つい剥きたくなる日焼け後の皮むけ…しっかり保湿で肌の代謝を待つ!

つい剥きたくなる日焼け後の皮むけ…しっかり保湿で肌の代謝を待つ!

日焼けをしてしばらく経つと、皮がめくれて気になってしまいますよね。自然に剥がれ落ちてくるのを待っていられない!と自分で剥いてしまうと肌に大きな負担がかかってしまうため、皮を剥くのを控えつつ正しいケアをしていきましょう。

日焼けしてしばらく経つと皮むけが気になる…

日焼けによって次第にめくれてくる皮は、紫外線の影響で日焼けして機能しなくなった不要な皮膚の細胞だと言われています。この皮膚の細胞の下には、まだ未熟な新しい不完全な皮膚が存在しているため、自分で剥いてしまうと未熟な皮膚が剥き出しになってしまうのです。

完全に機能しなくなって死んだ皮膚は、ターンオーバーによって勝手に剥がれ落ちていくため無理やり剥がすのは控えましょう。

日焼け後の皮むけは、ターンオーバーを促進することを重視して

日焼けをしてダメージを受け、皮むけした部分が元の肌に戻る期間は約28日。肌のターンオーバーが乱れていると、スムーズに不要な皮が剥がれ落ちないため、ターンオーバーを促進させることが美肌への近道です。

まず、日焼けをした状態の肌や体は水分が不足しているため、内側と外側からの水分補給をしっかり行いましょう。

肌の内側からの水分補給は、スポーツドリンクやビタミンCが多く含まれた飲料、ミネラルウォーターなどをたっぷり摂ることをおすすめします。

外側からの水分補給は、化粧水や美容液、乳液をたっぷり馴染ませて潤いを与えることが大切。皮むけしている状態の肌は、とてもデリケートになっているため、アルコールやエタノールなどが含まれていない刺激の少ないものや、敏感肌用のものを選ぶようにしましょう。

体の保湿ケアには普段顔に使っているものを使うことをおすすめします。メラニン還元作用やコラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体がたっぷり含まれている基礎化粧品を使うのも効果的ですよ!

日焼けをしたあとの皮むけには触れないことが大切!

めくれた皮を無理矢理剥くと、日焼けによって大きなダメージを受けた肌にさらなるダメージを加えてしまいます。内側と外側からたっぷり水分補給をしつつ、きちんと紫外線対策を行ってターンオーバーの促進に努めていきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事