冷房が髪のダメージにつながる?エアコンが招く頭皮の乾燥に要注意!

冷房が髪のダメージにつながる?エアコンが招く頭皮の乾燥に要注意!

暑い日が続きますね。夏の屋内は別の季節かと思うほど、ひんやりとエアコンの冷房が効いています。もはや冷房なしでは夏を乗り切るのは困難と言っても過言ではないでしょう。そんな冷房が、実は髪や頭皮の乾燥を招く原因だという事実をご存知でしたか?

紫外線だけじゃない!冷房が髪や頭皮を乾燥させる?

夏は肌こそ紫外線などのダメージを意識しますが、髪の毛や頭皮のダメージケアは二の次三の次になることもありますよね。しかし、夏は髪こそしっかりケアしなければならないパーツなのです。

というのも、髪はお肌と違って一旦傷んでしまうとなかなか自力では修復できません。トリートメントなどで集中的に外側からケアすることがほとんどで、生え変わりを待つのが髪の毛のサイクルです。

夏の暑い日差しによって受けた髪や頭皮は、汗をかいて蒸れた状態です。冷房がガンガンに効いた室内に入ると、今度は一気に頭皮が乾燥し始めます。

これによって毛穴に溜まった皮脂が固まりやすくなり、頭皮の血行が悪くなります。これは新たな毛髪が生まれるサイクルを乱すことにもつながるのです。

とくに注意したいのがエアコンから吹き出る風。直接髪にあたってしまうと急激な乾燥を招き、髪のキューティクルが剥がれやすくなります。表面がパサパサになると今度は内側の水分も流れ出てしまうため、髪全体に潤いがなくなります。

また冷房によって体が冷えてしまうと、全身の血行が悪くなるので髪の毛まで栄養が行き届きにくくなるため、髪の成長に影響が出てくるでしょう。

髪や頭皮を乾燥から守る!冷房の設定を見直そう!

頭皮は普段髪に隠れて見えないので、お肌よりも過敏になることは少ないと思いますが、頭皮には雑菌などから皮膚を守るバリア機能があります。顔などのお肌と同様に、乾燥することでバリア機能が低下してしまいます。

雑菌が繁殖を続けるとフケやかゆみが出てきて、ひどいと炎症や抜け毛につながる恐れがあります。

髪や頭皮を冷房による乾燥から守るには、まずは直接エアコンの風にあたらないように風向きを調節するなどの工夫が必要です。風量を調節したり、温度も下げ過ぎないように心がけてください。

また長時間冷房が効いた空間にいると、髪や頭皮へのダメージを溜め込んでしまうことも考えられますので、注意しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事