夏場に多い!? 「水太り」は水分補給の仕方や生活習慣の見直しが◎

夏場に多い!? 「水太り」は水分補給の仕方や生活習慣の見直しが◎

夏場は熱中症対策として水分を補給する量がいつも以上に増えたり、アイスやかき氷を食べたりと何かと水分を摂ることが多い季節ですよね。ただ、誤った水分補給法を実践していると女性であれば誰しも避けたい水太りを起こしてしまう可能性があるんです!

水は飲んでも太りません!が、水分補給は「こまめに」が◎

水太りしたくないから…と水を飲むのを控えることはやめましょう。体内の水分は一定量に保つ働きがあるため、水をたくさん飲んでも体重が増えることはありません。むしろ、水分不足が原因で循環がうまくいかないようになり、太りやすい体質になってしまうこともあるのだそうです。

【水太りしにくい水分補給法とは?】

水太りはむくみと同じで、水分が不足し脱水状態が続くと細胞の中の水分がスムーズに排泄されず、細胞自体が膨張してしまうため全体的に太って見えやすくなります。また、体内の水分が足りないと血液がドロドロになり、肌や髪にトラブルが現れたりと良いことはありません。

ダイエットをしてもなかなか痩せられない場合、まずは水の飲み方を見直してみるのも一つの方法です。例えば、喉の渇きにまかせて一気に飲んでも全部は体内に吸収されず、胃腸に負担をかける可能性がありますので、1日あたり1.5リットルを目安に時間をかけながらこまめに水分補給するようにしましょう。

水太りを予防・改善するには新陳代謝を高める生活習慣が◎

水太りとは、むくみと同じく新陳代謝が低下し、リンパや血液の流れが滞ることで体内の余分な水分や老廃物が排出されない状態のことを一般的に水太りと言うそうです。水太りの状態を解消するには、新陳代謝を活性化する必要があります。そこで、次のような生活習慣の実践をおすすめします。

【水太り解消・予防のための生活習慣とは】

<適度な運動>
新陳代謝を高めるには運動や筋肉トレーニングによって筋肉の量を増やすことが大切です。例えば、エレベーターではなく階段を使ったり、1つ前の駅で降りて歩くなど、まずは簡単なもので構いませんので毎日続けられるものを実践するようにしましょう。

<入浴>
運動が難しい…という場合はお風呂にじっくり浸かるだけでも新陳代謝をアップすることが可能です。もし時間がある場合はお風呂上がりにリンパマッサージを加えるようにすると尚良いですね。

〜POINT〜
また、水太り=体のむくみはリンパや血液の流れが滞ることが主な原因ですが、食生活も大きく関係しています。特に塩分を摂り過ぎ、体内のナトリウム濃度が高くなるとそれを薄めようと体内に水分をため込もうとするのです。水太りを解消するには塩分を控えることはもちろん、ナトリウムを体外へ排出する働きがある「カリウム」を含む食品を積極的に食べるようにしましょう。

いかがでしたか?水太りに悩んでいる女性は是非一度お試しください。

※参考文献
「むくみをとるだけ!3割細見え」(小林弘幸氏/2013)

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事