人には聞きづらい…女性の鼻毛処理方法!抜きすぎもダメって本当?

人には聞きづらい…女性の鼻毛処理方法!抜きすぎもダメって本当?

女子会で恋バナや愛用中のコスメについてお互い質問することはあるものの、鼻毛の処理について聞くのはちょっぴり恥ずかしいし、安易に聞きづらいものですよね。今回は鼻毛処理のやり方や鼻毛に関する疑問点についてご紹介したいと思います!

鼻毛処理、どうしてる?抜きすぎはダメって本当?

鼻毛はただのムダ毛ではなく、以下のような重要な役割があると言われています。健康のためには完全に処理してしまうのではなく、最低限の量・長さを残した上で鼻毛を処理するよう心がけましょう。

【鼻毛の健康に欠かせない役割について】
<フィルターの役割>
私たちは呼吸をするとき、空気中に漂うホコリやウィルスなども一緒に吸い込んでいますが、鼻毛はそれらをキャッチし体内まで侵入するのを防ぐフィルターのような役割を果たしています。

<乾燥を防ぐ>
鼻毛には鼻の穴の中の温度や湿度を一定に保ち、粘膜を保護しながら乾燥を防ぐ役割があります。鼻の穴が乾燥してしまうと雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を引き起こす可能性があるそうです。

<においを嗅ぎ分ける>
鼻の粘膜に細かく生えている鼻毛の一種「嗅毛」は嗅覚神経の先端でもあり、においの微粒子が粘液に溶け嗅毛が刺激されると電気信号として脳の中枢神経に伝わり、鼻から嗅いだものがどんなにおいなのか感知してくれます。

今更聞けない!鼻毛の適切な処理方法

最近では脱毛サロンなどで鼻毛の光脱毛・ワックス脱毛などのコースも導入されているようですが、鼻の中の粘膜まで取り除いてしまう可能性があるため、健康のことを考えるとあまりおすすめできません。鼻毛は電動の鼻毛カッターやハサミを使った処理方法が最も理想的です。

【鼻毛の適切な処理方法】
<鼻毛カッター>
鼻毛カッターは毛抜きのように根元から引っこ抜く処理方法ではないため、肌への負担も最小限に抑えることができます。ただし、男性の鼻毛は女性よりも濃く太いため、男性用の電動カッターを使用してしまうと鼻の中を傷つけてしまう可能性も…。女性用の商品を選ぶようにしましょう。

<ハサミ>
ハサミで鼻毛をカットする際は手前〜中間のみ処理し、「外からは見えなくてもきちんとフィルターの役割を果たす鼻毛が残っている状態」をキープするようにしましょう。また、使用するハサミは粘膜を傷つけにくい先が尖ってないタイプのものを選ぶことをおすすめします。

いかがでしたか?鼻毛の処理についてご紹介しました。鼻は顔の中央に位置するため、鼻毛はたとえ1本出ていただけでも目立ってしまうものです。身だしなみとして是非整えておきたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事