日焼け止めをしっかり落として肌を守るには、クレンジング選びが鍵!

日焼け止めをしっかり落として肌を守るには、クレンジング選びが鍵!

紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、その日のうちにきちんと落としておかないと、シミや黒ずみ、肌荒れの原因になってしまいます。顔も体も日焼け止めの種類に合わせたクレンジングできちんと落とし、美肌をキープしていきましょう。

紫外線から肌を守る日焼け止め、ちゃんと落とせてる?

日焼け止めが肌に残ったままだと、毛穴を詰まらせてニキビや肌荒れ、黒ずみなどにつながると言われています。日焼け止めは、クリームタイプやジェルタイプなどの種類や商品によって落とし方が異なります。洗顔料やボディソープ、石鹸などで簡単に落とせるものもあれば、専用クレンジングが必要な日焼け止めもあるので、パッケージにどう記載されているかきちんと確かめておきましょう。

日焼け止めに最適なクレンジング選びと正しい落とし方

洗浄力が高いクレンジングほど肌に負担がかかりやすいため、その日に使った焼け止めに合う洗浄力のクレンジングを選ぶことで、肌への負担を軽減することができますよ。

日焼け止めの中でも最も落ちにくいウォータープルーフタイプはオイルクレンジングを。クリーム・ミルクタイプの日焼け止めは、ウォータープルーフよりも落としやすいため、洗浄力がマイルドなミルククレンジングやジェルクレンジングがおすすめです。

日焼け止めを落とす前に、ホットタオルやスチーマー、湯船の蒸気で毛穴を開かせておくとスムーズにオフすることができますよ。毛穴を開かせたら、クレンジングをやや多めに手のひらに取り、 摩擦によるダメージを与えないように気をつけて顔や体に円を描くように優しく日焼け止めを浮かせていきましょう。特に小鼻の周りや首回り、腕や足の関節などは洗い残しが多いため、意識して落としてくださいね。

クレンジング料をぬるま湯で洗い流したら、洗顔料やボディーソープをたっぷり泡立てて丁寧に洗っていき、肌に泡が残らないように念入りに洗い流しましょう。

日焼け止めを綺麗に落としたら、すぐに保湿ケアに取り掛かります。 顔も体も化粧水を何回かに分けて馴染ませて潤いを与えてから、乳液やクリームで油分を補えば完了です。日焼け止めを落とした後は急激に肌が乾燥するので、時間を置かずにできるだけ早く保湿ケアをすることが重要ですよ。

日焼け止めをきちんと落とす習慣を付けて美肌をキープ

日焼け止めには油分が多く含まれているため、肌に残ったままだと毛穴に詰まって肌トラブルを引き起こしてしまいがち。紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、きちんと落とせていないと肌に負担をかけてしまうため、最適なクレンジング料を使って、普段から綺麗に落とす習慣を身につけておくといいですね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事