若さを取り戻す栄養素!コエンザイムQ10はどんな食品に含まれる?

若さを取り戻す栄養素!コエンザイムQ10はどんな食品に含まれる?

薬局やドラッグストアでもよく見かけるアンチエイジング成分「コエンザイムQ10」のサプリメント。しかし、毎日摂取していくのであれば出来るだけお金がかからないよう、普段の食事からも積極的に取り入れていきたいところですよね。

エイジングケアで注目の栄養素「コエンザイムQ10」を含む食品について

コエンザイムQ10とは脂溶性栄養素の一種でタンパク質や糖質・脂質の代謝を促し、エネルギーを産生する働きがあるほか、強力な抗酸化作用によってアンチエイジング効果が期待できます。

もともとは体内で合成できる栄養素ですが20代をピークに生成力が落ちていくため、30代以降の女性は是非積極的に取り入れたいところです。

【「コエンザイムQ10」を含む食品について】
<肉類>
牛肉、豚肉、鶏肉など。

<魚類>
マグロ、カツオ、いか、さば、うなぎなど。

<野菜類>
ほうれん草、アボカド、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいもなど。

<豆類・ナッツ類>
納豆、豆乳、ピーナッツなど。

〜POINT〜
コエンザイムQ10はビタミンEの働きをサポートする作用があるため、相乗効果を得るためにもビタミンE(卵・オリーブオイルなど)を含む食品と組み合わせて食べることをおすすめします。

コエンザイムQ10を含む食品を使った美容レシピ〜ポキサラダ〜

コエンザイムQ10を含む食品、マグロとアボカドを使ったポキサラダのレシピをご紹介します。そのまま食べても十分美味しいですが、冷製パスタの具材として取り入れるのもおすすめですよ!

【ポキサラダの作り方】
<材料>
・マグロ 1柵
・アボカド 1個
・クリームチーズ 60g

<調味料>
・おろしにんにく 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・塩胡椒 適量
・醤油 小さじ2
・レモン汁 小さじ1
・いりごま 適量

<作り方>
1.マグロ、アボカドは一口大に、クリームチーズは少し小さめの角切りにカットしておきます。
2.ボウルに1の具材と調味料を加え、菜箸で満遍なく混ぜて完成です。

いかがでしたか?コエンザイムQ10はビタミンCなどの抗酸化成分と違い、熱に強い特徴があるのでサラダや和え物以外にも炒め物・煮込み料理といった様々なメニューに応用することが可能です。インナーケアにご興味がある女性はコエンザイムQ10を意識したレシピに挑戦してみてくださいね。

※参考文献
「美肌になる栄養セラピー」(定真理子氏・山本博意氏/2011)

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事