誰もが羨む美肌になりたい!健やかな肌の条件と肌を育むスキンケア

誰もが羨む美肌になりたい!健やかな肌の条件と肌を育むスキンケア

肌が美しいとファンデーションに頼らずにすっぴんの肌に自信が生まれますよね。美肌はあらゆる「いい肌の状態を保つ」ことがポイントです。いい肌の状態とは一体どういうものなのかを知りつつ、健やかな肌を育んでいきましょう。

ぷるんと弾む肌、健やかな美肌の条件とは?

美しい肌は、角層が潤いで満たされていること・コラーゲンやエラスチンなどが張り巡らされて肌の弾力があること・肌の生まれ変わりがスムーズに行われていること・血流が良いこと…などが挙げられます。

肌の角層がしっかりと潤っていると、みずみずしくしっとりした肌を保つことができ、ハリや弾力でピンとした肌だと若々しい肌に見えますよ。また、ターンオーバーが整っていることで不要な角質やメラニン色素が取り除かれて透明感のある肌になり、血液の巡りがいいと肌に必要な栄養や酸素を隅々まで運ぶことができると言われています。

毎日のスキンケアで美肌の条件をクリアしよう

まず、クレンジングと洗顔でメイク汚れや古い角などを取り除いていきます。週に2回程度はメイクの上からホットタオルを当てて毛穴を開かせておくと毛穴の奥の汚れまで取り除きやすくなりますよ。

不要なものをきちんと取り除いたら、化粧水で潤いを与えて肌を育むケアに取り掛かります。一度にバシャバシャつけるのではなく、手のひらで顔全体を包み込むように化粧水を浸透させていくことがポイント。肌がひんやりとしてベタつきがなくなったら、なりたい肌に合った美容液を塗って、クリームや乳液を薄く伸ばしましょう。

また、日中紫外線を浴びるとターンオーバーの乱れやシミ・くすみなどにつながってしまうため、自分の肌にぴったりの日焼け止めを使って肌を守ってくださいね。

健やかな美肌をつくるには、スキンケアで外側からお手入れをするだけでなく、身体の中からもケアすることが大切です。動物性脂肪が多い食材や、菓子パン、ジャンクフードなどは控えつつ、ビタミンが豊富な野菜中心の食生活をしていくと皮脂の過剰分泌を抑えることができて毛穴トラブルの予防にもつながります。

身体を冷やさないように、毎晩ゆっくりと湯船に浸かったり、リンパマッサージをして血液循環を良くしてあげることも重要!ホルモンバランスや自律神経を整えるためにも、ストレスを溜めない生活やたっぷりの睡眠を取っていきましょう。

特別なケアは不要!日々の積み重ねで美肌をキープ

美しい肌の条件をクリアするためには、日々のスキンケアやインナーケアをコツコツと積み重ねていくことが近道です。肌の外側からのケアと内側からのケアをして、誰もが羨む美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事