汗や皮脂でベタベタに!夏のメイク崩れは、メイク前のひと工夫で防ぐ

汗や皮脂でベタベタに!夏のメイク崩れは、メイク前のひと工夫で防ぐ

夏の暑さでたっぷりの汗や皮脂でメイクも崩れに困っているという方も多いのではないでしょうか。せっかくメイクをするのだから、出来ればキレイな状態が続いて欲しいですよね。メイク崩れを防ぐ対策法をご紹介します!メイク前のひと工夫が大切なんですよ!

夏はメイクが崩れやすい!メイク崩れの原因とは?

今年の夏も気温が高く猛暑日が続いていますね。どう頑張ってもメイクが崩れがちになるのが悩みという方、多いのではないでしょうか。すぐに崩れてしまっては悲しくなってしまいますよね。

夏にメイク崩れがの主な原因は、「汗」「皮脂」「乾燥」の3つが挙げられます。

まず、汗をたくさんかくとメイクが崩れやすいというのはイメージしやすいですよね。身体が熱くなると、体温を下げる為に汗が分泌されるのですが、メイク崩れの大きな原因となってしまいます。特に、運動不足の方は、全身の汗が出にくくなっている為、より顔に汗をかきやすくなると言われています。

また、室内の強い冷房などで肌が乾燥することで、逆に皮脂が過剰に分泌されてしまい、肌がべたつくことでメイクが崩れやすくなってしまう場合もあります。肌が乾燥すると、肌が水分不足だと判断するので、通常よりも皮脂が多く分泌されてしまうのです。

これらのことを踏まえ、メイク崩れを防ぐ対策を行う必要があります。

夏のメイク崩れを防ぐポイントは、それぞれの工程でひと工夫

暑い夏にオススメの、メイクが崩れにくくなるポイントをご紹介します!

◎メイク前に洗顔
寝ている間にも皮脂は分泌されているので、メイクをする前に余分な皮脂を洗い流しましょう。ぬるま湯を使い、たっぷりの泡で擦らず優しく洗うようにしましょう。

◎しっかり保湿
洗顔後は丁寧に保湿を行いましょう。乾燥は過剰な皮脂分泌の原因となってしまうので、十分に保湿をすることで、余分な皮脂によるメイク崩れを防ぐことが出来ます。特に皮脂が多く分泌されるTゾーンには、油分が多く含まれる乳液やクリームの塗り過ぎにも気を付けてください。

◎スキンケア後すぐにメイクしない
肌に水分や油分が残っている状態でメイクをしてしまうと、メイクと混ざり合ってしまい崩れやすくなる原因に。スキンケア後は10~20分程時間を置き、化粧水などが肌に馴染むのを待ってからメイクするようにしましょう。

◎メイク前に肌を冷やす
皮脂の過剰分泌を防ぐには、毛穴を引き締めてあげることが大切です。保冷剤や冷やしたタオルなどを使って、Tゾーンなど皮脂が出やすい部分を中心に冷やしてあげると効果があるとされています。

◎ベースメイクは厚塗りNG
ベースメイクは厚塗りする程メイクが崩れやすく、ヨレやすくなってしまいます。ナチュナルメイクを意識し、均一に薄く肌に密着させるように塗るのがポイントです。

◎仕上げはフェイスパウダー
リキッドファンデーションを使用する場合は、仕上げにフェイスパウダーを乗せることで、余分な皮脂を吸収してくれるので、メイク崩れを防ぐことが出来ます。

いかがでしたか?ちょっとした工夫で、メイク崩れを防ぐ対策になるので、是非お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事