夏のイベントにまだ間に合う!? 短期で痩せたい「ゆる断食レシピ」2選

夏のイベントにまだ間に合う!? 短期で痩せたい「ゆる断食レシピ」2選

音楽フェスに花火大会などイベント盛り沢山の夏の季節!久々に再開する友人もいるとなれば、体型もメイクもバッチリ決めていきたいところですがなかなか痩せられず…と頭を抱えてはいませんか?そこでおすすめなのが無理なく痩せやすい、ゆる断食レシピです。

ゆる断食レシピ〜舞茸入りオートミールのトマトリゾット編〜

低GI値でダイエットに最適な食材、オートミールを使ったリゾットのレシピです。具材にはMXフラクションの働きにより、コレステロール値を下げる効果が期待できる舞茸を取り入れてみました!

【舞茸入りオートミールのトマトリゾットの作り方】
<材料>
・オートミール 40g
・ホールトマト缶 200g
・玉ねぎ 1/4個
・ベーコン 1/2枚
・舞茸 30g
・にんにく 1片
・コンソメ顆粒 小さじ1/4
・塩胡椒 適量
・オリーブオイル 小さじ2
・水 100ml

<作り方>
1.玉ねぎ・にんにくをみじん切り、ベーコンは細切りにカットします。
2.舞茸は手で食べやすい大きさにちぎっておきましょう。
3.鍋にオリーブオイルをひき、1と舞茸を炒めます。
4.玉ねぎがしんなりしてきたら、オートミール・ホールトマト缶・水・コンソメ顆粒を加えましょう。蓋をして弱火で5分ほど煮込んでいきます。
5.木べらでホールトマトを潰し、塩胡椒で味を整えて完成です。

〜POINT〜
ベーコンの代わりにささみを加えたり、カレーパウダー(※カレールーはカロリーが高いのでNG)をブレンドするなどして自分好みにアレンジすると、ゆる断食のレシピにバリエーションが出ますよ。

ゆる断食レシピ〜喉越し爽やか!モロヘイヤと豆腐の冷製スープ編〜

代謝をサポートするビタミンB1・ビタミンB2をはじめ、むくみ予防に欠かせないカリウムを豊富に含む野菜の王様、モロヘイヤを使った冷製スープのレシピをご紹介します。ジャガイモの代わりに豆腐を加えビシソワーズ風に仕上げてみました。

【モロヘイヤと豆腐の冷製スープの作り方】
<材料>
・モロヘイヤ 1束
・絹ごし豆腐 100g
・玉ねぎ 1/4個
・水 200cc
・豆乳 100cc 
・コンソメ顆粒 1個
・塩胡椒 適量
・サラダ油 小さじ1

<作り方>
1.モロヘイヤは葉と茎の部分を分けておきましょう。
2.鍋にお湯を沸かし、モロヘイヤの茎部分から先に茹でます。30秒ほど経過したら葉の部分を入れ、すぐにザルにあげて冷水で洗います。
3.フライパンにサラダ油をひき、薄切りの玉ねぎを炒めます。
4.玉ねぎがしんなりし、透明になってきたら火を止めましょう。
5.鍋にモロヘイヤ、4の玉ねぎ、水、豆乳を入れ沸騰したらコンソメ顆粒と塩胡椒を加えて味を整えます。
6.5の粗熱が取れたら豆腐(手で適当な大きさにちぎっておく)と一緒にミキサーに加え攪拌します。
7.6を冷蔵庫に入れ、しっかり冷やして完成です。

空腹感が長時間続く本格的な断食ダイエットになると、途中で辛くなりリタイアしがちですが「ゆる断食レシピ」はしっかり栄養補給もできるので、短期間でストレスなく減量することができますよ!是非お試しください!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事