意外と目立つデコルテの色素沈着…日々のケアで透明感のある肌へ

意外と目立つデコルテの色素沈着…日々のケアで透明感のある肌へ

シミができないように…とつい顔のケアだけに目が行きがちですが、実はデコルテもあることが原因でシミができやすい部分なのです。簡単にできるデコルテケアをコツコツ行って、いつまでも美しく若々しい姿を保っていきましょう。

顔のケアばかりして、デコルテのケアを怠ってない…?

シミや色素沈着が顔にできないようにと顔にはきちんと日焼け止めを塗ったり、美白化粧品を使ってケアしている方が多い一方で、デコルテのケアは後回しになりがち。デコルテも紫外線や摩擦などが原因でシミや色素沈着ができてしまうため、積極的にデコルテケアをすることをおすすめします。

デコルテは洋服で隠れているし、面倒だから…と日焼け止めを塗らずに外出している方は要注意。洋服を着ていても肌に紫外線が届き、知らないうちに肌にダメージが加わっている可能性があります。

また、虫刺されやあせもなどで炎症を起こしたときや、合わない洋服や下着、ゴシゴシ洗いなどで摩擦が加わるとダメージが蓄積されて色素沈着になる場合も。

思わず見惚れるような美しいデコルテになるケア方法

シミや色素沈着を防いで美しいデコルテをキープするためには、紫外線対策・丁寧なボディケア・保湿ケアがポイントです。

まず、外出するときには季節関係なく日焼け止めをデコルテにしっかりと塗りましょう。洋服を着ていても紫外線によるダメージが加わるため、デコルテ周りが隠れている洋服を着ているときでも日焼け止めを使ってくださいね。UVカット効果のあるストールを巻くのも効果的ですよ。

お風呂に入るとき、たくさん汗をかいたからさっぱりさせたい!とデコルテをボディタオルなどでゴシゴシ洗うのは禁物です。ぬるま湯で流すだけでもある程度の汗や汚れは落ちているので、ボディソープや石鹸をたっぷり泡立てて手のひらで優しく撫でるように洗いましょう。

さらに、お風呂上がりや汗を拭き取ったあとに、こまめな保湿ケアをすることも大切ですよ。顔のスキンケアの延長で、普段から使っている化粧水や美容液、乳液を使って保湿を行います。コットンよりも手のひらで温めてから、包み込むようにデコルテに馴染ませてあげると摩擦を防げたり、浸透力が高まりますよ。

保湿ケアをきちんと行うことで、乱れたターンオーバーが整い、シミの元となるメラニン色素が排出されやすくなります。また、肌がみずみずしくしっとり潤っている状態がキープできていると、バリア機能が高まってちょっとした刺激から肌を守ることができるとも言われています。

みずみずしく美しいデコルテは日々のケア次第で手に入る!

デコルテも顔と同じような丁寧なお手入れを心がけるだけで、だいぶ違ってくるはずです。念入りな紫外線対策、優しい手のひら洗い、こまめな保湿ケアを毎日継続して、自信のある美しいデコルテを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事