【前髪だけで印象激変】断然小顔になれる、ヘアアレンジ

【前髪だけで印象激変】断然小顔になれる、ヘアアレンジ

ベースの髪にはハサミを入れず、前髪オンリーでのお悩み解決策! たった数ミリで変わるから、髪を切る勇気のない人も必見です。アレンジ方法と小顔に見える前髪の作り方を学べば、前髪だけで、簡単に印象を変えられる!

うねりや割れをカモフラ【ふんわり3Dバング】

◆POINT◆

前髪がいろんな方向にうねったり、生えグセで割れてしまったり。そんな悩みには巻きが効く! 2回以上に分けて内巻きすることで、カールが重なってふんわり感が生まれ、うねりや割れも“スタイルのうち”な見え方に。

HOW TO ARRANGE

【1】前髪を内側と外側に分けて、32mmのコテで内巻きしたあと、さらに表面の髪をランダムにとって巻きを足す。

【2】ソフトタイプのキープスプレーを表面にサッとひと吹き。たくさんつけてしまうとペタッとするので要注意。

アホ毛をピタッと【タイトめサイド流し】

◆POINT◆

湿気が多い日にモワモワ~ッと現れるアホ毛や浮き毛は、髪がボサッと見えるだけでなく老け印象の原因にも。セット力の高いワックスをなじませながら前髪をサイドに流し、ハードスプレーで固定してすっきり見せて!

HOW TO ARRANGE

【1】セット力の高いハードワックスを指にのばし、前髪になじませながらカーブをつけて流し、毛流れをFIX。

【2】ハードスプレーを前髪全体にかけ、毛流れをさらにしっかりと固定。内側がうねりやすい人にもおすすめ。

ペタッとはりつく時に◎【女っぽかき上げ】

◆POINT◆

髪質によっては、うねりは出ないけれど、前髪がペタッと額にはりついてしまう場合も。そのままだと常に汗ばんでるようで清潔感がダウンしてしまうから、いっそ髪をかき上げておでこをすっきり出したほうが好印象に。

HOW TO ARRANGE

【1】いつもとは逆のサイドで髪をラフに分け、ドライヤーの風を根元にあてて自然な立ち上がりをクセづけ。

【2】前髪の内側にハードスプレーをかけ、立ち上がりを固定。前髪が短くて落ちやすい人は表面にもスプレーを。

すべての悩みに対応!【センター分けねじりどめ】

◆POINT◆

前髪が湿気でどうにもならない、でも直す時間もない! そんな時は、センターで分けてねじってとめるこのテクを。かわいいうえに、前髪を全部とめてしまうため、うねりからペタつき、割れ、アホ毛まで一度に解決できてお得!

HOW TO ARRANGE

【1】前髪をセンターでジグザグに分ける。きれいに分けてしまうとトップがペッタリしやすくなるので注意して。

【2】左右それぞれ、前髪をねじってピンでとめる。仕上げに分け目付近の髪を少し引き出すとバランスが向上。

表面のうねりにはコレ【シースルーバング】

◆POINT◆

特に前髪の表面にうねりが強く出る人には、内側だけ薄く残してとめるシースルーバングがおすすめ。ねじってとめることでうねりをカバーしつつ、透け感がちょっと甘めの女らしさを引き出してくれ、モテ印象も入手。

HOW TO ARRANGE

【1】前髪の内側を薄く残して取り分ける。ジグザグに、かつ丸みがつくように分けることでヌケ感が誕生。

【2】取り分けた髪をラフに左右に分け、それぞれねじってピンでとめる。とめた毛先はまわりの髪になじませて。

教えてくれたのは

金子真由美さん
人気ヘアサロンBOTTOMS所属。インスタグラム(@kanekomayumi12)で発信される、大人のヌケとおしゃれ感を兼ね備えたアレンジが好評

撮影/内藤啓介(KiKi inc.) ヘア/金子真由美(BOTTOMS) メイク/yumi (ThreePEACE) スタイリング/河野素子 モデル/Momona 取材・文/宮下弘江 構成/鏡裕子

前髪で解決!小顔効果!

小顔に見せる鉄則は、顔のシルエットを変えること。前髪の長さと空間のつくり方で、見える顔の幅をミニマムにコントロールするテクならシャープさも生まれて、脱大きめ顔!

【1】引き締めバングでボリュームオフ

BEFORE

真殿友梨子さん
顔の面積が目立って、のっぺり見えてしまっているのは、髪のフォルムにコントラストがないせい。髪全体にはボリュームをだし、逆に前髪を、タイトにして引き締め、小顔に変身。

POINT◆毛先を直線に切ってフォルムをタイトに

コームでとかしてボリュームを抑える。その後、左右の目尻までの毛先を、眉の上でまっすぐにパツンとカット。

AFTER

【2】ランダムバングの空間で輪郭補整

BEFORE

柳生みゆさん
くっきりラインがでた動きのない前髪は、髪も顔も重たく見せてしまう。ゆえに、空間をつくって軽さをだし、顔の見え方をひし形っぽくすることで、シャープでコンパクトな印象に。

POINT◆毛先を半カールして自然な動きの仕込みを

一度、ストレートアイロンで髪のクセをまっすぐにした後、髪が動きやすくなるよう、毛先を内巻きに半カール。

AFTER

美容師・ヘアメイクアップアーティスト 久保雄司さん

「#うぶバング」など、数々の流行を発信してきたスーパー美容師。4月に表参道にサロンをオープン予定。ヘアメイクのワザが凝縮された『#クボメイク』(¥1200/講談社)が発売中。@kup000

撮影:岡部太郎/SIGNO、ヘアメイク:久保雄司、スタイリスト:MAIKO、取材・文:橋本日登美、構成:鏡裕子

Q:前髪のブローや巻き方がサロンでやってもらうようになりません。

自宅でもサロンと同じような仕上がりにするテクニックを教えてください。

A:流す方向とは反対の方向に毛流れを作ってあげることがポイントです!

ドライヤーとブラシを使ってブローで仕上げる場合と、コテを使って仕上げる場合の2パターンをご紹介します。

■ブロー仕上げの場合

流したい方とは逆の目の上に前髪を持っていきブラシを毛先に巻き付けドライヤーで熱を当てます。

ブラシを流したい方向へ滑らせるように抜きます。

■コテを使って仕上げる場合

流す方向と逆の目の上で前髪を引っ張ってアイロンを巻く。

コテを流したい方向へ抜く。最後に手ぐしで整えてあげましょう。

教えてくれたのは
斎藤 実穂さん

青山表参道『AnZie』に所属 サロンワークを行いながら、ヘアメイクとしても活動している 。女性目線でつくるナチュラルでシンプルなデザインを得意としアレンジやヘアセットにもファン多数。

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事