
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 小さじ2
・ミントの葉 1〜2枚

<作り方>
1.マンゴー缶をタッパーに入れ、シロップごと一緒に凍らせておきます。
2.ミキサーに1のマンゴーとヨーグルト、牛乳、はちみつ、レモン汁を加えてしっかり攪拌させます。
3.コップに2のマンゴーラッシーを注ぎ入れ、ミントの葉をトッピングして完成です。

いかがでしたか?食べるものはお肌や体調に直接影響するので、缶詰を有効活用して、手軽に気軽に手作りでインナーケアをしてみてはいかがでしょう。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事