デンタルフロスのメリットとは?正しい使い方を知って虫歯を防ごう

デンタルフロスのメリットとは?正しい使い方を知って虫歯を防ごう

歯磨き後のデンタルフロス。糸ようじとも呼ばれ、虫歯に効果を期待でき、歯科医でもすすめられています。ただし奥歯の間に入らない、ケアした後に臭いがするなどのトラブルも。そこで今回はデンタルフロスを使う頻度や順番、ワックス加工などおすすめの製品を紹介します。

歯磨きの後に糸ようじは効果的?デンタルフロスを使うメリット

歯ブラシだけで磨くより歯垢が落ちる

オーラルケアの基本は歯ブラシですが、自分でしっかりと磨いているつもりでも、意外と歯垢などが残っているのをご存知ですか?歯ブラシだけで歯を磨いた後にチェックしてみると、歯の裏側や奥歯の間などに磨き残しがあるのが分かります。特に歯と歯の狭いすき間は歯垢が残りやすく、歯ブラシだけでは落としきれません。

しかしデンタルフロスを併用することで、歯垢を落とす効果がぐんとアップします。デンタルフロスは歯ブラシの届かない場所の歯垢や汚れを取り除くために、とても有効なアイテムなのです。そのほかにも、デンタルフロスを取り入れることで歯茎のマッサージにもなり、歯茎の血行が促進され、歯の健康維持にも効果を期待できます。

虫歯や歯周病の予防にも

歯垢が残っていると、いずれ虫歯や歯周病の原因になります。そのため、デンタルフロスで歯垢をきれいに落とすことは、虫歯と歯周病を予防することにもつながります。

毎日デンタルフロスを使っているにもかかわらず、もし次の違和感がある場合、虫歯の初期段階かもしれません。

●歯と歯の間がザラザラしている
●歯の表面が凹凸しており、デンタルフロスが引っかかる
●出し入れの時、いつも同じ歯に引っかかってしまう
●デンタルフロスを使う度に切れてしまう

当てはまる点がひとつでもあれば、できるだけ早く歯科医に相談しましょう。虫歯や歯周病の早期発見にもつながります。

口臭対策としてもおすすめ

口臭も、食べ残しや歯垢による汚れが原因のひとつとして考えられます。食べ物自体の強い臭い、あるいは蓄積した食べ残しが発酵して、臭いを放っている場合があるからです。
また、歯垢も雑菌が繁殖しやすく、口臭の元となる強い臭いを放つ場合があります。デンタルフロスを使えば、歯ブラシでは取り除けない食べ残しや歯垢をしっかりと落してくれるため、口臭予防にも効果を期待できるのです。

詰め物や被せ物のチェックにも

歯の詰め物や被せ物なども、デンタルフロスを使うことで、自分で状態をチェックできます。こうした人工の被せ物は年数が経つと外れてしまったり、浮いてしまったりと次第に劣化する恐れがあります。デンタルフロスが切れる、引っかかるといった異常があれば、被せ物が外れかけているかもしれません。詰め物や被せ物に不具合が生じると虫歯、歯周病発生の原因になりやすいため、毎日確認しましょう。

ワックス?ノンワックス?デンタルフロスの種類について

デンタルフロスの種類は2つ

デンタルフロスを大きく分けると「ホルダータイプ」と「ロールタイプ」があります。

「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けられており、糸ようじとしても知られるポピュラーな製品です。
デザインはF字型とY字型があり、F字型は前歯に強く、Y字型は挿入しにくい奥歯まで届くように設計されています。手軽に使いやすく、デンタルフロスを初めて使うという方にもおすすめです。

「ロールタイプ」は別名「糸巻きタイプ」とも呼ばれ、糸の長さを自分で調整可能です。歯科医院ではこのロールタイプがよく使われています。自分で必要な長さのフロスを切り取り、指に巻き付けて使うため、初めは扱いにくいかも知れませんが、慣れれば簡単です。
歯のすき間が詰まっている場合もすんなりと通しやすく、根元の部分まできれいにケアできます。

ワックスありとワックスなしの違い

デンタルフロスを購入する際、パッケージを見るとワックスやノンワックスと表示されていますが、違いは何なのでしょうか?

ワックスとは、歯と歯の間にデンタルフロスを挿入しやすくするために、デンタルフロスの繊維に施されたコーティングのことです。デンタルフロスが切れるのを防ぐ効果も期待できます。

ノンワックスはその名の通り、繊維がワックスでコーティングされていないもののことを指します。繊維が広がり、歯の表面にフイットするため、汚れを落とす効果が高いのが大きな特徴です。

初心者はワックス加工のデンタルフロスが使いやすい

ノンワックスはしっかりと汚れを落としてくれるのですが、歯に引っかかると切れたり、ばらけたりしやすくなってしまいます。デンタルフロスの使い方のコツが分かるまでは、丈夫なワックスタイプから初めてみるのが無難でしょう。

また、歯の裏側まで被さるような大きな詰め物がある場合にも、ノンワックスタイプは引っかかってしまい、あまりおすすめできません。デンタルフロス初心者、詰め物や被せ物がたくさんあるという方はワックスタイプから試してみてはいかがでしょうか?

奥歯の間に入らない!デンタルフロスの正しい使い方で解決

デンタルフロスは正しく使わないと効果が半減してしまいます。タイプ別の基本の使い方をこの機会にマスターしましょう。

ホルダータイプの基本的な使い方

糸ようじで知られるホルダータイプはさっと使えるのが魅力です。

1.最初に歯と歯の間にデンタルフロスを当てます。
2.歯と歯の間にゆっくりと横に動かしながら入れます。
3.中まで入ったら上下に動かして隣り合った歯の表面を磨きます。
4.デンタルフロスを取り出す時も横にゆっくりと動かします。
1~4を繰り返します。


【ロールタイプの基本的な使い方】
ロールタイプを使用する場合、事前に準備が必要です。

1.フロスを40センチぐらいケースから取り出し、左右の中指に2~3回巻き付けます。指と指の間が1~2センチの長さになればOK。
2.歯と歯の間にデンタルフロスを当て、ゆっくりと横に動かしながら入れていきます。
3.歯の根元まで入れたら、歯に巻きつけるように上下に動かしながら汚れを落とします。
4.横にゆっくりと動かしながら取り出します。
1~4を繰り返します。

奥歯まできれいにケアするテクニック

奥歯は毎日歯磨きしても歯垢が溜まりやすく、自分でも気が付きにくい場所ではないでしょうか。デンタルフロスを使い始めたばかりだと奥歯の方まで届きにくく、歯と歯の間にうまく入らないため、上手に磨くコツを覚えましょう。

●大きく口を開け過ぎない

デンタルフロス初心者の場合、しっかり磨くことを意識し過ぎて、口を大きく開けてしまいがちです。ですが、口を大きく開けることで頬の中の肉が奥歯側へ寄り過ぎて、デンタルフロスを動かすスペースが狭くなってしまいます。デンタルフロスを巻きつけた指が入るくらいに口を開けば十分なので、注意しましょう。

●デンタルフロスは輪をつくって持つ

クロスタイプは両手の指に巻き付け、デンタルフロスを指で押さえながら調整して使います。奥歯を磨く場合はこの方法だと多少指が動かしづらいかもしれません。そこで1度カットしたデンタルフロスの両端を結んで輪をつくりましょう。人差し指に輪を引っ掛け、奥歯のところまでもって行いくようにすると、奥歯まで届きやすくなります。デンタルフロスの張り具合は残りの指で調整します。

●Y字ホルダータイプは奥歯に届きやすい

Y字ホルダータイプは奥歯に届きやすいよう設計されています。どうしてもデンタルフロスで上手く奥歯が磨けない場合、ぜひ試してみましょう。ただし構造上、指でフロスの太さを調整しながら歯のカーブに合わせて磨くことができないため、他のデンタルフロスと併用するなどして工夫することがポイントです。

デンタルフロスの臭い!その原因とは

デンタルフロスを使った後、臭いが気になることがあります。もしかしたらお口の中に問題を抱えているかもしれないため、チェックが大切です。

虫歯が原因?

虫歯があるとデンタルフロスが臭うことがあるようです。まだ虫歯になっていない状態でも歯垢が溜まっている部分に虫歯菌が繁殖すると、嫌な臭いを発するので要注意!虫歯菌となるミュータンス菌が歯の表面にたくさんいる可能性もあり得るため、早めに歯科医に相談しましょう。

もしかして歯周病の場合も

あまりにも臭いが気になる場合、歯周病などの歯茎の炎症が起きていることも考えられます。歯周病が原因だと、酸っぱいような強い臭いを放つため、以前と比べて強く臭う場合は歯科医に診察してもらいましょう。

歯垢がたくさん溜まっている?

虫歯や歯周病が無くても、歯垢がたくさん溜まっていることで臭いが発生しやすくなります。もともと歯垢は臭いがあるため、多少なら気にしなくてもよいですが、強い臭いを放つなら、いずれ歯石になるかもしれません。溜まった歯垢をそのままにしておくと虫歯や歯周病の原因になることから、早めのケアがおすすめです。

デンタルフロスのケアの順番や頻度は?

1日1回、夜寝る前がおすすめ

デンタルフロスの使用頻度は特に決まっていません。ですが、歯磨きで取り残した歯垢は2~3日で石灰化が始まるといわれており、徐々に取りにくくなってしまいます。できれば、1日1回はデンタルフロスでケアしましょう。

次に使用する時間帯ですが、夜寝る前が特におすすめです。就寝中は唾液の分泌が少なくなり、口の中で細菌が繁殖しやすくなってしまいます。口の中の環境を清潔に保つため、寝る前に細菌のかたまりとなる歯垢をデンタルフロスで落としてしまいましょう。

デンタルフロスを使う順番は?

デンタルフロスを使う時、正しい順番が分からないという方も多いのではないでしょうか。歯垢は歯に密着しているため、摩擦力がないと容易に落とすことができません。まずは歯ブラシで歯を磨き、デンタルフロスで磨きにくい部分の歯垢を落とせば、清潔さを保てます。
歯垢を効率よく落とす歯磨きの順番は以下の通りです。

1.歯ブラシで歯の表面、裏側の順番で磨いて歯垢を落とす。
2.デンタルフロスを使い、歯と歯の間、歯周ポケット、歯ブラシでは届かない奥歯の歯垢を落とす。

歯と歯の間にデンタルフロスを入れた時、4回程動かすのが理想的です。時間は3~5分程度かけて行いましょう。

歯間ブラシと一緒に使って大丈夫?

歯間ブラシはオーラルケア製品のひとつです。デンタルフロスと同じように歯と歯の間や、歯と歯肉の間などの歯ブラシでは届きにくい部分を磨きますが、使用目的は異なります。

デンタルフロスは歯間の歯垢を取るためのアイテムです。一方、歯間ブラシは歯茎が下がってきた、または歯と歯の間にゆとりができてしまった場合に有効で、どちらかというと歯周病予防が目的になります。
歯間ブラシが必要ない人が使った場合、歯茎を傷めてしまう恐れもあります。歯間ブラシは歯科医にすすめられた場合などに使用すると良いでしょう。

歯科医で定期的にチェックも!デンタルフロスを使うための注意点

デンタルフロスを間違って使ってしまうと効果を発揮できない場合があります。注意しなければいけないことはきちんと守って使いましょう。

歯茎を傷つけない

歯垢を取りたいからとデンタルフロスを使う時、つい力が入ってしまことがあります。あまりやり過ぎると歯茎を傷つけてしまうため、注意が必要です。傷口が化膿してしまう原因にもなることから、使用時は軽くデンタルフロスの糸を動かす程度に留めましょう。

歯科医師や歯科衛生士から指導を受ける

毎日デンタルフロスでケアしていても、正しく使えているか心配になりますよね。自己判断せずに、歯医者や歯科衛生士に定期的にチェックしてもらうことで、正しいケアが身に付きます。歯の健康を確実に維持できるので、まさに一石二鳥ですね。

気になることがあったら歯科医院に相談

デンタルフロスを使っていると稀に歯茎から出血することがあります。多くの場合、数日経てば出血しなくなりますが、2週間以上出血が見られるケースは注意が必要です。歯茎に歯周病がある可能性も考えられるため、早めに歯科医に相談を!またデンタルフロスがスムーズに抜けてしまう場合も歯のすき間が開いていることが多く、歯垢も溜まりやすくなってしまいます。この状態は虫歯にもなりやすいため、こまめに診察を受けるようにしましょう。

初心者にも使いやすい!おすすめのデンタルフロス

ひとことでデンタルフロスと言ってもさまざまな種類があり、使用感もそれぞれ違います。そこで初心者でも使いやすいと評判のデンタルフロスを3点、ピックアップしてみました。

●ジョンソン・エンド・ジョンソン リーチデンタルフロス ワックス

ロールタイプのデンタルフロスです。糸が細く、ワックス加工されているため詰まった歯間にも入りやすく設計されています。また、無香料なので香りが苦手という方も使いやすいのではないでしょうか。50センチの他に18センチの2種類が販売されています。

●ライオン歯科材 DENT.EX ウルトラフロス

Y字ホルダータイプで使いやすいと幅広い年齢層に評判です。少したるみを持たせてフロスを張っているのが大きな特徴。そのため、歯の側面にデンタルフロスが広がりやすく、歯垢をしっかり取り除くよう設計されています。しかも耐久性があり、水で洗えば繰り返し使用できるため経済的です。SとMサイズがあるので自分の歯の大きさに合わせて選べます。

●クリニカアドバンテージ スポンジフロス

清涼感のあるミントフレーバーが、心地よいロールタイプ。唾液によってデンタルフロスの繊維が3~4倍に膨らみ、歯間にしっかりと密着します。スポンジ状なので歯茎にやさしく、清掃力に優れているのも人気の理由のひとつ。デンタルフロスを初めて使うという方も挑戦しやすい製品です。

デンタルフロスを正しく使ってお口の中をきれいに

普段、歯ブラシで磨いただけの歯は予想以上に歯垢が残っています。この汚れを放ったままにしておくとトラブルが発生する原因をつくってしまうかもしれません。

ぜひ、デンタルフロスを毎日のオーラルケアに順番正しく取り入れてみませんか?正しい使い方で歯の健康と若々しさを保ちましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事