熱中症対策の水分補給にも最適!「ルイボスティー」の嬉しい効果とは

熱中症対策の水分補給にも最適!「ルイボスティー」の嬉しい効果とは

熱中症対策には麦茶が良い!とTVや雑誌でも紹介されていることが多いですが、麦茶ばかり飲むのは飽きてしまった…という方もいることでしょう。そこでおすすめなのが、熱中症対策に良いだけでなく美肌にも嬉しいルイボスティー。

熱中症対策にも◎美容にも嬉しい「ルイボスティー」の効果

ルイボスティーの茶葉は南アフリカ共和国に自生しているマメ科アスパラトゥス属の針葉樹の葉を乾燥させたもので、健康維持に良いとして先住民の方を中心に古く昔から重宝されてきました。また、ノンカフェインなので時間帯を気にせず飲みやすいという点も魅力の一つです。

【ルイボスティーを飲むことで期待できる美容・健康効果】
<美肌効果>
コラーゲンの合成に欠かせないビタミンCをはじめ、肌のターンオーバーを正常化するフルーツ酸の「AHA」が豊富に含まれています。

<アンチエイジング>
抗酸化物質「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」の働きによって活性酸素の発生を抑制し、免疫力UP・老化予防などの効果が期待できます。

<PMSの改善・妊活をサポート>
ルイボスに含まれる「アスパラシン」という成分は女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用があることから、PMSの改善や妊活に良いと言われています。

<熱中症>
ルイボスティーには汗をかくことで失われやすいカルシウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラル分が豊富に含まれていることから、体内の電解質のバランスを保ち熱中症を予防する効果が期待できます。

〜POINT〜
ルイボスティーの効果を更に引き出すには一日にたくさんの量を飲むのではなく、2〜3杯程度を目安に毎日こまめに飲み続けることが大切。また、やかんで10分以上じっくり煮出すことで抗酸化作用が強くなりやすいと言われています。

ルイボスティーのアレンジレシピ〜フルーツルイボスティー〜

さっぱりとデザート感覚で飲みやすい!フルーツルイボスティーのレシピをご紹介します。多めに作って冷凍し、シャーベットとして食べるのもおすすめですよ。

【フルーツルイボスティーの作り方】
<材料>
・ルイボスティー 1パック
・りんご 1/4個
・冷凍のミックスベリー 適量
・バナナ 1/3本
・レモン 1/4個

<作り方>
1.りんご、レモンの表面をしっかりと水洗いし、薄めのいちょう切りにカットします。
2.バナナは輪切りに、ミックスベリーは早めに冷蔵庫から取り出し自然解凍しておきましょう。
3.やかんに400ccのお湯を沸かし、ルイボスティーのパックを入れて10分間煮出しましょう。
4.耐熱瓶に1と2の果物を入れ、3のルイボスティーを注ぎ入れます。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、一晩寝かせたら完成です。

いかがでしたか?夏バテ予防にも、美容にも良いルイボスティー、是非お試しください。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事