夏の肌のかゆみ…それって汗のせいかも?かゆみを抑えるケア方法

夏の肌のかゆみ…それって汗のせいかも?かゆみを抑えるケア方法

夏は冬と比べると乾燥していないはずなのに身体や顔がかゆい…と感じたことはありませんか?気温が上昇することで身体から汗が出て体内の熱を逃しているのですが、この汗が原因で肌が荒れてかゆみを引き起こしている可能性が。汗対策でかゆみの解消を!

夏は汗で肌荒れを引き起こしやすいって本当?

汗は体内に溜まった熱を放出したり、皮脂と混ざり合って皮脂膜を作り肌を守るといった重要な役割をしてくれます。しかし、分泌された汗を拭き取らずにそのままにしていると雑菌が繁殖して肌荒れを引き起こしてしまう場合が。さらに、汗に含まれる塩分やアンモニアがバリア機能が低下した肌に刺激を与えてしまうとも言われています。

汗による肌荒れを防ぐために日頃から行うべきこととは?

まず、汗をそのままにしたおくことでどんどん雑菌が繁殖していくため、清潔なタオルやハンカチでこまめに汗を優しく抑えていきましょう。

汗をずっと放置していると雑菌が増えるだけでなく、汗が蒸発すると同時に肌に必要な水分まで奪って乾燥しやすくなるので、日頃から優しく抑える習慣をつけておくといいですね。汗でかゆみを伴う場合は、氷や冷たい水で冷やしたハンカチやタオルを押し当てるように汗を取ってあげましょう。

また、汗をかいたあとは「一刻も早く身体や顔を洗いたい!」とゴシゴシ洗っていませんか?熱いお湯や洗浄力の強い石鹸やボディソープ、硬いボディタオルなどを使って擦り洗いをすると肌が傷ついてバリア機能が低下し、少しの汗をかいただけでも肌が荒れやすくなる場合があるので気をつけてくださいね。

身体や顔を優しく丁寧に洗ったあとは、すぐに保湿ケアに取り掛かりましょう。おすすめは肌のバリア機能を高めるセラミドが含まれた化粧水やボディローション。肌がひんやりするまでじっくり浸透させて潤いを与えてあげましょう。

汗をこまめに拭き取り、保湿をして汗による肌荒れ予防を

汗をそのまま放置しておくと雑菌が繁殖する原因となり、かゆみが酷くなってしまいます。メントール入りの爽快感が魅力の汗拭きシートもいいですが、ゴシゴシ擦るように拭き取ると刺激を与えてしまうため、なるべく濡らしたタオルやハンカチを使用することをおすすめします。夏は汗による肌トラブルがぐんと増えるため、正しい汗対策を身につけてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事