毛抜きを使ったムダ毛処理でシミに…?できてしまったときの解消法

毛抜きを使ったムダ毛処理でシミに…?できてしまったときの解消法

脇や指などのムダ毛処理に毛抜きを使っていませんか?毛抜きで処理すると、カミソリで剃ったときよりもムダ毛が再び生えてくるスピードが遅く感じますが、実は皮膚に大きな負担がかかってシミができてしまう可能性があるのです。

毛抜きでの自己処理でシミができるって本当?

簡単にムダ毛を処理できる毛抜きですが、頻繁に毛抜きでムダ毛処理をしていると、毛穴がぽっかり開いたり、毛穴にポツンとシミができてしまう場合があります。

毛抜きを使ってムダ毛を抜くと、毛根まで綺麗に抜くことができるため、カミソリでのケアよりも肌がつるつるに見えませんか?しかし、毛抜きを使った自己処理をすると、皮膚の中に埋まった毛根まで無理に引っこ抜くので、毛穴のほかにも毛穴周辺の皮膚にまで大きな負担がかかってしまうと言われています。

毛抜きによって皮膚に刺激が加わることで皮膚が炎症を起こし、肌自身を守ろうとしてメラニン色素がたくさん作り出されます。メラニン色素が過剰に作られてスムーズに排出されないとシミができてしまうので、毛抜きを使った自己処理は注意が必要ですよ。

毛抜きによってできたシミを解消する方法

毛抜きでムダ毛を抜くとつるんとなめらかな肌に見えますが、一度濃いシミができると完全に綺麗な状態になるためにはかなりの時間がかかります。

普段から毛抜きを使っている方は、これ以上肌に負担をかけないためにもすぐにストップして電気シェーバーを使った処理に変えていきましょう。

どうしても毛抜きを使いたいときには、お風呂やホットタオルで肌を温めて柔らかくした状態で毛抜きを使い、処理を終えたあとはすぐ保湿ケアに取り掛かってくださいね。

すでに毛抜きが原因でシミができている場合は、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水などを使って念入りな保湿ケアをしていくことが大切です。肌が乾燥したままだと、肌のターンオーバーが乱れてシミが肌に残ったままになってしまうため、化粧水を塗ったあとクリームや乳液できちんと蓋をしましょう。入浴後は水分の蒸発を防ぐためにも濡れた肌に化粧水を塗ることをおすすめします。

そして、毛抜きをストップして保湿ケアをしっかりしていても、紫外線を浴びるといつになってもシミは解消されません。こまめに日焼け止めを塗り直して、紫外線から肌を守ってくださいね!

毛抜きを控えて肌に負担の少ない処理と保湿ケアを!

毛抜きを使ったムダ毛処理を続けていると、ぽつんと毛穴にシミができて、完全に解消するのは難しいと言われています。普段毛抜きを使って自己処理をしている方は、肌に負担の少ない方法にシフトして、毎日の保湿ケアと紫外線対策にも力を入れていくことが大切ですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事