扇風機の風には要注意!あたりすぎると冷えて体調を崩すことも?

扇風機の風には要注意!あたりすぎると冷えて体調を崩すことも?

本当に厳しい暑さが続きますよね。特に風のない日の暑さには堪えます。そんななか重宝するのが扇風機。風にあたるだけで暑さが緩和されますよね。ですが、扇風機の風に当たりすぎると冷えて体調を崩してしまうこともあるのだとか!

扇風機の風は直接体にあてないで!冷えや胃腸のトラブルに?

ダラダラと汗が流れる暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。暑い日でも風が抜けると暑さも幾分か和らぎますよね。反対に、全く風がない日はジリジリと暑さが際立つように感じますね。

室内ではエアコンの冷房がこれでもかと言わんばかりに奮闘しています。なかには扇風機を併用している人もいると思いますが、この扇風機の使い方しだいで、体調を崩してしまうこともあるのだとか!

たとえば、エアコンの冷房の風を直接肌に受けるとだるくなったり、肌が急速に乾燥したりするので、直接あたらないようにしている人がほとんどだと思います。

これは扇風機も同じで、冷気こそ出ませんがあまり直接体にあててしまうと風邪を引きやすくなったりします。体が冷えたり胃腸が疲れたりして、夏バテの要因になるとも言われています。

扇風機で同じ部分にずっと風があたりつづけていると、体が冷えて血流が悪くなります。老廃物の排出が滞り、だるさや疲れの原因になります。お肌の代謝も悪くなりますので、肌トラブルを招く可能性もあります。

また、胃腸への負担も大きいです。風にあたりつづけて体が冷えてしまうと自律神経のバランスが崩れて胃腸に影響を与えます。扇風機は使い方によって、こうした体調を崩す原因になるのです。

睡眠中の扇風機の風には特に注意!体にあてずに涼しくする方法

扇風機の使用で特に注意したいのが、睡眠中の使い方。寝ている間中、ずっと体にあててしまうと、起きた時には体が冷えてかなりだるい状態になっているでしょう。

できるだけ同じ箇所に風をあてないように、首振り機能を利用しましょう。これは長時間風にあたりすぎないようにするとともに、周囲の空気を動かす役割もあります。周りの空気を冷ますことで、空間が涼しくなっていきます。

また、エアコンの冷房と併用するのもおすすめです。設定温度を28度など高めに設定して扇風機を上に向けて風を送ります。冷やされた空気がゆっくりとしたに流れ落ちるので、お部屋全体が涼しくなるでしょう。

夏場は体調を崩しやすい季節です。扇風機の風は直接あてないように工夫して涼しい環境を作りましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事