紫外線を浴びたら72時間以内が勝負!シートマスクで美白ケアを

紫外線を浴びたら72時間以内が勝負!シートマスクで美白ケアを

日焼け止めを塗って紫外線対策をしていても、長時間屋外にいたり、アウトドアを楽しんだあとは肌が火照った状態になりがち。シミやくすみ、そばかすなどの肌トラブルを招かないためにも、シートマスクを使ったアフターケアをしていきましょう。

紫外線を浴びたその日のうちにシートマスクで美白ケアを

長時間陽に当たっていると、日焼け止めを塗っていても肌が火照ったり、日焼けしてヒリヒリしてしまいがち。すぐにシャワーや氷水などで肌をクールダウンさせたら、シートマスクをつけて徹底ケアすることをおすすめします。

日焼け後の肌はとてもデリケートであるため、肌触りが良く肌に優しい素材でできているもの・敏感肌でも使えるもの・美白成分と保湿成分がたっぷり含まれているものを基準にシートマスクを選びましょう。

化粧水でたっぷりうるおいを与えたあとにシートマスクを使うと効果的

シートマスクを洗顔後の肌に直接つけるよりも、化粧水で潤いを与えてからつけた方が肌が柔らかくなりシートマスクの美容成分がより届きやすくなると言われています。シートマスクには目元と口元がくっきりと空いたものがほとんどであるため、乾燥しやすい目元や口元にもしっかりと化粧水をつけておきましょう。

シートマスクの放置時間は、パッケージに表記されている目安時間をきちんと守ることが大切です。うっかり放置時間をオーバーしてしまうと、シートマスクの水分蒸発と一緒に肌の水分も蒸発して乾燥を招いてしまう場合があるので気をつけてくださいね。

シートマスクを剥がしても美容液が染み込んでいるときにはデコルテ、腕、足などに塗布するとボディケアも一度に済ますことができますよ。最後に顔全体を両手で包み込むようにハンドプレスをして、美容液を浸透させましょう。シートマスクのあとは保湿クリームや乳液をつけて完了です。

自分に合ったシートマスクに出会ったら、いざというときのために数枚常備しておいたり、旅行先などでうっかり焼けを防ぐためにもシートマスクをカバンの中に入れておくといいかもしれませんね。

紫外線を浴びたらできるだけ早くシートマスクで潤いチャージ

紫外線により肌にダメージが加わったら、日焼け後の72時間以内に念入りなお手入れをすることが大切だと言われています。ダメージを受けた肌に化粧水で潤いを与えてから、シートマスクの美容液成分を肌に補給して、シミやくすみなどの肌トラブルを防ぎましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事