【裏ワザ】皮脂によるテカリを防ぐベースメイクテクニック

【裏ワザ】皮脂によるテカリを防ぐベースメイクテクニック

暑い夏は汗や皮脂によりファンデーションがテカってヨレてしまうのが悩み。せっかく完璧にベースメイクをしたのに、外に出た途端ドロドロに…なんてことにならないためにも、今日から取り入れられる簡単マル秘テクニックをご紹介していきます!

夏のお悩みといったらベースメイクの皮脂崩れ…

汗や皮脂で崩れやすいベースメイク…。早起きして念入りにスキンケアをしてからファンデーションを丁寧に塗ったのに、すぐに崩れてしまって悩んでいる方も少なくないはず。そんな方はベースメイクを崩れにくくする裏ワザを試してみませんか?

化粧水・乳液はコットンで!ベースメイクの手順と付け方のポイント

崩れにくいベースメイクにするためにはスキンケアが欠かせません。しかし、手のひらでたっぷり化粧水と乳液をつけて、完全に馴染まないうちにベースメイクに取り掛かるとヨレの原因になってしまいます。そこで、化粧水と乳液はコットンでつけることをおすすめします。 特に乳液はコットンでつけると、手のひらよりも肌馴染みが良くなりますよ。

この暑い季節はスキンケアの最中でも汗や皮脂が出て毛穴が開きがちです。スキンケアを終えても毛穴が開いたままだとファンデーションが毛穴落ちしやすくなるため、スキンケアの仕上げとして冷蔵庫で冷やした収れん化粧水をコットンにつけたり、タオルに包んだ保冷剤で毛穴をキュッと引き締めてあげましょう。

また、化粧下地は保湿力が高いものよりも、皮脂を味方につけてテカリや毛穴を目立たなくさせる「部分用下地」がおすすめです。テカリやすいTゾーンを中心に指の腹でとんとん叩き込むように馴染ませてからファンデーションを重ねてみてくださいね。

絶対崩したくない!というときには、化粧下地を塗ったあとにファンデーションを重ねるのではなく、化粧下地とファンデーションの間にフェイスパウダーや白粉を薄くつけておくのも効果的です。フェイスパウダーや白粉が余分な皮脂を吸着してくれるため、肌がサラサラになってテカリ予防になりますよ。

厚塗りベースメイクは厳禁!コツを抑えて崩れない陶器肌に

皮脂によるテカリの悩みがある方は、リキッドファンデーションよりもサラッとしたパウダーファンデーションを愛用している方が多いのではないでしょうか。パウダーの場合、滑らせてつけるのではなく、テカリやすい部分をスポンジでぐっと押さえるように乗せていくと密着して崩れにくくなると言われています。厚塗りをするとかえって崩れやすくなるので、下地で肌悩みをカバーしてできるだけ薄くファンデーションをつけてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事