この夏こそ、目指せ「くびれボディ」!おすすめの筋トレを紹介

この夏こそ、目指せ「くびれボディ」!おすすめの筋トレを紹介

友人や彼氏に「海に出かけよう!」と誘いを受けるものの、なかなか痩せられず、くびれのない寸胴ボディに頭を抱えていませんか?食事制限も大切ですが、効率よくウエストラインを絞るには筋肉トレーニングを合わせて実践していきましょう。

「くびれボディ」へ改善する筋トレ方法〜バランスボール編〜

食べたカロリーよりも消費カロリーが少ないと腹部や腰回りに皮下脂肪が蓄積され、くびれが徐々になくなっていきます。くびれのあるウエストに改善したいなら、特にターゲットにすべきはお腹から背中までぐるっと覆っている腹横筋(コルセット筋とも呼ばれています。)です。更に脇腹部分にある、腹斜筋を同時に刺激することで体の側面の筋肉も活性化し、より引き締まったウエストラインへ仕上げることができるそうです。

【バランスボールを使った筋トレ方法】
まずご紹介するのは、バランスボールを体の脇から脇へと移動させる筋トレ方法です。腰は動かさずに、上半身をしっかりひねりながらボールをそっと置くことが重要なポイント。そうすることで腹圧がかかり、腹横筋・腹斜筋・腹直筋といった腹筋群がしっかり強化されます。

<やり方>
1.体を左後ろへひねり、バランスボールを体の脇(お尻の後ろ)へそっと置きましょう。
2.顔の上を通過させ、ボールを右方向へ移動させます。
3.体を右後ろへひねり、バランスボールをお尻の後ろへ静かに置きましょう。
4.1〜3の動きを20回繰り返します。

「くびれボディ」へ改善する筋トレ方法〜腹筋運動編〜

体のひねりを加えたワンランク上の腹筋運動です。続ける毎に腹斜筋が強化させ、腰回りがスッキリしてきますよ!

【腹斜筋を強化!腹筋運動】
<やり方>
1.仰向けになり、かかとを床につけた状態で膝を立てましょう。両手は頭の後ろに組みます。
2.片足を手前へ引きつけながら引きつけた足とは逆側の肩を起こし、上体をグッとひねりましょう。
3.1〜2の動気を左右交互に10回繰り返します。

本格的な筋トレはちょっぴり苦手…という場合は、椅子の真横にペットボトルを左右それぞれに置き、右にタッチ、左にタッチと横へ交互に往復する簡単トレーニングもおすすめです。

「ハッ」と目を引くような美しく魅力的なボディを手に入れたい!という女性は是非お試しくださいね。

※参考文献
「からだ改善エクササイズ」(小山勝弘氏/2013)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事