肌トラブルの原因に?白い角栓をピンセットで抜くのは絶対NG!

肌トラブルの原因に?白い角栓をピンセットで抜くのは絶対NG!

鼻というのは思っている以上に目立ちます。日常的に小鼻から飛び出している白い角栓をピンセットで抜いてキレイにしている人もいると思いますが、実はこれ肌トラブルの原因となるので絶対NGな習慣なんです!正しい角栓の対処法についてご紹介します。

小鼻の角栓はどうしてできるの?ピンセットで抜くと肌にダメージが?

小鼻から飛び出した白い角栓。この正体は皮脂と古い角質が混ざってできたもので、言わばお肌の新陳代謝によって新しい皮膚を作るターンオーバーの過程なんです。そのため、どんなに洗顔やスキンケアをしていたとしても毛穴から飛び出すことはあるのだそう。

ただし、不規則な生活習慣や加齢、ストレスによってお肌のターンオーバーは乱れてしまいます。そうなると古い角質がいつまでも毛穴に残っている状態になるので、余計に角栓ができてしまうでしょう。

そんな飛び出した角栓をピンセットでスポッと抜くと、気持ちいいですよね。角栓を次々に抜いてスッキリ!と言いたいところですが、実はこれ肌トラブルを引き起こす原因と考えられています。

ピンセットで角栓を取り除くと、その刺激がお肌のターンオーバーを乱すこともあります。特に小鼻の肌はとても敏感なので、角栓の周りの肌が傷ついたり、無理に引っこ抜くことで角質層のバランスが乱れたり、場合によっては色素沈着を引き起こす可能性もあると言われています。

小鼻の角栓を増やさないようにするには?

できるだけ余計な角栓を増やさないためには、普段の洗顔にも注意が必要です。できるだけ刺激の少ない酵素洗顔料などを選んで、泡の力で優しく洗うように心がけましょう。

また定期的にピーリングをするのも効果的です。過剰に行うとお肌のターンオーバーに影響を与えますので、1ヶ月の間に1、2回程度にとどめるのがよいでしょう。

なかには小鼻の角栓を柔らかくするクレンジング剤もあります。角栓が柔らかくなると余分な角栓が取れやすくなります。

規則正しい生活で正しくスキンケアしている場合の角栓であれば、自然に剥がれ落ちるのを待つのも手です。余計な刺激を与えずに、キレイな小鼻を保ちましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事