シミ予備軍に立ち向かう!肌の表面にシミが現れるのを防ぐ方法とは?

シミ予備軍に立ち向かう!肌の表面にシミが現れるのを防ぐ方法とは?

一度できてしまうとなかなか消えないシミ。年齢を重ねていくにつれて、だんだんシミが増えて悩んでいる女性も少なくないはず。まだシミが肌に現れていない方も、肌の下にシミ予備軍が潜んでいるかもしれません。早めの対策でシミ予備軍を敵対していきましょう。

肌の下に潜んでいるかもしれない「シミ予備軍」って?

コンシーラーやファンデーションでカバーしきれない厄介なシミ…。私たちを悩ませるシミですが、まだ肌の表面に現れていなくても、肌の下にシミ予備軍というものが潜んでいるかもしれません。

シミ予備軍はこれから徐々にシミとして肌に現れていくもので、沢山のメラニン色素が蓄積していることが原因だと言われています。

まだシミとは無縁だから大丈夫!今あるシミだけなんとかしよう!と思っていると、シミ予備軍がどんどん肌の表面に現れてくるかもしれません。シミ予備軍対策は、早めの段階でケアしていくことが大切なのです。

早めの対策でシミ予備軍をなかったことに!

肌の奥は自分の目で確かめることはできませんが、最近肌がくすんでいる・透明感がない…という方はメラニン色素が蓄積されてシミ予備軍が潜んでいる可能性があると言われています。

シミ予備軍に立ち向かうには、紫外線対策・丁寧な保湿ケア・ピーリング・ストレスの解消がポイントです。

日焼け予防として紫外線対策を行うのは当たり前ではありますが、シミ予備軍にも紫外線対策が欠かせません。大量に紫外線を浴びるとシミの元となるメラニン色素がたくさん蓄積されてしまうため、日焼け止めや日傘帽子、サングラスなどを活用して季節を問わず1年間きっちりと紫外線対策を行いましょう。

毎日スキンケアをするとき、コットンでパッティングをしたり、ゴシゴシ擦っていませんか?少しの刺激でも肌が自分を守ろうとしてメラニン色素を増やしてしまうため、手のひらで優しく包み込むように保湿ケアをしていきましょう。また、古い角質を取り除くピーリングを週に1回程度行うことで、ターンオーバーが整いやすくなりますよ。

そして、ストレスが溜まったままだと活性酸素が大量発生してメラノサイトが刺激され、結果としてメラニン色素が生成されると言われています。きちんと紫外線対策や保湿ケアをしていても、ストレスが蓄積されては台無しに…。適度な運動や入浴、好きなことをしたりして、できるだけストレスを溜めない生活を心がけるといいですね。

体の冷えにも要注意!毎日コツコツとシミ予備軍と立ち向かおう

紫外線対策・保湿ケア・ストレスを溜めないことに加えて、体を温めてあげることも大切です。早めのシミ予備軍対策で、シミに悩まない肌作りをしてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事