食事で夏の冷えを予防するなら、お馴染のスパイス××を持ち歩こう!

食事で夏の冷えを予防するなら、お馴染のスパイス××を持ち歩こう!

夏はどこに行ってもエアコンフル稼働…!特に会社の場合、体が冷えて寒くても自分の好みでの温度調整はしづらいものですよね。そこで、おすすめなのが体を温める作用があるスパイス「シナモン」を取り入れた食事です。夏の冷え予防におすすめです。

夏の冷え予防におすすめのスパイス!「シナモン」について

香り成分、桂皮アルデヒドの作用によって血流をよくし、体をぽかぽかと温めるスパイス、シナモン。

スイーツ用のスパイスというイメージが強いかもしれませんが、肉や魚などの食材とも相性が良く、お弁当や外食先のランチメニューにささっと一振りするだけで簡単に冷え改善レシピに早変わり!是非この機会にコンパクトで持ち運びもしやすいシナモンパウダーを有効活用してみませんか?

また、シナモンには冷えを軽減する働き以外にも以下のような嬉しい効果が期待できます。

【シナモンに期待できる効果】

<美肌効果>
シナモンには代謝を助け、皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるビタミンB1・ビタミンB2といった成分が豊富に含まれています。

<むくみ解消>
シナモンに含まれるミネラルの一種、カリウムには体内の余分な水分・老廃物をスムーズに体外へ排出する働きがあります。

<ダイエット>
シナモンにはインスリンの分泌を活性化し、血糖値を安定させるプロアントシアニジンが多く含まれています。

〜注意点〜
シナモンに含まれる香り成分、クマリンは過剰摂取してしまうと肝臓に負担をかけ、副作用を引き起こす場合がありますので1日3g迄を目安に取り入れるようにしましょう。

「シナモン」を使った冷え改善レシピ〜ラフテー丼〜

シナモンを使ったおすすめの夏冷え改善レシピ、ラフテー丼の作り方をご紹介します。豚肉は疲労回復効果が期待できるビタミンB1が豊富に含まれているので、夏バテしやすいこの季節に大変おすすめの食材です。

【シナモンを使ったラフテー丼の作り方】
<材料>
・豚肩ロースブロック 1kg
・卵 3〜4個
・ネギの青い部分 適量
・白ご飯 お好みの量

<調味料の材料>
・泡盛 1/2カップ
・塩 適量
・醤油 1/2カップ
・黒砂糖 100g
・水 3カップ
・生姜 2片
・八角 2個
・シナモンスティック(パウダーでもOK) 1本

<作り方>
1.豚肩ロースを縦半分にカットし、熱湯でアクをこまめに取り除きながら20分間茹でていきます。20分間経ったら取り出し、水洗いしましょう。
2.鍋にゆで卵、1の豚肩ロース、ネギの青い部分と調味料を全て加え、弱火で2時間じっくり煮込んでいきましょう。
3.丼に白ご飯を盛り付け、半分にカットした煮卵・ラフテーをバランスよく盛り付けて完成です。

〜POINT〜
圧力鍋の場合、豚肩ロースのみ20分間加圧後、ゆで卵・ネギの青い部分・調味料を加えて10分程加圧すれば完成します。

いかがでしたか?夏場の冷えに悩んでいる女性は是非参考にしてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事