アロマは女性の救世主?! 植物療法士に聞く、女性の不調に効く理由

アロマは女性の救世主?! 植物療法士に聞く、女性の不調に効く理由

アロマテラピーは女性に人気ですが、香りを嗅ぐだけで本当に体に効くの?という声も…。そこで植物療法士である森田敦子さんに、アロマが女性の体の不調に効く仕組みやアロマの効果が高まる上手な選び方、使う際の注意点についてお伺いします!
女性の味方!アロマで不調を改善! 森田敦子さん

体の不調とアロマとの関係

女性に人気のアロマですが、体の不調を改善するといった深い効果についてまではあまり詳しく知られていません。

フランス国立パリ第13大学で学ばれた植物療法士で、ルボア フィトテラピースクール代表の森田敦子さんにアロマが体に効く仕組みなどについて教えていただきます!

森田さん、アロマを嗅ぐということは、体にどういった効果をもたらすのでしょうか?

「香りを嗅ぐと成分は鼻の中にある嗅上皮から嗅球を通って大脳辺縁系に到達し、視床下部から自律神経、内分泌、免疫系に作用します。

このような体の仕組みを利用して、脳が快いと感じる香りで気分や心の持ちようをコントロールし、心身の『ホメオスタシス(恒常性維持機能)』を整える効果がアロマにはあるのです」(森田さん)

そんなアロマを手軽に取り入れる方法は?

「アロマポットやディフューザーを使った芳香浴、お湯やティッシュに精油をたらす、スプレーをつくって空間にまく、精油を混ぜたクリームやオイルを塗りながら香りを嗅ぐなどがあります。

肌荒れや消化不良、冷え性の改善など、肌や内臓系に対する症状の予防・緩和となるとハーブティやタンチュメール(ハーブの浸出液)を飲む経口摂取、精油と植物オイルなどを混ぜて塗る経皮吸収のほうが高い効果を発揮します。上手に使い分けていくと良いでしょう」(森田さん)

アロマといっても、いろいろな取り入れ方があるのですね!

婦人科系トラブルと期待できるアロマの効果

私たち女性を苦しめる婦人科系の不調や女性の体に多いトラブル。アロマで和らげることはできるのですか?

「アロマがもたらす効果で最も代表的なのは、気分のリフレッシュやリラックスではないでしょうか。頭痛や気分の落ち込みを緩和したいとき、逆に気分を高めたいときなどは精油を嗅ぐアロマテラピーが効果的です」(森田さん)

生理前でイライラする、眠りたいのに心が落ち着かない。そんなときにおすすめのアロマはありますか?

「生理前でイライラするときは『クラリセージ』や『ゼラニウム』。眠れないときは『ラベンダー』。このように、症状に合った精油をいくつか知っておくととても役立ちます」(森田さん)

自分の症状にあったアロマを見つけたいです!

「症状別とまではいかなくても、自分が好きな香りを見つけてディフューザーで香りを焚いたり、アロマスプレーにして空間にまけば気分も上がるはず。家事育児や仕事でやる気を出したいときはこの香り、一人でリラックスするときはこの香り、というように自分のお守りになる香りを見つけられたらきっと味方になることでしょう」(森田さん)

もっと詳しく知りたい方は、森田さんの著書『自然ぐすり』(ワニブックス)や『自然のお守り薬』(永岡書店)がおすすめです。

アロマを選ぶときの注意点

はじめてアロマに挑戦する際の注意点を教えてください!

「さまざまな年代の方、症状に使うことができるアロマですが、購入時には注意点もあります。たとえば次の通りです」(森田さん)

* 精油は光や熱によって変質しやすいため販売しているお店できちんと保管・管理されていることが大切。できれば、きちんとした環境で精油の管理がされている精油専門店で購入するのが安心です。

* 『アロマオイル』と書かれているものの中には、合成香料で作られた香りのものがあります。体調改善などの目的で使用する場合は、『精油』あるいは『エッセンシャルオイル』と明記された天然成分100%のものを選んで。

アロマを使うときの注意点

実際にアロマを使う際に注意すべき点についても教えてください!

「植物の成分は『飲む・塗る』ことによって体に取り入れるほうが効果が強い場合が多いため、アロマとして香ることで強い刺激や体調の悪化などの反応がでる可能性は低いです。ただ以下のような注意点があります」(森田さん)

* 人間よりも嗅覚が優れている犬などのペットや小さいお子さんは気分が悪くなることもあるので注意してあげましょう。

* アロマを楽しむときは、買ってきた精油のふたを開けてそのまま鼻を近づけて嗅ぐのではなく、アロマディフューザーやアロマスプレーなどで香りを空間に分散させて香りを嗅ぐようにしてください。
そのまま嗅いでしまうと香りが強く感じられますが、空間にまいて使用することで心地よくアロマを楽しみながら効果を得ることができます。

アロマは私たち女性の辛い不調を和らげてくれる、心強いお助けアイテム。あなたも、自分にピッタリの香りを探してみませんか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
森田 敦子さん
ルボア フィトテラピースクール代表 植物療法士

関連記事